JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
shihoushoshikunに今すぐ質問する
shihoushoshikun
shihoushoshikun, 司法書士
カテゴリ: 法律
満足したユーザー: 2287
経験:  東京司法書士会所属
67942392
ここに 法律 に関する質問を入力してください。
shihoushoshikunがオンラインで質問受付中

18歳の娘ですが、妊娠し結婚することになっていたのですが、相手の親が挨拶にきた時にまだ早いだの、生活ができるわけがな

解決済みの質問:

18歳の娘ですが、妊娠し結婚することになっていたのですが、相手の親が挨拶にきた時にまだ早いだの、生活ができるわけがないとか言い出し相手の男性もその場で考えが甘すぎたなど言い出し結局、結婚の話はなくなりました。娘は、その時妊娠15週だったので中期中絶をよぎなくされました。相手の親も挨拶に来るまでは電話などで、 結婚式は私には娘がいないからお母さんと相談してそちらで決めてね。などと娘に言ったり、アパートの仮契約までしていました。そして、中絶の時は、相手は、違う県の人なのですが40から50位費用がかかると連絡しましたら、そちらは高いからこちらに来てしてくれと言ってきました。今は、退院もして来たと連絡をしたのですが相手からはいっさい連絡ありません。これって慰謝料請求できますか。
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 法律
専門家:  shihoushoshikun 返答済み 5 年 前.
司法書士です。よろしくお願いします。

今回のケースでは質問者様の娘さんと、相手の男性との間に結婚しようという意思表示がされており、第三者である両者の親も知っていたと いうことなので、不当な婚約破棄にあたります。

二人が婚約が婚約していたかどうかは、結納や婚約指輪といった形式上の物は必要ありません。
つまり、結納等の儀式自体は婚約成立の要件ではありませんが、当事者間での結婚の合意にプラスして、その合意が誠心誠意交わされたものとして、単なる男女交際と周囲の人間が思わない程度の公然性がある場合に、婚約成立が認められると考えられます。
娘さんと、相手の男性の場合は第三者に結婚しようという意思を表示があり、二人でアパートを仮契約するなど婚約していることが外部に明らかとなっており、婚約が成立していてると考えられます。

したがって、不当な婚約破棄を理由に慰謝料を請求できるケースであると考えられます。
だいたいの相場は100万円くらいですが、相手が争ってきた場合を考えて、弁護士や司法書士などの専門家に依頼することをお勧めいたします。

なお、中絶費用については原則として折半となります。二人が合意の上で性関係をもったのであり、妊娠したことは二人の責任となり、中絶することも二人で決めたことになるからです。
もし、全額負担しているなら半分を慰謝料とともに請求しましょう。

不明な点があれば補足しますので、評価の前に返信してください。
回答が参考になりましたら、評価をお願いいたします。
質問者: 返答済み 5 年 前.


弁護士や司法書士に頼むといくら位かかりますか。

専門家:  shihoushoshikun 返答済み 5 年 前.
返信遅れて申し訳ありません。

弁護士に依頼するなら、着手金と成功報酬がかかります。
着手金が10万円から20万円、成功報酬が得られた慰謝料の10パーセントくらいの弁護士が多いです。

司法書士は弁護士ほど高額の報酬はとらない事務所がほとんどです。ですから、司法書士に依頼するなら上記の金額よりは抑えられると思われます。
また、司法書士によっては代理人として活動できない者もいますので、依頼の際は代理人になれるのか、または書類作成だけしかできないのかを、きちんと確認するようにしましょう。

不明な点があれば補足しますので、返信してください。
回答が参考になりましたら、評価をお願いいたします。
質問者: 返答済み 5 年 前.

何度も申し訳ありませんが、弁護士と司法書士の違いはなんですか。報酬が違うって事は弁護士のほうが強いってことでしょうか。

専門家:  shihoushoshikun 返答済み 5 年 前.
弁護士は訴訟の専門家です。質問者様の代理人となって、全ての手続きを代わりに行ってくれます。

また、司法書士の中にも弁護士と同じように、質問者様の代理人になって手続きをできる者もいますが、代理人となることはできず、裁判所に提出する書類のみの作成しかできない者もいます。書類作成のみしかできな い司法書士に依頼した場合は質問者様が裁判所に出向いて手続きをしなければなりません。

書類作成のみの依頼の場合はもちろん報酬は安くなります。

また、代理人となれる司法書士と弁護士で、どちらが強いといったことはありませんが、弁護士は一般的に司法書士に比べて報酬が高い傾向があります。
ですから、100万円くらいの慰謝料訴訟であれば、代理人となれる司法書士に依頼したほうが費用が安く抑えられるかと存じます。


不明な点があれば補足しますので、返信してください。
回答が参考になりましたら、評価をお願いいたします。
専門家:  shihoushoshikun 返答済み 5 年 前.
回答をご覧いただけたようですが、不明な点がありましたか?
回答閲覧後は「下記署名欄の対応」をしていただきますようお願いします。
なお、ジャストアンサーは無料相談サイトではありません。
回答閲覧後に評価しなくてもサイトに対しては料金が発生しますので、ご理解ください。
shihoushoshikunをはじめその他名の法律カテゴリの専門家が質問受付中

法律 についての関連する質問