JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
gyoenlegalに今すぐ質問する
gyoenlegal
gyoenlegal, 司法書士
カテゴリ: 法律
満足したユーザー: 485
経験:  中央大学法学部卒業渉外法律事務所・司法書士事務所を経て新宿にて司法書士事務所を開業
70015703
ここに 法律 に関する質問を入力してください。
gyoenlegalがオンラインで質問受付中

6~7年前に今の上司(A)の悪口メールを前の上司(B)に送りました。そのメールをAが当時から入手し持っていました。今

質問者の質問

6~7年前に今の上司(A)の悪口メールを前の上司(B)に送りました。そのメールをAが当時から入手し持っていました。今になって仕事の取引先や周りの社員に「あいつはこういう事をする奴だから口を利かない方がいい」とメールのコピーを渡して言いふらしています。これはパワーハラスメントや名誉毀損に当たりますか?


なぜこうなったかと言うと、最近上司Aからある団体への寄付をするよう言われ従いました。周りの同僚たちもおなじです。そして優位に立っている取引業者にも呼びかけ、1社だけが応じませんでした。その腹いせに取引のほとんどを他社に変更し、それを私が影で批判した事の報復のようです。まだ確信はありませんがほぼ間違いありません。

投稿: 4 年 前.
カテゴリ: 法律
専門家:  gyoenlegal 返答済み 4 年 前.

当方は司法書士です。
お力になれましたら幸いです。

「これはパワーハラスメントや名誉毀損に当たりますか?」のご質問について回答させていただきます。
→結論から先に申し上げるとパワーハラスメント(パワハラ)や名誉毀損のどちらにも該当すると思われます。

パワハラの直接の判断基準ではありませんが、裁判での従来からある職場での嫌がらせについて判断基準として
①当該業務命令等が、業務上の必要性に基づいていないもの、
②外形上業務上の必要性があるように見える場合でも、当該命令等が不当労働行為目的や退職強要目的など社会的に見て不当な動機・目的に基づきなされていること、
③労働者に対して通常甘受すべき程度を著しく超える不利益を与えること
があげられます。

また、民事では公然と不特定多数の人間に、ご質問者様の名誉(名誉権)を侵害する行為が認められれば、名誉棄損ということができます。
「仕事の取引先 や周りの社員に「あいつはこういう事をする奴だから口を利かない方がいい」メールのコピーを渡して言いふらしています。」とのことですので、このような業務に関連するとは言い難く、ご質問者様の業務の遂行を困難にさせ、名誉を貶めるような行為はパワハラ及び名誉棄損ということができます。

もし、ご質問者様が止めてと言っても止めず、さらにエスカレートするようなことがあれば、会社に相談すべきですし、最悪、一度弁護士からこれ以上続けるような事があれば訴えますよと言う旨の通知をして貰うというのも手です(内容証明郵便くらいでしたら報酬は5万円ほどです。)

本当はここまでいって欲しくないですが、もし裁判を起こすというところまでいった場合に備えて、今から証拠は押さえてください。
例えば、メールのコピーの入手、同僚から証言してもらう約束、上司との会話の録音、言いふらす行為で体調が悪くなった事を裏付ける証拠(診断書等)、今日はこんな名誉を毀損する行為があったなどを日記に付ける、
などしておかれてください。

わからない点がございましたら、返信機能を使ってご返信いただければと思います。

gyoenlegalをはじめその他名の法律カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 4 年 前.


丁寧で分かりやすく回答していただき大変ありがとうございました。


 


 ただ上司Aに行為を止めるように言うことは精神的に困難です。これまで何年も絶対服従を強いられてきましたので・・・他の社員も同じです。誰も一言も言えません。「白を黒」と言わされてきました。


 


上司との会話の録音は隠しどりでも問題ありませんか?

専門家:  gyoenlegal 返答済み 4 年 前.
>上司との会話の録音は隠しどりでも問題ありませんか?
→民事訴訟で証拠として使うための収集では特に問題になりません。むしろ隠し撮りじゃないとできないと思いますので、ばれないように行ってください。

>「ただ上司Aに行為を止めるよう に言うことは精神的に困難です。これまで何年も絶対服従を強いられてきましたので・・・他の社員も同じです。誰も一言も言えません。「白を黒」と言わされてきました。」
→面と向かってでは難しい場合は、この上司よりもさらに上席の方に相談されることをお勧めします。
会社は社員が働きやすいよう職場環境に配慮する義務(職場環境配慮義務)があり、これを放置したり、適切に対処していなければなりません。
そのため、逆にそれを放置したりパワハラを助長させること会社として行っている場合は、損害賠償等が可能になります。
それも難しいようであれば、監督している労働基準監督署に相談し、会社に対して指導を行うよう要請されるのも手ではあります。

法律 についての関連する質問