JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
jo-banに今すぐ質問する
jo-ban
jo-ban, 弁護士
カテゴリ: 法律
満足したユーザー: 2613
経験:  慶應義塾大学卒業。茨城県において法律事務所経営。
67881597
ここに 法律 に関する質問を入力してください。
jo-banがオンラインで質問受付中

内縁状態から一方的破綻に関わる慰謝料の請求について

解決済みの質問:

内縁状態から一方的破綻に関わる慰謝料の請求について
投稿: 4 年 前.
カテゴリ: 法律
専門家:  jo-ban 返答済み 4 年 前.
弁護士です。

ご質問中の表現について確認させてください。

妻と書いてある人物と、相手というのは同一人物ということでよろしいでしょうか。
質問者: 返答済み 4 年 前.
相手側→妻の両親です あと一件間違いがあります。
結婚式の日ですが2011年3月14日です。一年書き間違いました
専門家:  jo-ban 返答済み 4 年 前.
わかりました。

1 慰謝料の請求について

慰謝料とは、精神的な苦痛を賠償するものであって生活費等とは無関係です。

慰謝料を請求するには、
内縁の妻に悪い点があって関係が破綻したことが必要です。
やや破綻の原因が見えにくいのですが、
・なぜ助けを求めるメールをしたのか
・そのメールが、内縁の妻の悪い点といえないか
などが問題となるでしょう。
ともかく、内縁の妻の悪い点が原因で破綻したのであれば、慰謝料の請求は可能です。
そうでなければ請求はできません。

生活費の請求は困難です。
たしかに分担義務があるのは、そのとおりで間違いありません。
しかし、夫婦の中には、一方のみが生活費を負担しているものも珍しくなく、
そこでは黙示的に生活費を一方のみが負担するという合意がなされているといえるからです。
質問者様のご関係でもそのような合意があったかどうかが問題です。
例えば質問者様のみに収入があったとか、そういう事情があると難しいです。

2 親への請求について

お二人の関係に過干渉し、別れる原因を作ったと言えれば慰謝料の請求が可能です。

「親から別れなさいとの説得があったものと思われます」
とありますが、その説得の内容次第です。
ありもしないことを理由に別れることをすすめていた場合には、
慰謝料を請求できることになります。
質問者: 返答済み 4 年 前.
婚約指輪等の費用、無駄になった引越し代も無理ですか?
その回答がいただけたら評価致します
専門家:  jo-ban 返答済み 4 年 前.
婚約指輪のお返しはいただいていますか?

引っ越しについては、そこに住んで結婚生活を送るつもりだったということでよろしいですね?
質問者: 返答済み 4 年 前.
最初質問に書いたとおり、6万程度のコートをいただいています。
引越しについてはその通りで年内を目処に入籍しようとまで話していました。
ちなみに一人では、部屋の広さも家賃も無理なので
再度の引越しが必要になります
専門家:  jo-ban 返答済み 4 年 前.
そうすると、指輪代の請求はできません。
価格が違うとはいえ、お返しをいただいており、それで釣り合いがとれています。

引っ越し代は半額程度請求してもいいと思います。
結婚準備ですから、それを相応に負担することは当然です。

請求できるかという質問へのお答えは、
「裁判で請求が認められるか」という点での回答です。
裁判にすることなく請求すること自体は自由であり、
相手が請求に任意に応じさえすれば問題ありません。
jo-banをはじめその他名の法律カテゴリの専門家が質問受付中

法律 についての関連する質問