JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
houmuに今すぐ質問する
houmu
houmu, 行政書士
カテゴリ: 法律
満足したユーザー: 975
経験:  行政書士 知的財産修士 2級FP技能士
62663831
ここに 法律 に関する質問を入力してください。
houmuがオンラインで質問受付中

三日前に眼瞼下垂の治療にて、眼瞼の筋肉を糸で留める手術をしました。126万円でした。 筋肉のつり感があり、眼から額

解決済みの質問:

三日前に眼瞼下垂の治療にて、眼瞼の筋肉を糸で留める手術をしました。126万円でした。
筋肉のつり感があり、眼から額に疲労感があるためか頭痛が続き、不眠傾向です。
糸を外してしまいたいのですが、クーリングオフ制度でできないでしょうか?
術後の異議申し立ては一切しない誓約書はサインしていますが、異議ではなくクーリングオフということでは
どうでしょうか?
また、頭痛による就業への影響ということで、争える可能性もあったら、教えてください。
投稿: 4 年 前.
カテゴリ: 法律
専門家:  houmu 返答済み 4 年 前.

クーリングオフというのは、訪問販売や電話勧誘販売マルチ商法など、
特に法律に定められた場合に限り認められる制度です。

健康器具や美容器具を訪問販売で購入した、という場合であれば、クーリングオフ
制度の対象になりますが、ご質問のような医療行為(美容整形含む)については、
クーリングオフ制度の対象にはなりません。

筋肉違和感や頭痛について、医療ミスがあったということであれば、減額交渉の材料に
なります。ただ、まだ手術3日目ということを考えれば標準的に発生する範囲のようにも
思えますし、標準的な程度を超えていたとしても、それがご質問者様の体質に起因する
ものであれば医療ミスとはいえないということになります。

ある程度の日数が経過しても前述のような症状が続くということであれば、クリニック

と交渉をすることで(ミスの可能性がある場合や、あるいはミスの可能性は低くても

顧客サービスの一環、あるいは悪評を避けるなどの総合判断により、)減額交渉が

受け入れられる可能性はあるでしょう。

houmuをはじめその他名の法律カテゴリの専門家が質問受付中

法律 についての関連する質問