JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
shihoushoshikunに今すぐ質問する
shihoushoshikun
shihoushoshikun, 司法書士
カテゴリ: 法律
満足したユーザー: 2287
経験:  東京司法書士会所属
67942392
ここに 法律 に関する質問を入力してください。
shihoushoshikunがオンラインで質問受付中

10月16日に主人の父が亡くなり、その5日後21日に主人が亡くなりました。父には遺言があり、すべての財産を3男である

解決済みの質問:

10月16日に主人の父が亡くなり、その5日後21日に主人が亡くなりました。父には遺言があり、すべての財産を3男である主人に残すというものでした。兄2人には、すでに生前贈与済みだそうです。私には3人の子がいます。わたしは、父の遺産を3人の子とともにうけとってもいいのでしょうか。ちなみに、ちちの預金通帳は二男の兄が今預かっています。
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 法律
専門家:  shihoushoshikun 返答済み 5 年 前.
司法書士です。よろしくお願いします。


結論から申し上げますと、受け取ってもいいです。

まず、ご主人の父親が亡くなった時点で、遺言書の通りにご主人に全ての財産が相続されます。

その5日後にご主人が亡くなったということなので、ご主人が相続した財産をそのまま配偶者である質問者様と三人のお子さんに相続されることになり ます。
持分は質問者様が2分の1、お子さんが6分の1ずつの割合いで相続することになります。
ご主人の父親とご主人の亡くなった日に5日の期間があるために、質問者様にも相続の権利が生じることになります。

是非、正当な権利を主張なさってください。

不明な点があれば補足しますので、評価の前に返信してください。
回答が参考になりましたら、評価をお願いいたします。
shihoushoshikunをはじめその他名の法律カテゴリの専門家が質問受付中

法律 についての関連する質問