JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
shihoushoshikunに今すぐ質問する
shihoushoshikun
shihoushoshikun, 司法書士
カテゴリ: 法律
満足したユーザー: 2272
経験:  東京司法書士会所属
67942392
ここに 法律 に関する質問を入力してください。
shihoushoshikunがオンラインで質問受付中

私は保険料3割負担ですが、病院の確認ミスで1割負担として扱われました。差額分の支払い義務は生じますか。

解決済みの質問:

私は保険料3割負担ですが、病院の確認ミスで1割負担として扱われました。差額分の支払い義務は生じますか。
投稿: 4 年 前.
カテゴリ: 法律
専門家:  shihoushoshikun 返答済み 4 年 前.
司法書士です。よろしくお願いします。


結論から申し上げますと、医療費の請求を拒むことは難しいと言えるでしょう。

たとえ、病院の過失で質問者様の支払う金額が少なかったとしても、本来支払う医療費は診療報酬により決定しており、質問者様の自己負担額が3割であることも変えようのない事実だからです。

残念ながら、支払いを拒むことのできる法律的な根拠がありません。

また、健康保険法は、患者の一部負担金について、「保険医療機関又は保険薬局から療養の給付を受ける者は、その給付を受ける際、(所定の負担割合で)一部負担金として、当該保険医療機関又は保険薬局に支払わなければならない。」(健康保険法74条1項)と規定しています。

この規定から、患者が療養の給付を受けた場合は、法律上、一部負担金の支払義務を負うことになります。とすると、仮に計算ミスがあったとしても、給付を受けている限り、支払義務はあると言えます。

計算ミスしたことは、腹立たしいことと思われるかもしれませんが、請求分はきちんと支払ったほうが無難と言えるでしょう。
shihoushoshikunをはじめその他名の法律カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 4 年 前.


ご回答有り難うございます。評価後に質問あるかもしれませんが、その節は宜しくお願いいたします。

法律 についての関連する質問