JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
shihoushoshikunに今すぐ質問する
shihoushoshikun
shihoushoshikun, 司法書士
カテゴリ: 法律
満足したユーザー: 2225
経験:  東京司法書士会所属
67942392
ここに 法律 に関する質問を入力してください。
shihoushoshikunがオンラインで質問受付中

相続放棄についてのご相談です。 15年前に離婚した元夫が今年8月に亡くなりました。 死亡後に借金がある事を知った

解決済みの質問:

相続放棄についてのご相談です。
15年前に離婚した元夫が今年8月に亡くなりました。
死亡後に借金がある事を知った現在の奥さんはすでに相続放棄したと、私に連絡がありました。
私が親権を持つ元夫の子供(現在19歳)にその借金の支払い請求があると言われました。
そこで、子供の相続放棄の手続きをとりたいのですが、全くどうしたら良いのか・・・困っています。どうか、速い手続きの方法をご指導頂ければ助かります。
宜しくお願い致します。
投稿: 4 年 前.
カテゴリ: 法律
専門家:  shihoushoshikun 返答済み 4 年 前.
司法書士です。よろしくお願いします。


回答のために確認させてください。
質問者様が、もと夫に借金があることを知ったのはいつ頃でしょうか?
質問者: 返答済み 4 年 前.


先日12月5日です。

専門家:  shihoushoshikun 返答済み 4 年 前.
返信ありがとうございます。


相続放棄は被相続人(亡くなられた方)の最後の住所地を管轄する家庭 裁判所に申し立てます。

以下に必要書類を記します。

◎相続放棄申述書(家庭裁判所にあります)

◎申述人(相続人である息子さん)の戸籍謄本

◎被相続人の戸籍謄本等(除籍簿)

◎被相続人の住民票の除票

◎収入印紙(1人800円)

◎返信用の郵便切手(各地の家庭裁判所により異なりますので、ご確認ください)

◎申述人(相続人)の認印


相続放棄申述書を家庭裁判所に提出後、1週間ほどで家庭裁判所から「相続放棄の申述についての照会書」が郵送されてきます。


この照会書にいくつか質問事項がありますので、それに回答し、家庭裁判所に返送し、問題なければ、相続放棄申述受理通知書が家庭裁判所から郵送され、これによって相続放棄が認められたことになるのです。


ただし、質問者様の息子さんの場合、少し事情が複雑です。通常は相続放棄する期限が定められていて、被相続人が亡くなってから3ヶ月以内に相続放棄しなければなりません。
ですから、本来であれば、8月に亡くなられた元夫の相続放棄の期限は過ぎてしまっています。
しかし、3ヶ月が過ぎても、被相続人に借金があることを知らなかったのであれば、期限が過ぎていても相続放棄が認められることになります。
ただし、そのためには家庭裁判所に提出する書類が増えることになり、その書類を作成するには専門家に依頼したほうが無難と言えます。内容に不備があると受理してもらえない恐れがあるからです。

書類作成だけであれば、司法書士に依頼すれば作成してもらえるので、あとの書類をご自分で揃えれば費用は安く抑えられるでしょう。

不明な点があれば補足しますので、返信してください。
回答が参考になりましたら、評価をお願いいたします。
質問者: 返答済み 4 年 前.

丁寧なご回答ありがとうございました。


 


3ヶ月過ぎても請求が無いという事は、放っておいても大丈夫でしょうか?


しかし、もし、サラ金でしたら通用するのでしょうか?


 


すみません。質問攻めで・・・

専門家:  shihoushoshikun 返答済み 4 年 前.

大丈夫です。不安がなくなるまで質問してください。

 

>3ヶ月過ぎても請求が無いという事は、放っておいても大丈夫でしょうか?

→もし、確実に元夫に借金があることが分かっているなら、放っておかない方がいいです。

 

貸金業者は相続放棄の期限が切れてから、相続人に請求してくることがほとんどです。

「もう相続放棄しても無駄だから払え」というふうに主張してきます。

しかし実際は質問者様のお子さんのケースでは、「借金があることを知ってから3カ月」は相続放棄することができます。

 

したがって、いつ貸金業者が請求してきても対抗できるように、相続放棄をしておかなければなりません。

相続放棄さえしておけば、どんな債権者に対しても、お金を支払う必要がないことを主張できます。

 

ただ、先ほども回答しましたが、質問者様のお子さんの場合は手続きに必要な書面が少し複雑ですので、確実に受理してもらうために司法書士等の専門家に依頼するようにお勧めします。

 

不明な点があれば補足しますので返信してください。

回答が参考になりましたら、評価をお願いいたします。

shihoushoshikunをはじめその他名の法律カテゴリの専門家が質問受付中

法律 についての関連する質問