JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
remember2012に今すぐ質問する
remember2012
remember2012, 社会保険労務士
カテゴリ: 法律
満足したユーザー: 975
経験:  社会保険労務士事務所経営
64449363
ここに 法律 に関する質問を入力してください。
remember2012がオンラインで質問受付中

①残業代について ・月2時間就業時間外に約3時間のミーティングがありますが、残業代は支払われていません。  これ

解決済みの質問:

①残業代について
・月2時間就業時間外に約3時間のミーティングがありますが、残業代は支払われてい ません。
 これは違法でしょうか?
②有給休暇について
・休んだ場合、休日出勤するように上司から言われました。
 この場合、休出手当のようなものは会社として支払義務はありますか?
・有給休暇はある一定の売り上げ達成がないかぎり、使用するなと言われました。
 これは違法ではないですか?
・有給休暇を使用した場合、賞与から天引きすると言われました。
 不払いにしない為の対策かと思いますが、給与からの天引きでない限り、違法にはならないのでしょうか?
投稿: 4 年 前.
カテゴリ: 法律
専門家:  remember2012 返答済み 4 年 前.

ご相談ありがとうございます。

早速、回答させていただきます。

①残業代について

労働基準法上に労働時間の明確な定義は定められていませんが、過去の判例により、「労働基準法第32条の労働時間とは、労働者が使用者の指揮命令下に置かれている時間をいい、労働時間に該当するか否かは、労働者の行為が使用者の指揮命令下に置かれたものと評価することができるか否かにより客観的に定まるものであって、労働契約、就業規則、労働協約等の定めのいかんにより決定されるべきものではないと解するのが相当である」(三菱重工業長崎造船所事件平12,3.9)とされています。

つまり、就業時間外の約3時間のミーティングに強制的に参加させられる、もしくは強制ではないが、参加しないことにより不利益な取り扱いを受けるのであれば黙示の命令とみなされ、ミーティングの時間は労働時間に該当する考えられます。

労働時間と判断されれば当然に残業代の支払い義務が発生しますので、残業代の不払いは労働基準法第37条違反となります。

②有給休暇について

>・休んだ場合、休日出勤するように上司から・・・

これは貴方の会社の就業規則にどのような定めがしてあるかによります。

休日出勤を業務命令として行う旨の定めがしてあれば、貴方はそれに従うことになります。

一方、休出手当についてですが、本来の労働日を休んだ分の給料を引かれているにも関わらず、休日出勤をした分の給料が支払われていない場合は、賃金の不払いとして労働基準法第24条違反となります。

ちなみに労働基準法で定められた法定休日とは、「毎週少なくとも1日または4週間に4日の休日」のことを言います。

会社はこの日数分の休日を与えているのであれば、その他の休日に出勤させても通常の賃金を支払えばよく、休日割増手当を支払う必要はありません。

(何故か労働基準法上の休日に関する定めは緩いのです)

>・有給休暇はある一定の売り上げ・・・

違法です。

有給休暇に関しては労働基準法第39条に明確に定められており、このような理由で会社は労働者が請求した有給休暇の取得を拒否することはできません。

>・有給休暇を使用した場合、賞与から・・・

これも違法です。

有給休暇を使用した場合は賞与を減額するなどの取り扱いは、労働基準法第39条の趣旨に反し違法です。

以上のような法律上の定めを引き合いに出し、会社に改善を求めればよいのですが、会社が改善に応じないのであれば、行政に介入してもらうしかありません。

そのような場合は会社の住所地を管轄する労働基準監督署に申告することができます。

ご相談内容のような明らかな労働基準法違反については、労基署に申告することで会社に指導・是正勧告がなされます。

労働基準監督官は司法警察職員としての権限も持っていますので、会社が是正勧告に従わず、その意思も見られない場合は地方検察庁に送検することもできます。

この際の注意点としては、労基署の相談窓口は一般に非常勤の労働相談員が対応しており、単なる相談と受け止められた場合は、自助努力が強調され具体的な救済の動きにつながらないことがあります。

あくまで正式な「申告」であることを告げてください。

専門家:  remember2012 返答済み 4 年 前.

こんばんは。

回答をご覧いただき、ありがとうございました。

まだ評価をしていただけていないようですが、ご不明な点、説明不足だと思われる点などありましたら、ご返信にてご指摘ください。

再度回答させていただきます。

何卒よろしくお願いいたします。

質問者: 返答済み 4 年 前.

回答有難うございました。


丁寧な説明でわかりやすかったです。


評価遅くなりまして、申し訳ありませんでした。


 


残業の件で1点確認なのですが、もし、賞与で残業代を払っていると言われた場合はどうなりますでしょうか。実際に賞与の明細に残業代の記載はありませんが、月ごとの支払でなくても違反にはならないでしょうか。

専門家:  remember2012 返答済み 4 年 前.

ご返信ありがとうございます。

>もし、賞与で残業代を払っていると言われた場合はどうなりますでしょうか。実際に・・・

このようなことは認められません。

これが認められるとすると、賞与を支払っている会社は、すべてこのような理由で残業代を支払う必要がなくなってしまいます。

毎月の給与に残業代が含まれている、つまり固定残業代として残業代を支払うことは過去の判例から「違法とまでは言えない」とされていますので、このような方法で残業代の支払いをしている会社もありますが、このような方法が認められるには、事前に雇用契約書、もしくは就業規則で何時間分の残業代がいくら含まれているかまで明確にしてあることが前提です。

賞与で残業代を支払っていると言って、それが認められることはありません。

remember2012をはじめその他名の法律カテゴリの専門家が質問受付中

法律 についての関連する質問