JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
shihoushoshikunに今すぐ質問する
shihoushoshikun
shihoushoshikun, 司法書士
カテゴリ: 法律
満足したユーザー: 2239
経験:  東京司法書士会所属
67942392
ここに 法律 に関する質問を入力してください。
shihoushoshikunがオンラインで質問受付中

離婚問題についての質問です。 長年に渡る主人からの言葉や態度による精神的な苦痛に耐えかね、離婚を申し出ています。

質問者の質問

離婚問題についての質問です。
長年に渡る主人からの言葉や態度による精神的な苦痛に耐えかね、離婚を申し出ています。
主人はどうしても承諾しない様子だったのに急に離婚に応じるようなこと言い出したり、以前は親権を気にしていたのに、養育費は払うからと 子供の事を丸投げしてきました。
主人は現在、単身赴任中ですがあちらに女性がいると思われます。
年末は仕事が忙しいから年明けから話し合いをするという事で、それまでにもう一度良く考えてみてくれと言われました。
今の時点で女性が居る証拠を取れれば離婚協議を有利に運ぶ事が出来ますか?
投稿: 4 年 前.
カテゴリ: 法律
専門家:  shihoushoshikun 返答済み 4 年 前.
司法書士です。よろしくお願いします。


夫に不倫相手がいて、その証拠をつかめれば離婚を有利な立場で協議できるでしょう。

不貞行為は離婚原因になりますので、かりに調停や裁判になれば夫は離婚せざるを得なくなりますし、不倫していたということになれば、慰謝料の請求をすることもできます。

お子さんの親権については、調停や裁判では母親に有利な傾向がありますので、特に影響はないと考えられます。

したがって、夫の不貞行為の証拠があれば、質問者様が有利な状況になるのは間違いありません。
shihoushoshikunをはじめその他名の法律カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 4 年 前.

離婚協議中に発覚しても有利に運ばないような事を何かで読んだのですが、


今の状態は離婚を承諾するかどうか曖昧で協議まで至っていないから有利になるという事ですか?


 

専門家:  shihoushoshikun 返答済み 4 年 前.
確かに婚姻関係が破綻している場合には、不貞行為による慰謝料の請求はできません。

しかし、この婚姻関係の破綻というのは簡単には認められません。

離婚裁判をしていたり、かなり長期にわたる別居をしているという客観的な状態が必要となります。
単に離婚を切り出すというくらいでは婚姻関係の破綻とはみなされません。


よって今の段階で夫の不倫の証拠をつかむなら、質問者様に有利な状態になります。
専門家:  shihoushoshikun 返答済み 4 年 前.
補足します。

単身赴任は別居とはみなされませんので、婚姻関係の破綻とは関係ありません。

法律 についての関連する質問