JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
shihoushoshikunに今すぐ質問する
shihoushoshikun
shihoushoshikun, 司法書士
カテゴリ: 法律
満足したユーザー: 2287
経験:  東京司法書士会所属
67942392
ここに 法律 に関する質問を入力してください。
shihoushoshikunがオンラインで質問受付中

主人が別居をしたいと言っています。一年ほど前から不倫関係の女性がいます。 今後の事を考えたいのでと一方的に家をでる

質問者の質問

主人が別居をしたいと言っています。一年ほど前から不倫関係の女性がいます。
今後の事を考えたいのでと一方的に家をでる準備を始めています。
給料口座の通帳を返すように言われたのですが、どのように対処すればよいのでしょうか。
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 法律
専門家:  shihoushoshikun 返答済み 5 年 前.
司法書士です。よろしくお願いします。


夫が別居したいというのであれば、それを止めることはできませんが、夫は質問者様を養う義務がありま す。

いわゆる質問者様が生活していくための「婚姻費用」を質問者様は請求することができます。

通帳は渡しても構いませんが、きちんと婚姻費用を支払ってもらうように請求しましょう。

婚姻費用はお互いの話し合いによって決める事ができますが、話し合いで決まらない場合は、家庭裁判所に調停を申し立てることができます。家庭裁判所での調停では家庭裁判所が作成した「婚姻費用算定表」に基づいて決められますので、公平な結果を期待することができます。

なお、夫が不倫しているということですから、夫と不倫相手に対して慰謝料を請求することもできます。
そのことも検討するといいでしょう。ただし、離婚しなくても慰謝料は請求できます。離婚した場合よりも金額は少なくなります。
また、不倫しているという証拠を何か持っていると有利になります。夫が認めているというものの、いつ否定するかもしれません。確たる証拠があると確実に慰謝料を取ることができます。
不倫相手とのメールや、ホテルに出入りする写真、また本人が不貞行為をしたことを認める文書や、録音データでもいいです。

とりあえず、出て行く夫を止めることはできませんので、質問者様が主張できる正当な権利を主張していきましょう。

なお、婚姻費用について家庭裁判所が定めた婚姻費用算定表に基づく費用をお知りになりたいのであれば、質問者様と夫の年収、お子さんの人数と年齢を教えていただければ、算出することができますので、返信してください。

回答が参考になりましたら、評価をお願いいたします。
shihoushoshikunをはじめその他名の法律カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 5 年 前.


夫の年収は600万円、私は0です。


子供は小6、小1の2人です。

専門家:  shihoushoshikun 返答済み 5 年 前.
返信ありがとうございます。

調べて回答しますので、少しお待ちください。
専門家:  shihoushoshikun 返答済み 5 年 前.
お待たせしました。

家庭裁判所の婚姻費用算定表によると、質問者様は夫に対して、月に12万円から14万を請求することができます。

もちろんお互いの協議によってこれ以上の金額をもらうこともできますが、家庭裁判所の調停による場合は上記の金額の範囲で決まることになるでしょう。

法律 についての関連する質問