JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
jo-banに今すぐ質問する
jo-ban
jo-ban, 弁護士
カテゴリ: 法律
満足したユーザー: 2613
経験:  慶應義塾大学卒業。茨城県において法律事務所経営。
67881597
ここに 法律 に関する質問を入力してください。
jo-banがオンラインで質問受付中

私の不貞が原因で妻と協議離婚をすることになりました. まず,現在の状況をお話して,質問を3点させていただきたい

解決済みの質問:

私の不貞が原因で妻と協議離婚をすることになりました.

まず,現在の状況をお話して,質問を3点させていただきたいと思います.

【状況】
・結婚から日が浅く,子供はいない

・離婚には同意している
・慰謝料の支払いには同意している
・離婚協議書にはサインをした

・離婚協議書の条文に以下の文面がある.(甲が私で乙が妻です)
「甲は乙に対し,離婚による慰謝料として,金八百万円を平成二十五年一月三十一日までに,下記の乙口座に振り込んで支払う」
「甲は本契約に基づく金銭債務を履行しないときは,強制執行に服する旨承諾した」
「甲及び乙は,本合意につき,強制執行認諾約款付公正証書を作成することを承諾した」


上記協議書を作成する際にも相手方へも伝えましたが,八百万円と いうのは私の支払い能力を超えています.
分割や期限の延期の提案もいたしましたが,受け入れられないと言っています.
支払うための努力はこれからできる限りするつもりですが,来月末までに八百万円は事実上不可能です.

金額に疑問を持ちながらもサインをしてしまったのは,
・この金額は不貞の離婚としての最高額ではなく,すでに手心を加えていること
・本日サインをしなければ提訴すること
を相手方より言われたためです.

裁判を避けたいという気持ちはありました

このような状況にある私に智慧を貸していただければと思います.

1.そもそも,八百万円というのは妥当な金額なのでしょうか?

2.慰謝料の金額・支払期日を私の能力に見合ったものにするためにはどのような手続きを取っていけばいいでしょうか?
もしくは,不可能なのでしょうか?

3.公正証書の作成については協議中に会話にのぼることが無かったのですが,有効な文言でしょうか?
(説明義務などないので,おそらく有効だと思いますが)
実際に,この協議書に基づいた公正証書は相手方だけで作成可能なのでしょうか?
私は協議後にこの文言に気づいたため,作成日程も知らず,委任状も書いていません.


(その他情報)
・私は会社員で,年収は400万円ほどです
・入籍が本年2月で式を10月に挙げました
・妻は会社員です

・協議は11/30に持ちかけられ,12/1に行いました
・参加者は私,妻,妻の両親の4人です
・協議の内容については録音しています
投稿: 4 年 前.
カテゴリ: 法律
専門家:  jo-ban 返答済み 4 年 前.
弁護士です。
以下、3つの質問お答えします。

1.そもそも,八百万円というのは妥当な金額なのでしょうか?

妥当ではありません。
裁判にしておけば3分の1~4分の1程度になった可能性があります。
弁護士費用を払っても裁判の方がよかったと思います。

2.慰謝料の金額・支払期日を私の能力に見合ったものにするためにはどのような手続きを取っていけばいいでしょうか?
もしくは,不可能なのでしょうか?

離婚協議書にサインしただけでは差押えなどはできませんから、
こちらからわざわざアクションを起こさなくてもいいと思います。
手続きを踏むべきなのは、基本的に請求する側です。
どうしても、というのであれば離婚調停です。
離婚調停こそ弁護士なしでも簡単に申し立てることができます。
1でお答えしたとおり、800万円は不当な金額であり、
法的手続きに乗せた(乗せられた)方がむしろ有利です。

3.公正証書の作成については協議中に会話にのぼることが無かったのですが,有効な文言でしょうか?
(説明義務などないので,おそらく有効だと思いますが)
実際に,この協議書に基づいた公正証書は相手方だけで作成可能なのでしょうか?
私は協議後にこの文言に気づいたため,作成日程も知らず,委任状も書いていません.

公正証書は一方的に作ることはできません。
実印や本人確認ができる資料が必要です。
jo-banをはじめその他名の法律カテゴリの専門家が質問受付中

法律 についての関連する質問