JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
kanekiyoに今すぐ質問する
kanekiyo
kanekiyo, 司法書士
カテゴリ: 法律
満足したユーザー: 481
経験:  大手司法書士事務所での勤務を経て独立。現在は司法書士事務所を経営。
63213887
ここに 法律 に関する質問を入力してください。
kanekiyoがオンラインで質問受付中

フリーランスで機械設計をやっています。 今月15日の入金がまだありません。今年9月の入金も10日ほど遅れました。

解決済みの質問:

フリーランスで機械設計をやっています。
今月15日の入金がまだありません。今年9月の入金も10日ほど遅れました。
社長個人への携帯、会社にメール、ファクス 等で再三入金のお願いをしていますが、最近は携帯の電源も切られて一切連絡がありません。
25日にアポなしで会社に行ってみましたら、営業していました。
社長は留守で、会長に話しをしたら、私には一切権限がなく、社長と相談してくれの一点張りでした。
12月の入金予定もありますが、このままいくと全額いただけないことになってしまいそうです。
金額は合計で113万円ほどです。
会長は設計によるミスについては相当額を逆に請求させてもらうと言っていました。
因みに支払いが遅れているのは、当方だけではありません。
しかも数年前から取引がありますが、支払期日にいただいた記憶がありません。
それでも以前は遅れると連絡があったのですが、今回はまったくです。
少額訴訟制度を考えていますが、どういう制度で、一般の人でもやれるのか教えてほしです。
投稿: 4 年 前.
カテゴリ: 法律
専門家:  kanekiyo 返答済み 4 年 前.

こんにちは。司法書士のkanekiyoと申します。質問をご投稿頂き、誠に有難うございます。
ご質問への回答は以下の通りとなります。分かりやすい回答を心がけてはおりますが、ご不明点等ございましたら、お気軽にご返信下さい。

 

少額訴訟とは60万円以内の金銭請求に関するものでなければ使えない制度ですので今回のケースでは残念ながらご利用できない制度です。

 

それ以外で簡単にできる法的な金銭請求手段として考えられるのが支払督促という制度です。

 

支払督促とは、訴訟のように当事者が裁判所で対峙して争うものではなく、書面の審査だけで行われる手続きですが、確定すれば判決と同じように相手方の資産を差し押さえる手続き(強制執行といいます)ができる効力をもつ、有効な手段かと存じます。

 

手続きは相手の住所地を管轄する 簡易裁判所に申し立てる必要がありますが、裁判所に相談しながら行えばご自分でも十分対応できるものですし、費用も割安です(1~2万程度でできようかと存じます)。

 

下記に手続きの詳細が掲載されておりますので、ご検討されてみては如何かと存じます。

 

【支払督促について】

http://www.courts.go.jp/saiban/syurui_minzi/minzi_04_02_13/index.html

kanekiyoをはじめその他名の法律カテゴリの専門家が質問受付中

法律 についての関連する質問