JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
kanekiyoに今すぐ質問する
kanekiyo
kanekiyo, 司法書士
カテゴリ: 法律
満足したユーザー: 481
経験:  大手司法書士事務所での勤務を経て独立。現在は司法書士事務所を経営。
63213887
ここに 法律 に関する質問を入力してください。
kanekiyoがオンラインで質問受付中

個人商店を営む父が17年前に他界、母と私は専従者として働いていました。 父の死亡時に2,000万程の借金があり、母

質問者の質問

個人商店を営む父が17年前に他界、母と私は専従者として働いていました。
父の死亡時に2,000万程の借金があり、母受取人の生命保険・私の預金で、数年かかり
返済しました。父には 私も同居する家と別にもう1軒不動産があります。
2軒合わせても3,000万弱の価値だと思われます。
店の名義は私の兄弟も納得して、母名義に死亡後すぐに変えたのですが、不動産などの
分割協議はしていません。
母も高齢で景気も悪いので、不動産の名義を母に全部変え母自身の債務を清算して店を
閉めようと協議を始めましたが、一人が拒否して連絡がとれません。
このような時の対応と父の債務を返済していますが、どのように分配されるのでしょうか?
投稿: 4 年 前.
カテゴリ: 法律
専門家:  kanekiyo 返答済み 4 年 前.

こんにちは。司法書士のkanekiyoと申します。質問をご投稿頂き、誠に有難うございます。
ご質問への回答は以下の通りとなります。分かりやすい回答を心がけてはおりますが、ご不明点等ございましたら、お気軽にご返信下さい。

 

債務はプラスの財産と同じように法定相続分に従って各相続人が相続することになります。

ですので、例えばお母様とお子様2人というケースであれば、お母様1000万、お子様各々500万づつ負担するということになります。

 

分割協議に応じない方がいる場合、上記のことを踏まえたうえで交換条件などを提示し、話し合いに応じてもらうこと方法などを一般的にはとります。

今回のケースで言えば、債務は他の相続人で支払うので、その方にご自分のプラスの持分を放棄してもらうなどすれば話し合いに応じてもらえる可能性もあろうかと存じます。

※逆に応じないようであれば、その方の負担分は当然、その方に支払ってもらうよう債権者等に通知するなどお伝えすると良いかと存じます。

 

また、それでも話し合いができそうにない場合は、家庭裁判所で遺産分割調停を行ってみるのも手かと存じます。

調停であれば、公平な第三者(裁判所や調停委員)が間に入って話し合いをすることになるので、相手方もそれなら応じるということも考えられます。

 

【遺産分割調停について】

http://www.courts.go.jp/saiban/syurui_kazi/kazi_07_12/index.html

 

また、調停でも話し合いができない場合、審判という手続きに移行することで裁判所が適正な分割方法を指定してくれます。

質問者: 返答済み 4 年 前.
父の債務に時効はあるのですか?

10年前に全額返済しました。
専門家:  kanekiyo 返答済み 4 年 前.

時効は存在します。通常の借入であれば10年、商売等で借入したのであれば5年です。ただし、現在までずっと返済を続けているのであれば、これから支払わなくたった時から上記の機関が経過することにより消滅時効を主張することができるようになります。

また、その支払わない期間中に裁判などを債権者から起こされると、時効は中断することがあります。

質問者: 返答済み 4 年 前.
用語の意味がわからないのですが…
母と私で支払った父の債務を法定相続人の配分兄弟に返済請求できるのでしょうか?債務は10年前に完済しまし。
固定資産税も母が17年間支払いしました。その分も請求できますか?

専従者で働いていた母は実際給料も貰っていませんでしたが、審判になると寄与分は認められますか?
専門家:  kanekiyo 返答済み 4 年 前.

10年以上たっていると消滅時効が成立する状況にはなっておりますので、相手方に時効を援用(時効を主張するという意思表示のことです)されると、残念ですが請求できなくなってしまいます。

ただし、一度でも相手方が支払うと約束したり、一部でも支払った場合は相手方はもう援用することができなくなりますので、時効のことは話さずに請求してみる手はあります。

※相手方が時効のことを知らなくて約束や一部支払した場合でも、一度約束してしまえば時効を援用できなくなります。

固定資産税も同じく、相手方の持分に応じた負担を請求することはできます。ただし、時効に関しては上記と同じ扱いになりますのでご注意ください。

kanekiyoをはじめその他名の法律カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 4 年 前.
相続配分は全部母へ、まとまらなければ法定配分で分けようと思っていますが、 相続人の一人が「遺産分割協議はできない、出る所に出て話しをする。」と言話し合いになりません。
調停で私と母の寄与分を主張したいと思いますが、母が高齢の為、妻が付き添う事は可能ですか?
他の兄弟が私と同意見であれば、私に一任できるのですか?
調停手続きに必要な相続人の戸籍謄本、住民票ですが、不服のある兄弟から貰えないのですがどうすればいいですか?
専門家:  kanekiyo 返答済み 4 年 前.

お母様が高齢ということであれば、付き添いが認められるかと存じますので、申立て後にその旨を裁判所書記官にお伝えして許可をもらえばよろしいかと存じます。

また、意見が同じでも相続人の一人に一任ということはできませんので、皆さんが参加する必要がございます。

最後に戸籍謄本、住民票の件ですが、利害関係人であれば他人でも取得することができます。取得目的(調停申し立てのため)を明示して、当該市区町村に申請して頂ければよろしいかと存じます。

法律 についての関連する質問