JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
jo-banに今すぐ質問する
jo-ban
jo-ban, 弁護士
カテゴリ: 法律
満足したユーザー: 2613
経験:  慶應義塾大学卒業。茨城県において法律事務所経営。
67881597
ここに 法律 に関する質問を入力してください。
jo-banがオンラインで質問受付中

初めまして、タキワキと申します。 会社の取引先(下請け)が弊社の社員と共謀し、水増し請求を何度も行い差額を社員

質問者の質問

初めまして、タキワキと申します。

会社の取引先(下請け)が弊社の社員と共謀し、水増し請求を何度も行い差額を社員に支払っていた事が判りました。弊社社員に下請け会社より300万以上の振込が有ります。
弊社の社員は、後ろめたいお金の部分は有るが、それは一部で大半が下請け会社出来ない仕事を会社に黙って会社のPCソフトを使ってしてあげた事への報酬と説明しています。
下請け会社より、水増し請求を行っていた事は一筆書いて貰っています。
そこで質問ですが
1.下請け会社出来ない仕事を会社に黙って会社のPCソフトを使ってしてあげた事への報酬として理由になるのでしょうか?
2.現在、下請け会社への支払いが250万程有りますが、支払保留?(差し止め?)しても問題ないでしょうか?
宜しくお願い致します。
投稿: 4 年 前.
カテゴリ: 法律
専門家:  jo-ban 返答済み 4 年 前.
弁護士です。

質問にちょっとわかりにくいところがありますので、確認させてください。

>それは一部で大半が下請け会社出来ない仕事を会社に黙って会社のPCソフトを使ってしてあげた事への報酬と説明しています

これはどういうことでしょうか。わかりやすくお願いできますか?


>下請け会社より、水増し請求を行っていた事は一筆書いて貰っています

水増しは認めているけど、PC祖父とを使ってしたことの報酬というのが両立するのでしょうか。
水増しなのであれば、何も理由はないはずだと思うのです。

よろしくお願いいたします。
質問者: 返答済み 4 年 前.

連絡を頂きまして有難う御座います。


 


>それは一部で大半が下請け会社出来ない仕事を会社に黙って会社のPCソフトを使ってしてあげた事への報酬と説明しています


*上記は、下請け会社より、弊社社員の個人口座宛に入金されたお金は、下請け会社のPCソフトでは解析出来ないデータの為、弊社PCと弊社計算ソフトを無断で使用して解析してあげた事への報酬として受け取っていたとの説明でした。


水増しの件は、弊社社員の言っている事と下請け会社の言っている事に食い違いが有り、弊社社員は認めていません。


 


宜しくお願い致します。

専門家:  jo-ban 返答済み 4 年 前.
なるほど、状況が見えてきました。


1 報酬の理由になるか

なりません。
お返事を見た限り、契約業務を関係がないことです。
ようは、当事者が勝手にやったことであり、それが契約履行に何の役にも立っていないのですから、報酬をお支払いする必要はありません。


2 支払をとめてもいいか

止めることを前もって言っておいた方がいいですが、止めても問題ないと思います。
水増しということは、質問者様側からすれば過払いがあるわけです。
そうすると、これから払う金額から過払い分を差し引いて支払わないと、
損失を回復できませんから、
「水増し請求による過払い額を確定し、その額を控除してお支払いします。」
などと言っておいた方が無難です。
jo-banをはじめその他名の法律カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 4 年 前.


済みませんが、弊社社員を懲戒解雇する場合の給料及び解雇金(1ケ月分)を支払わなければいけないのでしょうか?


損害の請求は下請け会社のみに行うのでしょうか?


宜しくお願い致します。

専門家:  jo-ban 返答済み 4 年 前.
1 解雇予告手当

原則として支払う必要があります。
例外的に支払わなくてもいい場合ですが、懲戒解雇等の「労働者の責めに帰すべき事由」により解雇する場合で、所轄労働基準監督署長の認定を受けた場合です。

具体例としては、当該社員の犯罪行為などが考えられます。
本件の社員は、横領ともいえる犯罪に及んでいますから、
該当する可能性があります。

解雇予告手当を支払わないようにするには労基署の認定が必要ですから、
早速相談に行ってみてください。

2 損害の請求

当該社員に請求することも可能です。

法律 についての関連する質問