JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
jo-banに今すぐ質問する
jo-ban
jo-ban, 弁護士
カテゴリ: 法律
満足したユーザー: 2613
経験:  慶應義塾大学卒業。茨城県において法律事務所経営。
67881597
ここに 法律 に関する質問を入力してください。
jo-banがオンラインで質問受付中

窃盗罪で勾留期限満期で釈放されましたが(知人) 起訴とも不起訴とも通達がありませんでした。 このような場合は今度

解決済みの質問:

窃盗罪で勾留期限満期で釈放されましたが(知人)
起訴とも不起訴とも通達がありませんでした。
このような場合は今度はどうなるのでしょうか?
今度また勾留や逮捕、起訴などありうるのでしょうか?
投稿: 4 年 前.
カテゴリ: 法律
専門家:  jo-ban 返答済み 4 年 前.
弁護士です。

処分保留というものですね。
余罪がない限り、逮捕や勾留はありません。
起訴はあり得ます。
釈放されたといっても、捜査は続行していますから、
その捜査の結果、本件が悪質で起訴に値すると判断された場合には起訴されます。
前科がなく、犯行態様が悪質でなければ起訴はされない可能性が高いです。
質問者: 返答済み 4 年 前.


捜査が続いている限りは起訴される可能性はゼロではないということなのでしょうか?いつになったら、起訴される可能性はゼロになりますか?また起訴される場合には、いわゆる在宅起訴と言われるものでしょうか?まだ今後事情聴取等で警察に呼び出されたりするということなのでしょうか。

専門家:  jo-ban 返答済み 4 年 前.
そのとおりです。捜査が続く限りは、起訴される可能性は残ります。
いつになったら、という決まりはありません。
検察側の都合ですから、誰にもわからないことです。

在宅起訴という理解で正しいです。
事情聴取はありえますが、呼び出すとすれば検察庁です。
質問者: 返答済み 4 年 前.


ご丁寧に回答ありがとうございます。


在宅起訴された場合には、勾留されずに、裁判や呼び出しに出廷していれば、普通の生活ができるのでしょうか?

専門家:  jo-ban 返答済み 4 年 前.
できますよ。
逃亡のおそれがないから釈放されたわけです。
普通どおりに過ごした方がむしろ好印象です。
交通事故の被告人も同じように在宅起訴が多いです。
質問者: 返答済み 4 年 前.


たびたびすみません。


もう一点だけお願いします。


捜査が終了や打ち切り、もしくは、被害届の取り下げ?等


になれば、起訴の可能性はもうなくなるということでしょうか。


また、そうなったことを知る方法は、ないのでしょうか。


 

専門家:  jo-ban 返答済み 4 年 前.
いえいえ、関連質問ですので、どうぞ。

被害額にもよりますが、被害届が取り下げられれば、起訴される可能性はぐっと下がります。
被害額が大きい場合には、起訴される可能性はそれなりに残ります。

知る方法はあります。
不起訴になったかどうかを教えてください、と検察官に言えば教えてくれます。
こちらから問い合わせない限り、教えてくれないことがほとんどです。
質問者: 返答済み 4 年 前.


つまりは、不起訴という結論を検察が出さない限りは


終わらないということでしょうか。


また、本人が問い合わせて聞くのでしょうか?

専門家:  jo-ban 返答済み 4 年 前.
そういうことです。
弁護士がいないのであれば、本人が聞くしかありません。
jo-banをはじめその他名の法律カテゴリの専門家が質問受付中

法律 についての関連する質問