JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
jo-banに今すぐ質問する
jo-ban
jo-ban, 弁護士
カテゴリ: 法律
満足したユーザー: 2613
経験:  慶應義塾大学卒業。茨城県において法律事務所経営。
67881597
ここに 法律 に関する質問を入力してください。
jo-banがオンラインで質問受付中

夜分遅くに失礼します。旦那(52才)より離婚の調停を申し立てられている者(45才)です。 この年末で結婚満12年、

解決済みの質問:

夜分遅くに失礼します。旦那(52才)より離婚の調停を 申し立てられている者(45才)です。
この年末で結婚満12年、子供無しです。法律上、離婚にむけて不利にならない姿勢、アクション等についてアドバイスを頂きたくお願い致します。

申し立ての書面上の理由(申し立て通知)は、性格の不一致、私が家庭を省みない、精神的虐待、家族と折り合いが悪い、会話が無い、、、です。

こうなった経緯をご説明します。
子供もいないし、自分のお小遣いくらい稼いでおこうと結婚後もずっと私も仕事を継続してます。メーカーの広告宣伝企画&マーケティングで仕事の波があり終電続きの日々も時々あります。
そういう日々以外で早く帰れた日は、基本的には帰宅後食事の仕度を10年頑張って参りました。

旦那の希望で子供を作ることをちゃんと意識して産婦人科に検査に行ったのが3年くらい前で、年齢的なホルモンの低下はあるが夫婦共に健全と判明。旦那はそのまま私に産婦人科通いと人口受精を希望。私は仕事を持っている身だし、子供は天下の授かり物、できなかったら仕方ない、と相反する考えでした。私が検査後産婦人科通いを止め通常の生活に入ってからケンカばかりで、旦那は生活費を払わなくなることとか発生し関係は悪化。旦那の申し立てで、2年半前?夫婦円満の話し合いを家裁で行い、1)旦那はこれまで通り生活費として10万円を私に渡す、2)週1回は二人で外食を楽しむ、と言う内容を合意しました。が、1年近く経った頃外食へ行っても私のお気に入りのレストランにケチをつけだし、タクシー料金ケチって途中で降りて歩かせたり又ケンカが増加。
しまいに、レストランで「子供はどうするんだよー!」と怒り始め、「検査で健全だとわかったのだから自然にできれば生む」と言うと、「じゃ、もういい。これからはバラバラにいきましょう」と言ってまだ食べてる私をレストランに残して先に出ていってしまいました。
それが1年前。
それ以降、調停で決めた生活費も半分以下に勝手に減らし、週末の食料の買い出しも自分の分だけ、ゴミも自分の分以外捨てさせない、私に嫌がらせをし続けてます。調停で決めた金額を一方的にブッチした事で毎月これまでに無い体当たりのケンカとなり、今度は私が婚姻費用分担請求の申し立てをし、8ヶ月かかって、やっと今年の7月から前と同じ10万円の生活費を払わせる約束にこぎ着けました。と思ったやさきに、今度は遂に旦那から離婚の申し立てがきました。

私の言い分は、
結婚以来、基本家の事は出来る範囲でちゃんとやってきた。旦那のお父さんが地方から出てきた時もわがままに対応。仕事や飲み会で帰りが遅くなるきとはちょくちょくあったが「省みない」わけでない。子供が出来なかったのは、旦那の普段の態度の悪さ、外食へ行っても楽しもうとするサービス精神の無さ、ケンカを売る言動、、等々から来る「子供をつくる」関係とは程遠い仲の悪さ、、が原因。自分のせい。会話が無くなったのも、旦那の実家に行かなくなったのも、全て昨年旦那が一方的に勝手に「バラバラでいこう」とか嫌がらせを始めてから。
私が何を言っても訴えても「ウルサイ!嫌だねーーーー!!」と言うだけ。
子供が出来なかったからと結婚生活を放棄するなど、男尊女卑、最初にそんな約束したわけでもないし、勝手極まりない。謝罪を待っていたが、謝るどころか離婚を申し立てしてきたわけで、私としても、そんな男はゴメンだし許せないので最終的に離婚でいいが、個人的には私に非は無いと思っているので一方的で勝手極まりなく、反省できない相手方に大きな大きな負の負担を負わせたい。そういう考えです。
今現在は家庭内別居状態ですし、5年もこの状態だととれるものも取れず離婚申請が認められてしまうと聞いているので、今回の調停で私からも強気で条件を提示したいと考えてます。
問題ありますでしょうか?
投稿: 4 年 前.
カテゴリ: 法律
専門家:  jo-ban 返答済み 4 年 前.
弁護士です。

調停は強気に条件提示をするものです。
問題ないどころか、むしろそうするべきなのです。
しかし、落としどころは理解しておくべきで、ずっと強気に押すだけでは意味がありません。

>現在の戸建て住宅(旦那持ち分4/5)丸っと無償で譲り渡し

原則的には、財産は半分ずつです。
不動産の全部を譲り受けるということは、それと同等の額を夫に分与する必要があります。
したがって、不動産を譲り受けるのであれば、無償というのは難しいでしょう。
ローン残を差し引いた額を支払うとか、何かしらの条件を付される可能性が高いです。


>年収の2倍程度の慰謝料支払い

年収2倍の根拠がないと認められません。
慰謝料は精神的苦痛に対しての金額であり、年収は無関係です。
夫が質問者様をどれだけ傷つけたかを立証しないと慰謝料そのものが認められません。
なお、離婚裁判で認められる慰謝料は100~300万で90%ほどになりますから、
これを超える慰謝料をとることはきわめて難しいです。

このように落としどころを理解した上での、提示であれば全く問題ありません。
最初は強気に行かないと、相手に伝わりません。
質問者: 返答済み 4 年 前.
ご回答有り難うございます。
それは、自分が悪くなくても、相手方の勝手であろうと、どっちがひどくても、浮気や暴力といった「いかにも!」という分かりやすい判定理由が立証出来ない限り、世間一般的な財産折半と言う選択肢しか無いと言う事ですね?
そんなの嫌ですので、そうなると離婚申請は拒否するしかない事になりますね?
専門家:  jo-ban 返答済み 4 年 前.
財産分与と慰謝料は別に考えてください。

財産分与はどっちが悪かろうと、半分が原則です。
これが修正されるのは、
夫の仕事を妻がまったくサポートせず、
夫の収入に妻が全く関わっていないような場合です。
あとは、結婚前から持っている財産も分けません。

慰謝料はそれとは別に、精神的苦痛に対して支払われるものです。

ですから、証拠がなくても財産は半分。
証拠がない場合には慰謝料は難しいということです。

納得がいかないのであれば、相手の提案は拒否し、離婚裁判まですることになるでしょう。
調停も納得できなければ蹴ればいいだけの話です。
jo-banをはじめその他名の法律カテゴリの専門家が質問受付中

法律 についての関連する質問