JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
mezasesakurasakuに今すぐ質問する
mezasesakurasaku
mezasesakurasaku, 平成25年6月末弁護士登録抹消確定
カテゴリ: 法律
満足したユーザー: 271
経験:  平成25年6月末まで弁護士業務(以降退会)
69318065
ここに 法律 に関する質問を入力してください。
mezasesakurasakuがオンラインで質問受付中

古川と申します。こちらへ相談でいいかもわからず困っております。叔母の土地に叔母の住む家を私が費用を出し私の名義で建設

解決済みの質問:

古川と申します。こちらへ相談でいいかもわからず困っております。叔母の土地に叔母の住む家を私が費用を出し私の名義で建設します。この場合、贈与などにみなされないか心配です。わずかでも家賃としてお金をもらった方がいいのでしょうか?叔母は独身なのでいずれ私に土地を譲るつもりでいます(100坪ほどの小さいものですが)。また、建築物にかかる税金の率が何か条件を変えることで下がるか、教えてください。私は東京に勤務しており、土地は九州です。叔母は昨年定年退職し、無職、年金生活です。
投稿: 4 年 前.
カテゴリ: 法律
専門家:  mezasesakurasaku 返答済み 4 年 前.

はじめまして、弁護士をしております。

税務業務(弁護士は税務もできる資格があります)も行っておりますので、回答させていただきますね。

 

 

1 家賃分の贈与について

まず、厳密に言えば、あなたが家賃分をもらわないということは、あなたが叔母様に家賃分を贈与したことになりますので、ご心配されるように、叔母様に贈与税がかかることになります。

ただし、あなたが叔母様から土地を借りて家を所有していることになりますので、本来であれば、借地代を叔母様に払わなくてはいけないわけです。

となりますと、家賃と借地代を差し引きすると、ほぼゼロと評価することは可能です。

また、仮にある程度の差額があったとしても、贈与税の基礎控除110万円の額以内と評価することも十分できるでしょうね。

結論としましては、贈与にはあたりますが、叔母様(あなたももちろん)は贈与税の申告をして贈与税を払う義務はないということになります。

ですので、わずかでも家賃をもらう必要もないかと思います。

しかし、もし、その熊本の土地の借地代の相場と新築予定の家屋の家賃の相場の差額が、あきらかに110万円以上なのであれば、その差額分の半分程度もしくは110万円を超える分(どちらかの少額の方です)をもらっておかなくてはなりません。

 

つまり、たとえば、借地代が年60万円程度、家賃が年240万円程度が相場ということであれば(つまり土地に比べて家がとてつもなくゴージャスということですね)、70万円程度の家賃をもらっておいたほうがよいでしょうね。

なお、逆もまた、しかりですので、ご注意ください(つまり、土地に比べて家がとてつもなく…ということです。)、この場合には、あなたが、叔母様に一定の金銭を払っておかなくては、あなたに贈与税がかかると思います。

(ただ、ややこしい話を致しますと、あなたが払う場合には、土地の管理代としてあなたが叔母様に一定の金額を支払う必要が本来はありますので、その分を考慮すれば、そもそもそこまで差額がでないと主張することできますので、やはり贈与税の心配はしなくてよいでしょうね)

なお、相場を調べる場合は、不動産屋をするわけではないですから、厳密に不動産鑑定士などに評価してもらう必要はありません。

広さ、立地などで、似たような条件のものを不動産屋のちらしなどで、ご覧になって、それを参考にすればよいです。

なお、家賃の相場は、近くにUR賃貸のようなものがあればその家賃を聞くのが一番てっとり早いです。

 

 

2 建築物にかかる税金について

これは、簡単に言ってしまうと、ゴージャスな建築物であればあるほど、不動産取得税も固定資産税もかかるということになります。

詳細な基準は、もちろんありますが、建築家なりと相談しないとわからないかと思います。

参考となるサイトをのせておきますので、もし、詳細をご覧になりたければご参考にしてください。

http://www.recpas.or.jp/new/jigyo/report_web/menu2012_shiryoushu.html


3 ちょっと蛇足ですが。

なお、将来的に叔母様からあなたへの土地の譲渡ですが、叔母様が生きているときにはもちろん贈与税、叔母様がお亡くなりになったと同時であれば相続税がかかりますので、ご注意ください。

贈与税の基礎控除は、110万円、

相続税の基礎控除は、5000万円です。

万一、土地が5000万円を超えるぐらいのお値打ちの土地であれば、今から少しずつ(つまり110万円にあわせて)贈与してもらったほうがよいかと思います。

なお、この110万円にあわせて贈与というのは、少々面倒かつややこしいですので、税理士にお願いしたほうがよいかと思いますよ。

以上が回答なのですが、

回答の中で不明な点不明瞭な点、追加でご質問等ございましたら、遠慮なくご質問くださいね。

mezasesakurasakuをはじめその他名の法律カテゴリの専門家が質問受付中

法律 についての関連する質問