JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
rikonnsouzokuに今すぐ質問する
rikonnsouzoku
rikonnsouzoku, 行政書士
カテゴリ: 法律
満足したユーザー: 246
経験:  弁護士事務所事務員行政書士事務所所長
67515089
ここに 法律 に関する質問を入力してください。
rikonnsouzokuがオンラインで質問受付中

結婚を前提に交際して、相手側の身勝手な都合で別れました。 その際、「返す」と口約束していたお金や、「生活費は折半し

質問者の質問

結婚を前提に交際して、相手側の身勝手な都合で別れました。
その際、「返す」と口約束していたお金や、「生活費は折半しよう」とお互いに約束事としていたがほぼ全額を私が負担していたお金は取り返せますか?
あくまでも「結婚」が前提で期限を設けないでお金を貸していたのですが。
それがなくなった今は身勝手な都合で別れることになり怒りしかありません。
投稿: 4 年 前.
カテゴリ: 法律
専門家:  rikonnsouzoku 返答済み 4 年 前.

ご相談いただきまして、ありがとうございます。

家族関係専門の行政書士のrikonnnsouzokuでございます。よろしくお願いします。
ご相談者様におかれましては、大変なご状況にあるようで、心中お察し申し上げます。

円満な頃の約束は、証拠がない限り、

法的根拠としては弱いものがあります。

ですので、
すでに検討されたかもしれませんが、一般論としては、婚姻予約(婚約)の不当破棄として慰謝料を請求することが考えられるくらいでしょうか。
婚約の成立には、結納などの形式は必要なく、当事者間に誠心誠意結婚の約束があれば足りるとされています。

ただ、結納等の形式は不要ですが、それがあったと同視出来る程度の社会的公認或いは公然性が必要とされています。要するに、両親への報告・更に友人、同僚等にも公表・当事者の周囲の人間の殆どからあの2人は婚約者同士であると認められていることが必要です。

ただ、まだハードルはあります。

お金を取り返すには、

判決などを獲得しなければなりません。つまり、訴訟をする必要があります。ここで、弁護士費用がかかることがあります。

そして、強制執行には、また手続き・時間・費用が掛かります。

さらに、相手にお金がなければ、空振りに終わります。

法的には請求できても、

現実には難しいかもしれませんね。




rikonnsouzokuをはじめその他名の法律カテゴリの専門家が質問受付中

法律 についての関連する質問