JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
gyoenlegalに今すぐ質問する
gyoenlegal
gyoenlegal, 司法書士
カテゴリ: 法律
満足したユーザー: 485
経験:  中央大学法学部卒業渉外法律事務所・司法書士事務所を経て新宿にて司法書士事務所を開業
70015703
ここに 法律 に関する質問を入力してください。
gyoenlegalがオンラインで質問受付中

10月30日に、オークションで購入したブランドバッグをその当日にカラーが画像で見るよりもあまり気に入らなかったので、

質問者の質問

10月30日に、オークションで購入したブランドバッグをその当日にカラーが画像で見るよりもあまり気に入らなかったので、ブランド買取り店にブランドバッグを買い取ってもらいまし た。
私が売ったバッグを売った当日に、買取り店がオークションで出品しているのを見つけました。
私が売った時は、ヒモ付のブランドタグが付いていたのに、(新品で売りました)買取り店が出品していた画像では、そのヒモが切られていました。
4日前にオークションでどなたかが落札されているのを見ました。
その後、2日前に買取り店から連絡があり、偽物だったので返品しますのでお店に来店してくださいと言われました。
返金もしてくださいとの事でした。
買い取ってもらってから1か月が経っており、お金も使ってしまいました・・・
この場合、返金しないといけないんでしょうか?

私が、オークションで購入したときに、出品者には2回本物かどうか確認し、本物ですと言われたので、本物だと思っていました。
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 法律
専門家:  gyoenlegal 返答済み 5 年 前.
当方は司法書士です。
お力になれましたら幸いです。

「この場合、返金しないといけないんでしょうか?」について回答させていただきます。
質問者様がブランドバッグが買い取り不能なものだと わかっていて無理やり買い取りを求めたのなら別ですが、ブランド買取店はきちんと鑑定をしたからこそ買い取りをしているのであって、契約自体は法的にちゃんと成立しておりますから、応じなくてもいいです。

金額が高額であれば訴えてくるかもしれませんが、そうなったとしても裁判で向こうの業者が錯誤ないし取り消しに正当な理由があることを立証して裁判所がそれを認めない限り、返金する必要はありません。
ですので、返金したくないのであれば、「契約が成立している以上返金には応じられない。返金を求めるのであれば裁判手続きを踏んで裁判官が返金しなさいと判断したら返還します」とおっしゃられてください。

その他分からない点がございましたら、ご返信いただければと思います。
gyoenlegalをはじめその他名の法律カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 4 年 前.


金額は、8万円で買取りしてもらいました。


こちらは、本物だと思い買取り店に売りに行きました。


素人なので、それが偽物かどうかという認識もありません。


店舗をかまえているお店なので、きちんと鑑定していただいて買取り金額を提示されたので、まさか偽物だとは分かりませんでした。


有り得ないとは思いますが、私が売ったバッグと違う物と差し替えられてても分かりませんよね?


偽物とすり替えられている可能性もありますし・・・


売買契約は現金を受け取った時点で成立していますよね?


1か月という期間では、無効になるんでしょうか?


本物かどうかでは無く、その物の価値の値段という事なんでしょうか?


買取り時に、書面で偽物である場合返金に応じますという説明もありませんでした。

専門家:  gyoenlegal 返答済み 4 年 前.
ご評価いただきありがとうございます。

回答させていただきます。

>有り得ないとは思いますが、私が売ったバッグと違う物と差し替えられてても分かりませんよね?
偽物とすり替えられている可能性もありますし・・・
→可能性は否定できないですね。そういった意味でも返金は拒否しても宜しいかと存じます。

売買契約 は現金を受け取った時点で成立していますよね?
1か月という期間では、無効になるんでしょうか?
→1ヶ月というのはクーリングオフを指しているのでしょうか?
事業者側からクーリングオフの主張はできませんし、そもそも対面であればクーリングオフはできません。
売買契約は「この金額なら買います、この金額なら売ります」という意思表示が合致して成立します。現金を受け取っているのであれば原則売買契約は成立していると言えます。

>本物かどうかでは無く、その物の価値の値段という事なんでしょうか?
→基本的にはそうです。目の前にあるものを見てこの値段なら買うということです。
ただしブランド品だと思って買っていた場合は法的には錯誤と言えますが、上述したとおりこちらが返金に応じなければ、裁判所に錯誤に陥っていたから、契約を無効にしてほしいと業者が訴えて判断してもらうことになります。

>買取り時に、書面で偽物である場合返金に応じますという説明もありませんでした。
→であるならば、なおさら現時点で返金することはないかと存じます。

その他分からない点がございましたら、ご返信ください。
質問者: 返答済み 4 年 前.


あと、業者から訴えられる可能性はあるんでしょうか?


裁判になった場合、当方が勝訴する可能性はどれぐらいなんでしょうか?


訴えられたら、8万円を返金するよりお金がかかりますよね?

専門家:  gyoenlegal 返答済み 4 年 前.
あと、業者から訴えられる可能性はあるんでしょうか?
裁判になった場合、当方が勝訴する可能性はどれぐらいなんでしょうか?
訴えられたら、8万円を返金するよりお金がかかりますよね?
→可能性はないとは言えませんが、費用対効果を考えれば8万円で訴訟を起こすのは稀です。弁護士や司法書士に依頼しようものなら8万円戻ってきても通常赤字になります 。
どうしても納得いかず、費用度外視でもいいという時くらいです。

何パーセント勝てますと言うのは難しいですが、錯誤無効を裁判所に認めてもらうにはとても労力が必要です。
念入りに鑑定までしているのならばなおさらです。
そもそも錯誤は重大な過失(簡単に偽物と見分けがついたのにそれを見逃した)があった場合には主張ができませんので、その点からも相手の請求が棄却される可能性が高い(=ご質問者様の言い分が通る)事案とは言えます。
また、ブランド買取店のメンツもありますし、そこまでするかなという印象は受けます。
質問者: 返答済み 4 年 前.
そうなんですね。
とても分かりやすくご回答いただきまして、ありがとうございました。
メールで、業者に連絡をしましたので、返事を待ってみます。
ご丁寧にありがとうございました。
専門家:  gyoenlegal 返答済み 4 年 前.
ご参考になったようでよかったです。
おそらく向こうは、返金を迫ってくるでしょうが、現時点で返金すべきものではないと言えますので毅然とした対応をされてください。
また何かございましたら、お気軽にご返信ください。

法律 についての関連する質問