JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
kanekiyoに今すぐ質問する
kanekiyo
kanekiyo, 司法書士
カテゴリ: 法律
満足したユーザー: 481
経験:  大手司法書士事務所での勤務を経て独立。現在は司法書士事務所を経営。
63213887
ここに 法律 に関する質問を入力してください。
kanekiyoがオンラインで質問受付中

約3年前に離婚しました。 婚姻中に購入した軽自動車の所有権と念書について相談したいです。 協議離婚でしたが、念書

解決済みの質問:

約3年前に離婚しました。
婚姻中に購入した軽自動車の所有権と念書について相談したいです。
協議離婚でしたが、念書には相手が所有と書いてあります。
当時は相手に有利すぎる念書でしたが、書かないと離婚できない状態でしたので、納得はできませんでしたが署名捺印しました。
離婚したあと3年間は相手が残りのローンを 払っていましたが、私も約8万円ほど払いました。
今ではローンも終了し、名義変更で話し合いをしていますが、納得できない部分もあります。

そこで今回は
・公正証書でもない相手の実姉が作った念書の効力とそれを変更(無効)できるか。
・上記に関連して相手に車を渡さないといけないのか。
になります。
よろしくお願いします。
投稿: 4 年 前.
カテゴリ: 法律
専門家:  kanekiyo 返答済み 4 年 前.

こんにちは。司法書士のkanekiyoと申します。質問をご投稿頂き、誠に有難うございます。
ご質問への回答は以下の通りとなります。分かりやすい回答を心がけてはおりますが、ご不明点等ございましたら、お気軽にご返信下さい。

 

まず、書面の効力についてですが、当時そのような合意をした覚えがあるのなら、その合意は有効で、かつその書面は合意があったことの証拠となりえます。

 

しかし、ご質問者様が引き渡し(名義変更)を拒否した場合、相手方はその文書のみをもって強制的に引渡し等を求めることはできません。

 

相手方が引き渡しを求める場合、裁判で勝訴し、強制執行という手続きを取らなければ、強制的に引渡しに応じる必要はございません。

 

そして、仮に裁判になった際のその書面の証拠能力についてですが、その書面に実印で捺印しており印鑑証明書も付けて渡していた場合、相手にとってかなり有力な証拠となりますし、そうでなければ(認印や印鑑証明書は付けてない等)その書面の有効性について争う余地もあろうかと存じます。

 

※署名について筆跡鑑定をされる恐れもありますが、かなりの費用(数十万)を要するので相手方がそこまで求める可能性は低いかと存じます。

 

また、筆跡鑑定の有無だけでなく、上記のような法的手続きを取るにはかなりの費用と労力を要するものです。

 

中古の軽自動車ということであれば、正直申し上げて別の中古車を購入するほうが安くつく可能性の方が非常に高いかと存じます。

 

このような状況で相手方が法的手段までとってくるとはあまり考えられませんので、ご質問者様としてはそのような合意は知らないと言い張るのが現実的にもっとも効果的な対応ではないかと存じます。

 

kanekiyoをはじめその他名の法律カテゴリの専門家が質問受付中

法律 についての関連する質問