JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
gyoenlegalに今すぐ質問する
gyoenlegal
gyoenlegal, 司法書士
カテゴリ: 法律
満足したユーザー: 485
経験:  中央大学法学部卒業渉外法律事務所・司法書士事務所を経て新宿にて司法書士事務所を開業
70015703
ここに 法律 に関する質問を入力してください。
gyoenlegalがオンラインで質問受付中

今年の2月に離婚した母親が亡くなりましたが、20年以上会っておらず亡くなったのも母親の妹さんから聞きました。近頃にな

解決済みの質問:

今年の2月に離婚した母親が亡くなりましたが、20年以上会っておらず亡くなったのも母親の妹さんから聞きました。近頃になってクレジット会社の代理 人の弁護士から母親が生前借りていたキャッシングの請求が来て自分と兄の二人が相続人として支払う様になっていたので連絡したところ「相続人ですか?」と聞かれたので「ハイ」と答えたので支払う事になったのですが、払わないと駄目なんでしょうか?金額は小さいので払っても構わないのですが、叔母に聞いたところまだ借金があったみたいなので一つ払ったら他にも請求が来る可能性があるとの事です。払ったほうが良いのでしょうか?相続放棄の手続きは自分と兄もしておりません。ただ遺産にはならないと思うのですが、母が県民共済に掛けていたのでその給付金は叔母の手続きの元に受け取りました。いかがなものかよろしくお願いします。
投稿: 4 年 前.
カテゴリ: 法律
専門家:  gyoenlegal 返答済み 4 年 前.
当方は司法書士です。
少しでもお力になれればと思っております。

以下を確認させてください
①出来るならば相続放棄をして母の借金を払いたくないというご意向はございますか?

②県民共済の死亡保険金受取人は「相続人」とされていたため受け取ったということでよろしいでしょうか?
質問者: 返答済み 4 年 前.


補足いたします


①ですが相続放棄出来るならばしたいと思います。


②は本来受取人じゃなかったですが、叔母がもらえるものはもらいなさいとの事で息子という事を書類提出して証明してから兄がもらい2人で分けてもらっています。

専門家:  gyoenlegal 返答済み 4 年 前.
ご返信頂きありがとうございます。

>②は本来受取人じゃなかったですが、叔母がもらえるものはもらいなさいとの事で息子という事を書類提出して証明してから兄がもらい2人で分けてもらっています。
→この点について確認させていただけますか?
共済には一般的に下記のような共済金の受取人についてという項目がございます 。
「共済金の受取人は基本的にご加入者本人です。死亡共済金の受取人は,ご加入者の死亡当時における次の順序で上位の方と なります。
1.ご加入者の配偶者 2.ご加入者と同一世帯に属するご加入者の子 3.同孫 4.同父母 5.同祖父母 6.同兄弟姉妹 7.その他の,ご加入者の子 8.同孫 9.同父母 10.同祖父母 11.同兄弟姉妹
この場合において、各順序の同一世帯に属する方の中では、ご加入者によって扶養されている方を上位とします。」
このような規定に基づいて、死亡共済金を請求されて受け取ったということでよろしいですね?
質問者: 返答済み 4 年 前.


自分も詳しい手続き内容はよく分からず、叔母が手続きが面倒で仕事も忙しいので代行して手続きしてくれたので多分それで良いと思います。

専門家:  gyoenlegal 返答済み 4 年 前.

ご返信ありがとうございます。
上記を前提に回答させていただきます。

>「払ったほうが良いのでしょうか?」のご質問について
→相続放棄について、民法上「相続放棄をするには,自己のため相続の開始を知った時から3カ月以内に家庭裁判所にその旨を申述しなければならない(民法938条、915条1項)」と規 定されており、知ってから3ヶ月以内に手続きを行わなければなりません。これが原則です。
ですので、本件は2月にお母さんが亡くなったとのことで、形式的にはその期間を超えておりますので、相続放棄ができず、支払わなければならないように見えます。

しかし、3ヶ月を超えていても、相続放棄の申述が出来なかった事情(借金があることを今回請求があったことで初めて知った。最初から知っていれば相続放棄をしていた。等)を説明すれば認めてくれるケースが非常に多いので、3ヶ月経ったからと諦めずに今からでも家庭裁判所に相続放棄の手続きを行ってください。

また本件の死亡共済金は法律上相続財産とは言えませんので、受け取ったからと言って相続を承認したもの(法的には単純承認といいます)と認められませんのでご安心ください。

なお、相続放棄の管轄家庭裁判所は故人の最後の(住民票上の)住所地を管轄する家庭裁判所になりますので、ご注意ください。
ご自身でも家庭裁判所の窓口に行けば、ひな形や必要書類、書き方など案内してくれますし、面倒であれば弁護士さんや司法書士に書類作成の依頼されても構わないと思います。

相続放棄の手続きが終われば相続放棄申述受理証明書という書類を手数料を納めれば家庭裁判所で発行してもらえますので、それをクレジット会社の代理人に提示すれば、請求はしてこなくなります。
他社から請求された場合も同様にこの書面を提示すれば結構です。

分からない点があれば、当職への評価の前に必ずご返信下さい。

gyoenlegalをはじめその他名の法律カテゴリの専門家が質問受付中

法律 についての関連する質問