JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
jo-banに今すぐ質問する
jo-ban
jo-ban, 弁護士
カテゴリ: 法律
満足したユーザー: 2613
経験:  慶應義塾大学卒業。茨城県において法律事務所経営。
67881597
ここに 法律 に関する質問を入力してください。
jo-banがオンラインで質問受付中

従業員に横領されたのですが、訴えるとしたらどのような証拠を用意すればよいでしょうか?具体的に書き直します。当

質問者の質問

従業員に横領されたのですが、訴えるとしたらどのような証拠を用意すればよいでしょうか?
具体的に書き直します。
当方デリバリーヘルスを経営しておりますが、従業員が売上をごまかして いました。
女の子の証言や、お客様からの情報で発覚いたしました。
横領した従業員(仮にAとします)は当店で一日に注文が10件あったとした場合、
8件しか無かった事にして2件分の利益を横領していたようです。

無かった事になっている2件分の注文が、実際には存在したことを証明するこちらの証拠としては、
Aの直筆の注文書、女の子の証言、存在しなかったことになっている注文が存在するというお客様からのメール
、1名ぐらいでしたらお客様の証言も得られるかもしれまん。これらを用意できます。

ちなみに実際に横領された件数はもっともっと多いです。

今後「もうバレているぞ」と問い詰めて、その時の会話を録音しようかと考えております。

私の考えとしては、「訴えられたら君は負けますよ」という状況を完璧に作り上げ、
示談に持っていきたいと思っています。
仮に横領されたのが100件だとして、100件全ては立証できませんので、上記の方法が
こちらとしてはベストなのかな?と考えます。

仮に訴えたら高確率で勝てる状況を作るには何を用意するべきでしょうか?
投稿: 4 年 前.
カテゴリ: 法律
専門家:  jo-ban 返答済み 4 年 前.
弁護士です。

実は多いご相談の1つです。

ベストな証拠は、横領したAに、
「私は、**店の売上金を、平成*年*月から平成*年*月にわたって、金○円を横領しました。その手口は・・・・です。私は、金○円の支払義務があることを認めます。」
といった内容の書面に署名押印させてしまうことです。

認めない可能性がありそうですが、質問にお書きになっている証拠はどれも有効です。
ただし、注意点を挙げるとすると、
・Aの直筆の注文書
→それが架空であることを立証する必要が残るので、そこを補足する。

・女の子の証言
→具体的に証言できるように準備しておく。単に架空の請求があった、というだけでは弱い。

・存在しなかったことになっている注文が存在するというお客様からのメール
→これも具体的である必要あり。

・1名ぐらいでしたらお客様の証言
→そのお客様が、どこまで事情を知っているのかという問題がある。通常の客は架空の注文などのことを知らないはずで、なぜそのことを知っているのかを説明できるようにしておく。そうしないと、ただその従業員を陥れるために証言していると思われてしまう。

録音もまったく同じで、単に横領したという発言を聞き出すだけでは弱く、
・いくら
・いつ
・どのように
といった内容を詳細に話させるようにしてください。

要は、横領したという事実の立証自体に成功しても、
損害額の立証に成功しないと訴えても回収できる額が限られます。
立証に成功した損害分のみ、損害賠償請求できるのです。

あとは、その横領した従業員の手元にお金が流れたことを立証したいですね。
Aがなぜかお金を多くもっているような事実があると、
不正にお金を入手していたことを間接的にでも立証できます。

法律 についての関連する質問