JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
supertontonに今すぐ質問する
supertonton
supertonton, 行政書士
カテゴリ: 法律
満足したユーザー: 4761
経験:  中央大学卒平成14年行政書士登録離婚・相続等の法務手続の専門家
61894004
ここに 法律 に関する質問を入力してください。
supertontonがオンラインで質問受付中

昨年夏、性格不一致のため養子縁組解除と同時に離婚届を出しました。 住宅ローンを夫婦合算で妻である私が連帯保証人にな

解決済みの質問:

昨年夏、性格不一致のため養子縁組解除と同時に離婚届を出しました。
住宅ローンを夫婦合算で妻である私が連帯保証人になってて解除出来ないのは充分わかってますが、今年の夏以降夫の両親が引っ越してきて同居しているにもかかわらず滞納していると夫と銀行から連絡があり、あと1年見直しのため夫の両親を連帯保証人を新たにして三番目に私が連帯保証人になってと言われました。
その際、夫や夫の両親に私の負担分を請求出来るものなのでしょうか。出来なければ復縁も考えてますが・・・
よろしくお願いいたします。
投稿: 4 年 前.
カテゴリ: 法律
専門家:  supertonton 返答済み 4 年 前.

初めまして、夫婦・男女問題法務手続専門の行政書士のsupertontonでございます。

それは大変お悩みのことと思います。

ご心痛お察し申し上げます。

お話から、復縁を考えているということは、相手側もそれを望んでいると言うことでしょうか?

単に、借金の問題等での復縁であれば、偽装結婚や既にされた離婚も偽装と疑われる

可能性もございます。

 多分、連帯保証人と言うよりも連帯債務者(ご夫妻様の収入の合計でないとローンが組めなかったパターン)だと思いますので

簡単には、連帯債務者を外すことは難しいと言えます。

本来で、あれば、離婚して、連帯債務者をはずせば、ローンが組めなくなるケースだと

思います。

元ご主人様のご両親様が連帯債務者か連帯保証人になっていても

年金受給者だと厳しいところです。

相当の資産や年金受給額であれば可能ですが。

ただ、お話から、ご両親様では足りないから、ご相談者様が必要だとも言えます。

また、お話からは不明ですが、その不動産の財産分与や持ち分はどうなっているのでしょうか?

そこまでしないと支払えないのであれば、売却の方が良いかもしれません。

既に滞納していることから、将来的な不安はあります。

元ご主人様にとっては身分不相応の不動産なのかもしれません。

復縁をすると言うのがよく理解ができない部分はございますが

相続等を考えれば、有利になる部分もございます。

お子様もいらっしゃると思いますが、二世帯家族にも耐えられる不動産と

いうことでしょうか。

仮に、相手の代わりにローンを支払えば、求償権がありますので請求は可能です。

ただ、相手が、元身内と言うことで、いろいろ甘くなることろはあると思いますから

公正証書で、金銭消費貸借契約書は作成しておく方が良いでしょう。

公正証書があれば、未払いの時に強制執行が可能です。

頑張って下さい。

質問者: 返答済み 4 年 前.

ご回答ありがとうございます。


詳細な事を書かずに申し訳ありません。


 


復縁のことは、相手も両親と同居なら戻ってきてもいいよとは言ってますが、復縁はしない方がいいと思いますか?


 


子供がいなかったのですが、二世帯家族に耐えられる不動産だと思います。


 


不動産の財産分与や持ち分は、妻である私は0になります。


 


あと住宅ローンの他に税金等の滞納分もあり、差し押さえの通知がきているのでこちらの方を先に少しずつ支払っているようです。


 


夫の両親は資産はなく年金だけなので、両親から請求は出来ないということなのでしょうか?


 


もし公正証書を作成する場合、どこに依頼してどのくらいの金額なのでしょうか?


 


箇条書きっぽくなってしまい申し訳ありませんが、よろしくお願いいたします。


 

専門家:  supertonton 返答済み 4 年 前.

ご相談いただきまして誠にありがとうございます。

順番にわかる範囲でご回答致します。

1、基本的に愛情が無いのであれば、復縁は意味が無いかもしれません。

ただ、離婚の経緯が分からないので何とも言えないところです。

2、不動産の財産分与が無かったと言うのも荒っぽい話です。

3、今後、何らかの形で、借金の肩代わりをされるなら、不動産の名義変更を

していただいて、ローンはご相談者様が支払えるようであれば支払って

元ご主人様達には出て行っていただくか、相応の家賃を支払ってもらう形です。

それ以外は、相手が支払いが更に滞れば、どちらにしろご相談者様に

支払請求が来るでしょうし、競売か民事再生か悪ければ自己破産がおちです。

4、基本的に、年金だけの受給者を連帯保証人等には不動産ローンの場合は

できないことが多いのです。単に名前だけみたいなことで、結局はご相談者様

頼りになってしまいます。

5、今回のケースは充分な注意が必要ですが

公正証書の作成は、民事法務専門の行政書士か弁護士の先生にご依頼されると良いでしょう。

ご自分達でも作成できない訳ではないですが、面倒ではあります。

経済的なことを考えれば行政書士の先生が比較的お安いと思います。

5万円から10万円の報酬額と、対象金額により別途、公証人手数料がかかります。

頑張って下さい。

supertontonをはじめその他名の法律カテゴリの専門家が質問受付中

法律 についての関連する質問