JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
fplawyerに今すぐ質問する
fplawyer
fplawyer, 弁護士・1級FP技能士・CFP
カテゴリ: 法律
満足したユーザー: 372
経験:  弁護士・1級FP技能士・CFP
71156846
ここに 法律 に関する質問を入力してください。
fplawyerがオンラインで質問受付中

はじめまして、宜しくお願い致します。 私は63歳です、10年前に二世帯住宅を建て、長女夫婦(子供はいません)と同居

質問者の質問

はじめまして、宜しくお願い致します。
私は63歳です、1 0年前に二世帯住宅を建て、長女夫婦(子供はいません)と同居ですが、玄関は一緒で水廻りは別です。
以前から時々有ったのですが、申し入れないと家賃を払ってくれません。
親子なので賃貸契約はしていませんが、8月から滞納しています、恥ずかしい話で申し訳ありませんが、お酒の勢いもあって、家賃を払いなさいと大きな声を出してしまいました。
私は週2日パートで働いていますが、このまま滞納が続くと住宅ローンが払えなくなってしまいます。
長女夫婦は家を建てるときに、頭金とかの費用は一切出していません。
ローン、家名義は私です。
もっと困った事おき、簡易書留(送り主は娘の夫)で、この間の迷惑行為に対して損害賠償金を払えと言ってき、家賃とは認識していないで、今まで払ったのは「貸付金」だと主張し、法的利息を付け一括で返済して下さいと有り、尚且つこの家の相続を100%または75%で公正証書を作って交付を要求しています。
なんだかよく判りません。
娘の夫は、不動産関係の仕事しています。
通知が来てから体調を崩しています。
どうか良い方法を教えてください、助けてください。
長文で失礼します、よろしくお願い致します。
投稿: 4 年 前.
カテゴリ: 法律
専門家:  fplawyer 返答済み 4 年 前.
お答えいたします。
よろしくお願いいたします。

ご心労お察しいたします。

ご相談を拝見しますと、損害賠償請求、公正証書作成要求など、法律的な問題もありますが、娘さんの夫とのトラブルで、親族間の感情面も含めた問題であろうと感じております。

このような場合、感情面や、人間関係面で、改善すれば、表面的な問題(損害賠償等)についても、解決する場合が多いのですが、まずは、法的な面の説明を致します。

「この間の迷惑行為」とは、具体的 には、大声を出したり、家賃要求をしたことでしょうか。
 そうだとすると、たしにかに、大声を出すことは不穏当ですが、家賃の負担を求めることは当然といえますし、その支払いがない場合に、感情的になってしまうのもやむを得ないものと思います。
この行為だけをとらえて損害賠償というのは、ほとんど認められないと思います(相談に現れていない事情があれば別ですが)。
ですから、損害賠償請求される、という点について心配なさらず、関係修復の手段を検討してみて下さい。

次に、遺言ですが、遺言は完全に作成者(遺言する方。財産を残す方)の自由に作成できるものですし、法定相続分に反する遺言も作ることができるくらいなので、このような要求に応える必要はありません。

最後に、貸付け金、という主張ですが、金銭交付の時点で「貸付け合意」がない限り、貸付け金とはいえません。
義理親子間で、二世帯住宅をたてて、ローンの一部負担をすることは世間に多くあることですから、ローン負担分として受領してきたという説明は不合理ではなく、信用性はあると思います。
むしろ、貸金の場合、なぜ定期的に貸し付けを受ける必要があるのかなど疑問に思います。

ですから、貸付けという主張もそれほど気にしなくていいと思います。


さて、相手方のこのような行為は、第三者、または弁護士からみると、無理な主張をしていると感じます。
このような極端な態度をとったのはやはり感情面が大きいのかなと推測しております。それ故に、嫌がらせ的に、極端な行為をとっているのではないかと思っております。

どうでしょうか。そのような雰囲気はありませんか。

わたくしは、お互いの関係や性格について存じ上げないので、なんとも具体的にアドバイスはできないのです。
感情的な面や性格的な面がトラブルのおおきな原因になる場合、やはり、お互いをよく知っている当事者さんから情報をいただかないと何ともいえないのです。

一般論で申し上げれば、
1 負担分をもらわないとローン支払に困るという状況を収支をしめして説明し、
2 負担をお願いすること
3 ただ、声を荒げたことは、不穏当でしたので、この点についてはきちんと謝罪する、
ということをするのがいいのではないでしょうか。
もちろん、謝罪文にして、きちんと形にすることも良いと思います。

以上といたしますが、もし、さらに疑問等あればお問い合わせ下さい。

fplawyerをはじめその他名の法律カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 4 年 前.

先程回答有難うございました。


もしですが、これから家賃が支払われないようであれば、あまりしたくはありませんが、法的に明け渡しは可能ですか?


と言うのは、すぐ近くには妹夫婦(子供が3人で5人)が暮らしていますが、築30年位のマンションで間取りも狭く、毎月15万円かかります、生活が苦しそうです。


変えられるなら、変えて欲しいですが、無理でしょうか?

専門家:  fplawyer 返答済み 4 年 前.
ローンの一部相当額の負担がどのような意味合いの金銭かについての具体的な事実の認定によって異なると思いますので,以下検討します。

まず, (1)賃貸借と認定できる場合。
この場合,賃料の不払いがあるので債務不履行を理由に,契約を解除する,という方法が考えられます。

ただ,賃貸借契約は継続的な契約関係なので,簡単に解除できず,賃料不払いとそのほかの事情から,賃貸人と賃借人との信頼関係を破壊する程度に至っていると認定される場合が必要です(例えば使用の仕方がひどいとか)。ただし,裁判の場合,これは相手方の反論となる事項で,こちらからから積極的に主張・立証する必要はありません。

また,賃料不払いの事実があっても,親子故に猶予していた等と判断されることもあるでしょう。

次に,もらった金銭は単に扶養とかのための贈与に過ぎず,住宅使用の対価ではない,と認定できる場合です。この場合,家をただで貸していた,ということになり,これを使用貸借といいます。使用貸借は,賃貸借と異なり,比較的容易に返還請求できます(つまり,明渡し請求できます)
__________________
民法597条  
1 借主は、契約に定めた時期に、借用物の返還をしなければならない。
2  当事者が返還の時期を定めなかったときは、借主は、契約に定めた目的に従い使用及び収益を終わった時に、返還をしなければならない。ただし、その使用及び収益を終わる前であっても、使用及び収益をするのに足りる期間を経過したときは、貸主は、直ちに返還を請求することができる。
3  当事者が返還の時期並びに使用及び収益の目的を定めなかったときは、貸主は、いつでも返還を請求することができる。
__________________

ほかに,受領しているお金は,ローンの返済資金であり,実質的に共同購入だったという場合も考えられます。この場合は,自宅は共有と言うことになるので,原則追い出せません。しかし,本件で,このような認定になることは考えにくいと思います。

そこで,具体的な対応ですが,賃貸借とみられると,明渡しをできるかは,もっと具体的な事情を見ないと判断しかねますが,不払いがある以上,まずは,債務不履行を理由に解除して明渡しを求めていいでしょう。解除が有効となるかどうかは,最終的には,相手が裁判で反論しなければ成りません。

以上の通りですが,親族間の紛争ですから,解除とか,法律的な主張にこだわらず,任意に退去してもらうことを話し合った方が良いように思われます。そのなかで,どうしても,相手を説き伏せるのに必要な場合に,使用貸借に過ぎないから,すぐに返還してほしいとか,賃貸借でも債務不履行がある,という主張をつかって,相手方に検討してもらうというのが穏当ではないでしょうか。

どうぞ,ご一考ください。

法律 についての関連する質問