JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
jo-banに今すぐ質問する
jo-ban
jo-ban, 弁護士
カテゴリ: 法律
満足したユーザー: 2613
経験:  慶應義塾大学卒業。茨城県において法律事務所経営。
67881597
ここに 法律 に関する質問を入力してください。
jo-banがオンラインで質問受付中

私有地に無断で侵入して私有の植木の枝をずたずたに折られてしまいました。故意にやったことは明らかなのですが、被害届を出

解決済みの質問:

私有地に無断で侵入して私有の植木の枝をずたずたに折られてしまいました。故意にやったことは明らかなのですが、被害届を出したり刑事訴訟は可能ですか?証拠はないが近所のある人物に心当たりがあったので、問い詰めると話をはぐらかそうとしたので、間違いないと思います。どうぞよろしく。
投稿: 4 年 前.
カテゴリ: 法律
専門家:  jo-ban 返答済み 4 年 前.
弁護士です。

警察も、まったく証拠がないと動けません。
税金で動く組織ですから、何も根拠がない事件に動くことを正当化できないのです。
被害者からすればたまったものではありませんが、現実なのでやむを得ません。
ですから、最低限の証拠を作ってから警察に被害届を出しましょう。

刑事訴訟は質問者様が起こすのではなく、検察官が起こすものです。
被害届を出して、警察が必要に応じて捜査を開始し、検察庁に事件を送ります。
そこで、検察官が刑事裁判にするかどうかを決めるのです。
ですから、被害届・刑事告訴が出発点になります。

折られた植木の写真、心当たりのある人物との会話の録音、思い当たる節のある相手の動機などをまとめて警察に行くことで、被害届・刑事告訴の受理可能性は高まります。
jo-banをはじめその他名の法律カテゴリの専門家が質問受付中

法律 についての関連する質問