JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
gyoenlegalに今すぐ質問する
gyoenlegal
gyoenlegal, 司法書士
カテゴリ: 法律
満足したユーザー: 485
経験:  中央大学法学部卒業渉外法律事務所・司法書士事務所を経て新宿にて司法書士事務所を開業
70015703
ここに 法律 に関する質問を入力してください。
gyoenlegalがオンラインで質問受付中

当院では、同意書を二部発行します。患者様控えと病院控えです。両方に医師のサインがあるようにしています。しかし、最近来

解決済みの質問:

当院では、同意書を二部発行します。患者様控えと病院控えです。両方に医師のサインがあるようにしています。しかし、最近来られた医師が患者控えの手術同意書にサインをしてなかった為、して頂く様申すと、患者控えの手術同意書にはサインをしなくていいと弁護士に確認している。法的に問題ないと反論します。私は最近来られたばかりで患者様も医師の名前を覚えていない事そして、説明した責任として、患者控えの手術の同意書にサインすべきだと存じます。本当に、患者控えの手術同意書にサインしてなくても、問題ないのでしょうか?
投稿: 4 年 前.
カテゴリ: 法律
専門家:  gyoenlegal 返答済み 4 年 前.
当方は司法書士です。
わかり易い回答を心掛けておりますが、分からない点がございましたらお気軽にご質問ください。
お力になれましたら 幸いです。

患者様控えと病院控えの両方に署名を求められているとのことで、非常に丁寧な対応だと思いますよ。
ですのでできる限り続けられたらよろしいかと存じます。

ただ法律カテゴリでの相談ですので、"法的に"「患者控えの手術同意書にサインしてなくても、問題ないのでしょうか?」のご質問に回答させていただきますと、手術同意書は後々トラブルが起きた場合のための証拠といえます。
患者側のためもありますが、どちらかというと大きくは病院側を守るために書類と言えますので、病院側が受け取る同意書にサインがあれば、大丈夫です。
仮に裁判になって患者側は署名をしていないと言ってきても、病院側に署名入りの同意書があるわけですからそれを証拠として提出すれば裁判所は同意があったと認定してくれる可能性が高いです。
病院側に署名入り同意書を差し入れている以上患者側が署名入りの控えをもらっていないから同意がないという主張では、裁判所は認めないと思いますので、控えにサインがなくても法的にはまず大丈夫というのが回答になります。

手術同意書の取り方は各病院によって様々だと思います。
今まで通りのやり方を行っていただき、そういう主張をしてくる方にだけ柔軟に対応すればよろしいかと存じます。

わからない点がございましたら、お気軽にご返信ください。
質問者: 返答済み 4 年 前.

迅速なご解答感謝いたします。法的には問題ないとは言え、私が脳外科の手術を受ける際、自分の控えの同意書に医師のサインがないと不安で不信感があり、誠意に欠け、責任を果たしたとは言えないと思います。


TVで行列のできる法律相談所と言う番組で、5名ぐらいの弁護士が質問に対して解答をするのですが、全員一致の解答は見た事がありません。よって、


この医師は誠意がない責任を果たしていないと言う考えの弁護士もいる可能性もいると思いますが、いかがでしょうか?もし問題ありと言う考えの弁護士がいる可能性はありますか、サインなくても絶対大丈夫と言えますか?

専門家:  gyoenlegal 返答済み 4 年 前.

ご返信ありがとうございます。

>私が脳外科の手術を受ける際、自分の控えの同意書に医師のサインがないと不安で不信感があり、誠意に欠け、責任を果たしたとは言えないと思います。
・・・この医師は誠意がない責任を果たしていないと言う考えの弁護士もいる可能性もいると思いますが、いかが でしょうか?もし問題ありと言う考えの弁護士がいる可能性はありますか、サインなくても絶対大丈夫と言えますか?
→当然この医師の対応で問題ないという考え方もあるでしょうし、問題ありとする考え方もあるでしょう。どちらに視点を置くかで考え方は当然変わります。
物事に完璧というのはめったにありません。ですので、法的に絶対大丈夫という回答もありません。
今回の場合も極論してしまえば、同意書に医師のサインがあっても、手術に携わるすべての方から説明をしサインがないと責任を果たしたとは言えないとも言えます。その意味では同意書は気休めにすぎません。
ただ、同意書があるのとないのでは大違いです。私はここまで説明しましたよと証明する場合書面がないと第三者(究極的には裁判官)に、認めてもらうことはできません。
手術同意書は上述しましたが、医師側を守る証拠です。
確かに患者側に立てば自分がもらう同意書の控えに、医師の署名があったほうが安心ですが、医師の署名入りの同意書が存在していることは患者側もわかっているわけですから、敢えて医師の署名入りの同意書を渡さなくても、欲しければ個人情報開示請求や裁判所・弁護士を通じてもすぐ開示を求めることが可能な書類ですので、同意書の署名がないことの不誠実な対応に対して損害賠償をしてきても裁判ではまず認められない請求と言えます。

なお、最初に申し上げた通り、この点は考え方によって変わります。
病院として誠意を尽くしたいなら、患者控えにサインをしないのであれば病院側の同意書のコピーを患者に渡す対応をとられてもよろしいかと存じます。また従前より"病院の決まりとして"こういう対応をとっているのであれば、そこで勤務医として働かれて以上、指揮命令系統下に置かれていると言え、病院の決まりにはある程度は従わなければいけません。

gyoenlegalをはじめその他名の法律カテゴリの専門家が質問受付中

法律 についての関連する質問