JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
shihoushoshikunに今すぐ質問する
shihoushoshikun
shihoushoshikun, 司法書士
カテゴリ: 法律
満足したユーザー: 2225
経験:  東京司法書士会所属
67942392
ここに 法律 に関する質問を入力してください。
shihoushoshikunがオンラインで質問受付中

手書きの示談書に署名捺印しました その内容の中にこの内容のことは第三者に言ってはいけないと書いてあったと思います

解決済みの質問:

手書きの示談書に署名捺印しました
その内容の中にこの内容のことは第三者に言ってはいけないと書いてあったと思います
口頭で弁護士にもといわれたきがするんですけど
弁護士全てを言いたいのですが示談書の内容を言ってもよろしいのでしょうか?
示談書の内容を変えたいのですが
お願いします。
投稿: 4 年 前.
カテゴリ: 法律
専門家:  shihoushoshikun 返答済み 4 年 前.
司法書士です。よろしくお願いします。


まず、示談書の内容について一度署名捺印してしまったのであれば、それを覆すのはとても困難なことであるということをご理解ください。両者で合意した内容は守られるべきものと法的にみなされるからです。

ただ、示談の内容があまりにも一般常識とかけ離れて いる、という場合は無効になる可能性はあります。

それを判断してもらうために弁護士に示談書を見てもらうことは、何ら問題ありません。
示談書に記載されている、第三者に内容を言ってはならない、というのは内容の秘密を守るためです。
弁護士は質問者様の代理人となり、依頼内容の守秘義務を負っていますので、相手の不利益にはならないので示談書の内容について相談することは可能です。

一度、示談書を見てもらって、既に交わされた示談を覆すことができるかどうかを相談することをお勧めします。
専門家:  shihoushoshikun 返答済み 4 年 前.
回答をご覧いただけたようですが、不明な点がありましたか?
回答閲覧後は「下記署名欄の対応」をしていただきますようお願いします。
ちなみにジャストアンサーは無料相談サイトではありません。
回答閲覧後に評価しないでいてもサイトに対しては料金が発生しますので、ご理解ください。
shihoushoshikunをはじめその他名の法律カテゴリの専門家が質問受付中

法律 についての関連する質問