JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
jo-banに今すぐ質問する
jo-ban
jo-ban, 弁護士
カテゴリ: 法律
満足したユーザー: 2613
経験:  慶應義塾大学卒業。茨城県において法律事務所経営。
67881597
ここに 法律 に関する質問を入力してください。
jo-banがオンラインで質問受付中

市営住宅に住んでいます。4年前に水漏れを起こしてしまい、その際は謝罪し、相手の請求通り、カーペットや照明器具など弁償

質問者の質問

市営住宅に住んでいます。4年前に水漏れを起こしてしまい、その際は謝罪し、相手の請求通り、カーペットや照明器具など弁償しました。それで済んだものと思っていたら、数日 前突然、「あんたの水漏れが原因で家の天井の壁が落ちてくる。なんとかしてくれ。」と言ってきました。4年前のことであり、現在天井の壁が落ちることについては、こちらに責任があるかないかという証明はできないと考え、相手の要求に応えない(出張していたこともあり留守にしていました)と、「弁護士をたてて告訴する」とも言ってきました。
相手はなんとしてもこちらに天井の壁の修理を要求したいようです。どのような対応をしたらいいでしょうか。
こちらに非があるのでしょうか。教えて下さい。お願いします。
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 法律
専門家:  jo-ban 返答済み 5 年 前.
弁護士です。

まず、本件については時効が成立している可能性が高いです。
不法行為の時効は、被害及び加害者を知ってから3年です。
本件は、事故のときに質問者様が加害者であることを、被害者は知っていたでしょうから、
そのときから時効は進行しているものと考えられ、4年経った今、時効は成立しています。
ですから、責任の所在うんぬんを考えるまでもなく、今回の請求に応じる必要はありません。

ただし、事故から1回目の弁償までに1年以上かかった場合には別です。
そこで時効が中断しているからです。

すなわち、弁償から3年経っていれば時効完成です。

仮に時効が成立していないとしても、
そして質問者様がおっしゃるとおり、
今回の天井の件と水漏れの件は因果関係が不明ですので、
いきなり要求に応じる必要もありません。
相手に因果関係を立証させてから応じればいいのです。

法律 についての関連する質問