JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
gyoenlegalに今すぐ質問する
gyoenlegal
gyoenlegal, 司法書士
カテゴリ: 法律
満足したユーザー: 485
経験:  中央大学法学部卒業渉外法律事務所・司法書士事務所を経て新宿にて司法書士事務所を開業
70015703
ここに 法律 に関する質問を入力してください。
gyoenlegalがオンラインで質問受付中

17年前に、友人の借金を連帯保証せよと訴えられ、借り入れ額での抵当権が設定されました。自分では、連帯保証をしたつもり

解決済みの質問:

17年前に、友人の借金を連帯保証せよと訴えられ、借り入れ額での抵当権が設定されました。自分では、連帯保証をしたつもりはありません。したがって、一切の返済はしていません。また、催告をされてもいません。その後、抵当権者が裁判所に提訴したこともありません。時効は、とっくに成立していると思いますが、5年以上前に、抵当権者が死亡していることが分かり、司法書士に協力依頼して本籍地を探しましたが、探し出せません。時効の援用手続きができませんが、時効成立を確定する方法は、どのようにするのですか。
投稿: 4 年 前.
カテゴリ: 法律
専門家:  gyoenlegal 返答済み 4 年 前.

当方は司法書士です。

お力になれましたら幸いです。

 

①5年以上前に亡くなったという事実は何から判明したのですか?

②司法書士に協力依頼をしたとのことですが、登記簿上の住所地の市役所には住民票の除票の請求はしたけども保存期間が切れていて取れなかったという事でしょうか?

③時効援用の目的は、設定されている抵当権の抹消をしたいからという事でよろしいでしょうか?

④また主債務者である友人もこの17年間相手に支払いをしていませんよね?

 

お手数ですが教えてください。

質問者: 返答済み 4 年 前.

①住民票の除票の申請
②5年以上が経過し、保存期限が過ぎていた。


③抵当権の抹消を希望


④主債務者は、抵当権設定以前に、失踪しており、その親類縁者も行方を知らないと言っている。返済する財力を回復くしているとも思えず、返済できる金額(2,000万円)ではないので、返済する気力もないはず。

専門家:  gyoenlegal 返答済み 4 年 前.

ご返信ありがとうございます。

 

抵当権抹消を最終的な目的とされていることで理解致しました。

 

本件のように、相手方が行方不明で抵当権抹消登記手続きはおろか時効援用すらできないケースの場合、抵当権抹消請求"訴訟"を裁判所に起こして、裁判所の勝訴判決をもらって抹消することになります。

時効の援用についても行方不明ですから、訴状に記載して裁判の中で主張することになります。

相手方が行方不明なのに、裁判は起こせるのかというと一応起こすことは可能です。相手方の住所はわかっている最後の住所地を書いておきます。

当然訴状を送っても届かないでしょうから、裁判所から調査しなさいといわれます。

そして、最後の住所地に行ったが、もうその場所には住んでおらず、役所で住民票の除票を取得しようとしたが保存期間が経過しており、それ以上の調査はできないという報告書を出します。そしてその書面と合わせて公示送達の申し立てをします。

公示送達とは、簡単に言うと、送達ができない相手方に対して、裁判所の掲示板にあなたは訴えられていますよ。詳しくは書記官まで連絡くださいという張り紙を出し、2週間何もなければ相手方に裁判所の書類が届いた扱いにする手続きです。

相手方への書類の送達ができればやっと裁判は前に進みます。相手方が反論も出さずに欠席した場合は、こちらの主張を全部認めたことになりますので、ここまでくればすんなり主債務消滅により、保証債務も附従性で消滅するから抵当権の抹消登記を相手方の協力なしに行ってもいいという判決がでます。この判決をもとに抵当権を抹消していきます。

 

なお、本件は相手方がなくなっているかもし れないとのことですので、公示送達ではなく、相手方の相続人の代わりとなる特別代理人というのを選任してくださいと裁判所からいわれるかもしれません。特別代理人というのは、これも簡単に言うと相手の代わりに訴訟をやってくれる人です。特別代理人の候補はこちらでも出すことができますので、事情が分かってくれる人を選んでもらって、その特別代理人にこちらの言い分を認めてもらうという方法で、抵当権抹消登記をしてもいいという判決をもらって抵当権を抹消していくことになると思われます。

 

これらの手続きは一般の方ですと少々難しいので、弁護士さんに代理してもらうか司法書士に書類だけ作ってもらうという対応をされた方がよろしいかと存じます。

質問者: 返答済み 4 年 前.

特別代理人を裁判所が選定する場合、その費用はどのくらいで、だれが負担するのですか。

質問者: 返答済み 4 年 前.

特別代理人の選定に係る費用など、抵当権抹消手続きに要する概算費用を教えてください。総額が判らないと、裁判所への申し立てに踏み切れません。

専門家:  gyoenlegal 返答済み 4 年 前.
ご返信されるときはマイナス評価をつけずただ返信だけをしてください。
宜しくお願いします。

>特別代理人の選定に係る費用など、抵当権抹消手続きに要する概算費用を教えてください。総額が判らないと、裁判所への申し立てに踏み切れません。
→抹消登記手続き請求訴訟を起こす際に納める印紙代は今回の金額(2000万円)ですと5万円ほどでそれに切手代は1万円弱です(切手代は裁判所によって異なります)。
この他弁護士さんを依頼する場合は弁護士さんの報酬が発生します。
弁護士さんの報酬は事務所によって異なりますが、本件の事案ですと50万円くらいは見といた方がよろしいかと思われます(依頼される際に概算を教えてくれます)。

>特別代理人を裁判所が選定する場合、その費用はどのくらいで、だれが負担するのですか。
→特別代理人の費用はこちら側で負担します。金額は事案の概要に応じて裁判所が決めますが最低10万円はすると思ってください。
gyoenlegalをはじめその他名の法律カテゴリの専門家が質問受付中

法律 についての関連する質問