JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
supertontonに今すぐ質問する
supertonton
supertonton, 行政書士
カテゴリ: 法律
満足したユーザー: 4868
経験:  中央大学卒平成14年行政書士登録離婚・相続等の法務手続の専門家
61894004
ここに 法律 に関する質問を入力してください。
supertontonがオンラインで質問受付中

はじめまして。 実はタイ在住の日本人による詐欺行為に巻き込まれてしまいました。 某ブログにて知り合った現地在住の

質問者の質問

はじめまして。
実はタイ在住の日本人による詐欺行為に巻き込まれてしまいました。
某ブログにて知り合った現地在住の日本人から、タイ資産家将来日本での在住を希望しており、その手段として日本企業に対して投資したいとの事で、だれか紹介してくれないかと言われました。
もし契約となると私に5%の謝礼が入るといわれており、ある掲示板で知り合った会社社長を
紹介しました。
契約については日本で行うとの事で、資産家を日本に招待してほしいとのことで、ビジネスクラスの航空券費用
の負担を社長にするよう要求がありました。それを伝えた上で、社長はっ費用負担を了承し、新規事 業を進めるべく銀行との交渉を進めていたんですが、費用を銀行送金ではなく、ウエスタンユニオンというサービスを使うよう指示されたことからおかしいと思い、ネットでいろいろ調べました結果、ある詐欺に関する掲示板で約1年前に同様の詐欺被害を受けた書き込みがありました。
すぐに現地の日本人に連絡して状況を話して断ったところ、あっさり「わかりました」との事で詐欺と確信しました。
ただ、自分が悪いのですが、今回の話が否決されたと嘘を言ってしまいました。
その社長はすでに自己資金について銀行と話をしてしまっているため、いまさらなかったことは無理との事
後程本当のことをお話しするつもりですが、かなり大がかりな事業がとん挫する状況と思われます。
投資家の紹介(実際には自分が窓口役となってしまいました)をしたのが悪いのですが、
万一責任を追及されてもどうにもなりません。
これからどうしたらよいのか、どうなるのか心配で相談させていただきました。
よろしくお願いいたします。
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 法律
専門家:  supertonton 返答済み 5 年 前.

初めまして、民事法務手続専門の行政書士のsupertontonでございます。

それは大変お困りのことと思います。

ご心痛お察し申し上げます。

 基本的に、すべてがネット経由のお話であり、相手の社長様も

実際に会ったことも無い方のお話を信じて、銀行に融資までしてもらうとは

逆に信じられない話です。ビジネスや投資はもっと慎重にすべきです。

そう言う意味では、相手の社長様にも過失があったとも言えます。

ウエスタンユニオン自体が問題があるとは思いませんが

日本の渡航費用を相手に出させると言うのは、投資家としてどうかとは思います。

詐欺がどのようなものかはわかりませんが

ご相談者様が、否決されたと伝えたのであれば、それはそれで仕方が無いと思います。

詐欺にあっていればもっと悲惨な結果になっていたでしょう。

ただ、事業計画が途中で止まったと、社長様は、ご相談者様に損害賠償を求めてくる

可能性はあります。

そう考えるとやはり、正直に、社長様にご事情を話した方が

問題は大きくならなくて済むでしょう。

具体的にはどういう詐欺の内容だったのでしょうか?

よろしければ、差し支えない範囲で情報をお願い致します。

質問者: 返答済み 5 年 前.

ご返答ありがとうございます。


よろしくお願いいたします。


 


詐欺内容としては振り込め詐欺にあたるかと思います。


 


ビジネスクラス航空券代約175000円を2名分の請求がありました。


事業主負担の趣旨につて説明を求めたところ、どちらでもいいのですが資産家さんに対しての印象がよくなるとの事でした。その旨を社長にお伝えしまして了承をもらった次第です。


しかし、投資額の振り込みや、私への謝礼はネットバンキングで翌日には確認可能との事でしたが、こちらからはウエスタンユニオンでないとNGと言われており、かつ受取人はやり取りをしている倉持ではなく、別の人ということでした。聞くと資産家さんの関係方だといわれました。もう一人中村という秘書がいたんですがその方ではないようなことを言っていました。昨日から詐欺についてネットで検索していたところ、とある掲示板に同じ内容の被害について書き込みがありまして、詐欺と確信した次第です。


 


手口として、相手はバンコク在住で、毎日ブログにタイの情報を更新していたが、詐欺行為(入金確認)が完了すると電話もメールも断ち切られ、ブログも記事がすべて消去されていたということです。


私の状況と全く同じ内容でした。


倉持と中村のパスポートコピーはもらいましたが、パスポートの顔写真ページのとなりにあるはずの外務大臣の印があるページがついていませんでした。もしかすると偽造なのかと疑ってしまう内容のものは私も所持しているのですが、この書き込みにもパスポートのコピーを添付で受領しているそうです。


そういう点からも同一人物によるものではないかと思っています。


 

専門家:  supertonton 返答済み 5 年 前.

ご相談いただきまして誠にありがとうございます。

少しネットで調べてみましたが、その手の内容の詐欺は見つけることが

出来ませんでした。私の調べ方が悪かったかもしれません。

ただ、そうすると、航空運賃を騙し取るような詐欺ということでしょうか?

背景が分かりませんが、かなり大掛かりなことをしているのであれば

17万5千円分を2名分、およそ35万円と言うのは、微妙な額かもしれません。

実際には大したことをしなくて35万なら、かなり相手が得をしたことになるかもしれません。

ただ、実際問題として詐欺罪で告訴しても、弁護士費用で赤字と言うのは

あり得ます。相手方もそこを狙っているのでしょう。

被害に遭わなくても詐欺の未遂罪はありますので、警察に報告しておくのも手です。

詐欺にあったとなれば、相手の社長様に対しても言い訳がきくでしょうし

銀行にも対抗は出来る可能性があります。

このあたりは第三者の詐欺にあたるので、法的にはいろいろな解釈があり

ケースバイケースですので、司法に判断をゆだねるしかない場合もあります。

前述した通り、正直に社長様に告げられて対応を考えた方がよろしいでしょう。

頑張って下さい。

法律 についての関連する質問