JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
supertontonに今すぐ質問する
supertonton
supertonton, 行政書士
カテゴリ: 法律
満足したユーザー: 4612
経験:  中央大学卒平成14年行政書士登録離婚・相続等の法務手続の専門家
61894004
ここに 法律 に関する質問を入力してください。
supertontonがオンラインで質問受付中

このような相談のサイトに 感謝します。 パートナーとの離婚を考えています。 境界型人格障害の疑いがあるのですが、本人の受診はまず無理だとおもわれます。 8年前

質問者の質問

このような相談のサイトに 感謝します。
パートナーとの離婚を考えています。
境界型人格障害の疑いがあるのですが、本人の受診はまず無理だとおもわれます。
8年前 暴れた時にパトカーを呼び 警察官の前で包丁を持ち、自傷行為をしようとした為 パトカーで連れられて 署にて 2泊した過去があります。
その記録を手にいれることは可能でしょうか。
可能であるならば 方法を教えていただきたいです。
よろしくお願いします。
投稿: 4 年 前.
カテゴリ: 法律
専門家:  supertonton 返答済み 4 年 前.

初めまして、夫婦・男女問題法務手続専門の行政書士のsupertontonでございます。

それは、大変お困りのことと思います。

ご心痛お察し申し上げます。

 まず、刑事事件の取り調べ調書に関しては、起訴されたものは公開が可能です。

不起訴の場合は、個人のプライバシー保護の観点から、原則、非公開です。

一般的には閲覧だけが許可されます。デジカメで撮るのは大丈夫なようです。

離婚理由を、配偶者様の病気とすることは、以前はかなり難しかったのですが

(裁判上の離婚理由には、重篤な精神病とあります。)

最近では、統合失調症レベルでも離婚を認めている部分もございますので

お話からは、離婚が可能かもしれません。

 後は、そのような状況では、婚姻の継続ができないと言うことで

婚姻の継続ができない重大な事由として対応されると良いと思います。

精神疾患を理由とするのであれば、家族の立場で、心療内科や保健所に

相談に行くことも一つの証拠になるでしょう。

それ以外に、別居は、最大の離婚理由になりますので、積極的に別居をされることかもしれません。

だいたい、1~2年の別居で、調停等すれば、離婚を調停委員に促される可能性が

高いですね。

頑張って下さい。

法律 についての関連する質問