JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
gyoenlegalに今すぐ質問する
gyoenlegal
gyoenlegal, 司法書士
カテゴリ: 法律
満足したユーザー: 485
経験:  中央大学法学部卒業渉外法律事務所・司法書士事務所を経て新宿にて司法書士事務所を開業
70015703
ここに 法律 に関する質問を入力してください。
gyoenlegalがオンラインで質問受付中

自己破産申請中を知らされずに知人にお金を貸したのですが、訴えて返してもらえますか?

解決済みの質問:

自己破産申請中を知らされずに知人にお金を貸したのですが、訴えて返してもらえますか?
投稿: 4 年 前.
カテゴリ: 法律
専門家:  gyoenlegal 返答済み 4 年 前.

当方は司法書士です。
回答がついておりませんでしたので、アドバイスさせていただきます。
お力になれれば幸いです。

確認させてください。

今から起算して貸した日は7年以上経っていますか?

債権者名簿に載せていたら裁判所から通知が来るはずですが、そのような通知はあなたに来ましたか?

貸した当時借用書を作成していますか?振り込んだ記録だけですか?

質問者: 返答済み 4 年 前.

貸したのは今から6年8ヶ月前です。


相手が破産手続開始したのが、その2ヶ月ほど前ですし、裁判所からの通知は来ていません。


借用書は作っていません。振り込んだ通帳の記録と数ヶ月後の「返済を待って下さい。」の相手からのメールは残っています。


よろしく回答お願いします。

専門家:  gyoenlegal 返答済み 4 年 前.
遅くなりました。


①「自己破産申請中を知らされずに知人にお金を貸したのですが、訴えて返してもらえますか?」
②「この事実から私は相手を詐欺等で訴えることができますか?それはどのような罰則になるのでしょうか? 」
③「貸したお金は慰謝料、遅延延滞金を含めてどの位返ってくるのでしょうか?」
④「そして相手が知人だったので悪意がなかったと言ってきた時にどう反論すればよいでしょうか?」
の質問について回答いたします。

>①②について
→詐欺罪に問うためには"あなたを騙す意思"を持ってお金を交付させたことが必要になりますが、内心の立証は非常に難しく、男女間の金銭の貸し借りが発端となっており、その金銭についても詐欺被害としては少額の部類に入り、期間もかなり経過していることからそもそも警察が動いてくれるとは思えず刑事での責任追及は困難です。試しに相談に言ってみてもいいですが本件は民事で解決すべきだと言われるはずです。

では相手が破産しているのに返還請求できるかと言うと、本件の場合は可能かと存じます。
破産においていつの時点の債務がチャラに なるか(法律上、免責といいます)と言うと、破産開始決定(昔は破産宣告といっておりました)が出た時点であり、免責審尋の時の債務ではありません。あなたが貸した時点は「破産手続を開始して、免責意見申述期間が終わる2週間前と1週間前に10万円ずつ振り込んで貸していた」とのことで、破産開始決定(破産宣告)後ですので、免責になる債権ではありません。
仮に開始決定前に貸していたとしても、破産法第253条1項6号において、破産者が知りながら債権者名簿に記載しなかった請求権は、免責されないという規定があります。
明らかにあなたへの債務は女性からしてみれば知れたる債務であると言えますので、それを債権者名簿に載せなかったのですから、免責できないと解することが出来ます。

③について
→金銭債権については、返還が遅れたことによる慰謝料を取ることが出来ません。
その代わりに民法上遅延損害金を付加することが出来ると言う規定があります。今回は借用書が無いとのことですので、返還期日の翌日から年5%の金利を付加することが出来ます。

【関連条文 民法】
(金銭債務の特則)
第419条
金銭の給付を目的とする債務の不履行については、その損害賠償の額は、法定利率によって定める。ただし、約定利率が法定利率を超えるときは、約定利率による。
(以下省略)

(法定利率)
第404条
利息を生ずべき債権について別段の意思表示がないときは、その利率は、年五分とする。

④について
→民事上の返還請求の際に悪意があったのかなかったのかは無関係です。返還期日を守らかった以上こちらは訴える事が出来ます。
借用書等があれば一番いいですが、「振り込んだ通帳の記録と数ヶ月後の「返済を待って下さい。」の相手からのメールは残っています。」とのことですので、これで貸し借りの立証は出来るかと存じますので、破産を盾に返還を拒むようであればお早めに訴える事をお勧めします。なお、ご自身でやるのであれば少額訴訟でもいいかと思います。
gyoenlegalをはじめその他名の法律カテゴリの専門家が質問受付中

法律 についての関連する質問