JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
shihoushoshikunに今すぐ質問する
shihoushoshikun
shihoushoshikun, 司法書士
カテゴリ: 法律
満足したユーザー: 2258
経験:  東京司法書士会所属
67942392
ここに 法律 に関する質問を入力してください。
shihoushoshikunがオンラインで質問受付中

別居中の夫が突然に家に来て来月からお金渡せなくなったと一方的に言われてしまいました。10月分の生活費は2万円不足にさ

解決済みの質問:

別居中の夫が突然に家に来て来月からお金渡せなくなったと一方的に言われてしまいました。10月分の生活費は2万円不足にされ 11月分の生活費は4万円も不足にされています。3人の子供とこれからどうしたらいいのか  母子で住んでいるアパートの家賃も払えなくなるようなことも言われました。
投稿: 4 年 前.
カテゴリ: 法律
専門家:  shihoushoshikun 返答済み 4 年 前.

司法書士です。よろしくお願いします。

 

確認させてください。

 

>別居中の夫が突然に家に来て来月からお金渡せなくなったと一方的に言われてしまいました。

 

とのことですが、理由は何でしょうか?払いたくないのか、それとも払えないのか、どちらでしょう?

質問者: 返答済み 4 年 前.

昼間の正社員の仕事と夜は仕分け作業のアルバイト 木曜日以外休まず


働いている夫に貯金がゼロになったと、昼間の仕事が平日急に休むように言われて不安定になったとか 事実かわかりませんがそう言われました。


もうお金渡せないから これからどうしたらいいのかって言われました。


突然のことで私も困ってしまって。

専門家:  shihoushoshikun 返答済み 4 年 前.
返信遅くなり、申し訳ありません。


結婚している夫婦(家族)が生活するのに必要な費用を「婚姻費用」と言います。夫婦には、協力扶助義務がありますので、この婚姻費用は互いに分担するべきものです。
一方が収入を得て(一般に夫)、他方が家事をする(一般に妻)関係にある夫婦が、離婚せずに別居することになった場合、別居した妻は生活資金がないと生きていけません。このような場合に、別居した妻が夫に対して生活資金の支払を請求することができます。これを「婚姻費用の分担請求」と言います。

原則として、婚姻費用はお互いの話し合いによって決められるものです 。しかし、話し合いによって決められない場合は、家庭裁判所に調停・審判を求めることができます。家庭裁判所では「婚姻費用算定表」を用いて、お互いの年収、子どもの年齢、人数によって算出されます。
これは、たとえ相手の収入が少なくなったとしても、支払う義務がありますので、質問者には婚姻費用を請求する権利があります。
したがって、話し合っても相手が払ってくれないなら、家庭裁判所に調停を申し立てをしましょう。費用も1200円と郵便切手代のみ負担すればいいので、比較的安く済みます。

なお、差し支えなければ質問者様の夫の年収を教えてくだされば、婚姻費用算定表に基づいて算出することができますので、お知りになりたいのであれば、返信してください。
shihoushoshikunをはじめその他名の法律カテゴリの専門家が質問受付中

法律 についての関連する質問