JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
jo-banに今すぐ質問する
jo-ban
jo-ban, 弁護士
カテゴリ: 法律
満足したユーザー: 2613
経験:  慶應義塾大学卒業。茨城県において法律事務所経営。
67881597
ここに 法律 に関する質問を入力してください。
jo-banがオンラインで質問受付中

先日、質問をしたものですが,3000000万円の証拠が不十分の場合はどうなりますか

解決済みの質問:

先日、質問をしたものですが,3000000万円の証拠が不十分の場合はどうなりますか
投稿: 4 年 前.
カテゴリ: 法律
専門家:  jo-ban 返答済み 4 年 前.
証拠不十分の場合には、その部分については判決になっても認められないことになります。
そうすると、和解でも3000000円を認めないような内容を勧められるはずです。

したがって、その部分を除いた和解をしたとしても不利ではありませんから、
和解してしまった方がいいという考え方もできるでしょう。

質問者: 返答済み 4 年 前.

原告の弁護士は残額の3000000万円について、証拠を固める努力をしています


原告は被告に対し、まず1000000万円を現金で手渡しで貸付、口頭で返済する約束をしました


 


次も同様に1000000万円を貸し付けました


 


後の1000000万円については振り込み用紙が残っています


 


 


これらは証拠になりますか

専門家:  jo-ban 返答済み 4 年 前.
十分な証拠ですよ。
早めに弁護士さんに示した方がいいですね。
質問者: 返答済み 4 年 前.

証拠になるんですね


ありがとうございます


 


 


そうすと、なぜ原告の弁護士は6000000万円の和解を躊躇するのですか


 

専門家:  jo-ban 返答済み 4 年 前.
その振り込み用紙も提出してるんですよね。

そうであれば弁護士は証拠になることを理解しているはずです。
それにもかかわらず、6000000円の和解を勧めるということは、
被告の資力の問題が大きいと思います。

もちろん、私はその事件を終始見ていたわけではありませんので、
その弁護士が別の理由で和解を勧めている可能性もあります。
jo-banをはじめその他名の法律カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 4 年 前.

今朝、質問したものですが被告に6200000万円の債務があることは確かになる感じです


しかし原告の弁護士は、3000000万で和解をしようとしています


 


被告の資力を心配しています


 


なんとか5000000万円で和解したいと原告は希望しているようですが

専門家:  jo-ban 返答済み 4 年 前.
資力の心配をするのはやむを得ません。
回収できない判決をもらうよりは回収できる和解の方がいいに決まってます。

ただし、じゃあなんで3000000円なのかという問題は残ると思います。
被告が本当にその金額が限界なのか、といったところを突き詰めないと和解で損してしまいますね。
質問者: 返答済み 4 年 前.

被告の資力を調べるのにはどのような方法がありますか

専門家:  jo-ban 返答済み 4 年 前.
方法はありません。
基本的に裁判での自己申告によるのが通常です。

だからこそ、最初からいきなり被告の言い分を信じずに駆け引きすることが重要です。
質問者: 返答済み 4 年 前.

駆け引きは原告の弁護士に任せるしかありませんか


和解金の3000000万円は一括ならともかく分割でと被告は主張しています


 


原告はどうしても5000000万円の和解を希望しています

質問者: 返答済み 4 年 前.
再投稿:回答が遅い.
原告が中央大法学部出身なので中央大出身の弁護士に
質問者: 返答済み 4 年 前.

jo-ban先生


早く回答をお願いします

専門家:  jo-ban 返答済み 4 年 前.
裁判に出身大学は関係ありません。

弁護士以外に任せるしかありません。
弁護士に委任するということは、すべてをお任せしているという意味です。
jo-banをはじめその他名の法律カテゴリの専門家が質問受付中

法律 についての関連する質問