JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
supertontonに今すぐ質問する
supertonton
supertonton, 行政書士
カテゴリ: 法律
満足したユーザー: 4635
経験:  中央大学卒平成14年行政書士登録離婚・相続等の法務手続の専門家
61894004
ここに 法律 に関する質問を入力してください。
supertontonがオンラインで質問受付中

よろしくお願いいたします。同じ会社の別の職場の既婚女性(子共あり)とメールのみのやり取りをしておりました。

質問者の質問

よろしくお願いいたします。 同じ会社の別の職場の既婚女性(子共あり)とメールのみのやり取りをしておりました。 最初は何気ない内容のメールのやり取りでしたが、徐々に女性の方から私に対して好意のあるような内容になっていき、次第に私の不 徳の致すところですが、欲求に負けメールの内容が卑猥な内容になってお互いに盛り上がってしまいました。 それを旦那様が発見し、女性は職場を辞めさせられました。 旦那は私に対しても何らかの処分が欲しいと思っているようです。 この件は会社の上司にも報告しました。 今後の対応としては、謝罪のほかに、慰謝料的な事も必要になるのでしょうか? また、慰謝料としての相場はどれくらいなのでしょうか? 要約した内容になって申し訳ございませんが、何卒よろしくお願いいたします。 また、会社を解雇されることもあるのでしょうか?

投稿: 4 年 前.
カテゴリ: 法律
専門家:  supertonton 返答済み 4 年 前.

初めまして、夫婦・男女問題法務手続専門の行政書士のsupertontonでございます。

それは、大変お悩みのことと思います。

ご心痛お察し申し上げます。

 基本的に、慰謝料が請求できる不貞行為とは、男女の肉体関係に無ければなりません。

お話からは、単にメールでバーチャルな恋愛を楽しんだと言えるでしょう。

例えば、ソーシャルゲームで遊んで、それを不倫と言うかと言う話です。

 とは言え、相手の女性のご主人様は、相当、神経質か、嫉妬心が強かったので

それを遊びと留めておくことはできなかったのでしょう。

会社を辞めさせると言うのは、相当のものです。

それだけ、ご相談者様に対しての憤りがあるのでしょう。

本音は、会社を辞めさせる処分を求めていると思います。

 ただ、これまでの私の離婚業務の経験から、不倫で会社を辞めさせられたケースは

見当たりません。それが、教師や警察官などの公務員でも同じで

銀行員でも、ほとんどありません。ただ、出世に響いたりとか

もともと、リストラ最中の会社なら可能性はあるかもしれませんが、そこはどうでしょうか。

 謝罪は、文書で必要だと思いますが

慰謝料は、不貞行為をした訳ではないので

迷惑料と言うところでしょうか。

相手側は離婚はしないでしょうから、そうなると、仮に不倫であったとしても

単なる火遊びと言う扱いで、年収1000万位の方でも高くて50万円と言うのが多いですね。

中には、50万円を分割でと言う方もいました。

そう考えると、迷惑料なら30万円も行けば多い方かもしれません。

 それ以上に法外な要求や、会社をやめろと言うのは脅迫罪や強要罪となります。

何とか、女性の上司に上手く示談に向けて動いていただくことです。

それが無理そうなときは、弁護士の先生に代理交渉していただくと良いでしょう。

頑張って下さい。

supertontonをはじめその他名の法律カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 4 年 前.

ご返答ありがとうございます。


 


まずは、謝罪文を送りたいと思います。


謝罪文を送るにあたって気をつける点など、フォーマットなどがあればお教えいただけないでしょうか。 文章が苦手なもので、何卒よろしくお願いいたします。

専門家:  supertonton 返答済み 4 年 前.

ご相談いただきまして誠にありがとうございます。

謝罪文に、関しては、実際には、どのように丁寧に誠実に書こうが

相手側としては、怒り心頭で、何を言っても、難癖をつけてくると言うことは

覚悟しておくべきです。

そう言う意味では、大げさに謝罪をして誠意があることを示した方が

良いと思いますが、相手が、会社を辞めることを前提にしていますので

下手にそのことには触れないことです。

慰謝料(迷惑料)を支払いますと言うことで、相手に金額を要求をさせることです。

法外な内容であれば脅迫罪ですから、相手が不利になります。

 とにかく、これまでの経緯を時系列で正確に書いて

丁寧に謝罪することです。

謝罪の言葉は何度書いても構いません。

 基本的に、ワープロとかではなく、手書きで便箋に2~3枚程度書けば良いと思います。

できれば、別に、もう二度とこのようなことは致しません。

奥様には会いませんと言う誓約書も書かれた方が良いでしょう。

謝罪文と言えども手紙ですから、上手く書くとかいうよりも

相手に対する申し訳なさを自分なりのことばで綴る方が良いでしょう。

謝罪文に関しては、不倫とは言いませんが

ネットや書籍であると思いますので、それを自分のケースでアレンジするだけで

良いと思います。

法的な文書ではありませんので、書き方にこだわる必要はございません。

決して会社を辞めてお詫びしますと言うようなことは書かないことです。

頑張って下さい。

法律 についての関連する質問