JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
gyoenlegalに今すぐ質問する
gyoenlegal
gyoenlegal, 司法書士
カテゴリ: 法律
満足したユーザー: 485
経験:  中央大学法学部卒業渉外法律事務所・司法書士事務所を経て新宿にて司法書士事務所を開業
70015703
ここに 法律 に関する質問を入力してください。
gyoenlegalがオンラインで質問受付中

私の飼い猫が他人の散歩させていた犬に噛み付いたようですが、損害倍層とかの責任があるのでしょうか? 犬の場合は明確な

解決済みの質問:

私の飼い猫が他人の散歩させていた犬に噛み付いたようですが、損害倍層とかの責任があるのでしょうか?
犬の場合は明確なのでしょうが猫の場合はどうなのか良くわかりません。
専門外のことかもしれませんがもしご存知ならよろしくお願いします。
投稿: 4 年 前.
カテゴリ: 法律
専門家:  gyoenlegal 返答済み 4 年 前.

当方は司法書士です。
わかり易い回答を心掛けておりますが、ご不明点がございましたら お気軽にご質問ください。
お力になれれば幸いです。

「私の 飼い猫が他人の散歩させていた犬に噛み付いたようですが、損害倍層とかの責任があるのでしょうか?」について回答いたします。
犬であろうと猫であろうとその飼い主であれば、飼っている動物が危害を加えた場合には責任を負うことがあります。これは民法第718条に規定があるからです。

【民法 第718条】
(動物の占有者等の責任)
1 動物の占有者は、その動物が他人に加えた損害を賠償する責任を負う。ただし、動物の種類及び性質に従い相当の注意をもってその管理をしたときは、この限りでない。
2 占有者に代わって動物を管理する者も、前項の責任を負う。

>シュルツが飛び掛ってかんで、止めようとした犬の飼い主にも噛んだようだ。 このような場合、法的な賠償の責任があるのか。 相手の怪我に対する治療費などを負担すべきか。 また、社会通念上、何らかの慰謝料など払うのか?
→猫の管理に相当の注意を払っていたことや被害者がちょっかいをかけたからかみついたんだという証明ができれば損害賠償責任を減免できますが、それが証明できな ければ、噛みつかれた人間に対してはケガの治療費の他、その為に仕事ができないならその分の給料、後は病院に通院しなければいけなくなったことによる慰謝料が法的には発生します。ただし、どこまで請求してくるかは相手が決めることなので、わたしは治療費だけでいいと言ってくる場合もあります。
なお、噛みつかれた犬は法律上「物」に当たるので慰謝料というものは発生しませんが、治療費は発生します。

質問者: 返答済み 4 年 前.

いま少しわからないのですが、猫には紐でつなぐなどの義務はないと思うのですが、、動物の種類及び性質に従い相当の注意をもってその管理をしたときは、この限りでない。という表現はどう理解すればいいのでしょうか?


目の前で犬がじゃれあっていたのを見て興奮して飛び掛ったと思うのですが、それを止めようとした人間も敵と思って噛んだとおもいます。猫の野生の部分かとも思えますが、それでもやはり飼い主に責があるということになりますか?


また、相手の請求に対してですが、どの程度までなら許容すべきなのでしょうか?過失相殺ということもあると思うのですが、このようなケースでの一般論でいいのでご教授願えればと思います。

専門家:  gyoenlegal 返答済み 4 年 前.
ご返信ありがとうございます。
回答いたします。

>猫には紐でつなぐなどの義務はないと思うのですが、、動物の種類及び性質に従い相当の注意をもってその管理をしたときは、この限りでない。という表現はどう理解すればいいのでしょうか?
目の前で犬がじゃれあっていたのを見て興奮して飛び掛ったと思うのですが、それを止めようとした人間も敵と思って噛んだとお もいます。猫の野生の部分かとも思えますが、それでもやはり飼い主に責があるということになりますか?
→ペットについては家庭動物飼養保管基準という基準があり、これに沿って飼育がなされているかが相当性があるといえるポイントなってくると思われます。その中で飼い猫は室内で飼うように規定されています。室内で飼育されていた時に、意図せず起こった事故であれば、相当の注意を払っていたと言える可能性はあります。

>また、相手の請求に対してですが、どの程度までなら許容すべきなのでしょうか?過失相殺ということもあると思うのですが、このようなケースでの一般論でいいのでご教授願えればと思います。
→一般的には治療費までなら許容せざるを得ない状況です。それ以上請求された場合は、こちらも過失相殺を持ち出しての交渉が必要になるかと存じます(状況を見ていないので断言は控えますが、過失割合はこちらの方が高い可能性があります。)。
gyoenlegalをはじめその他名の法律カテゴリの専門家が質問受付中

法律 についての関連する質問