JustAnswer のしくみ:

  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。

shihoushoshikunに今すぐ質問する

shihoushoshikun
shihoushoshikun, 司法書士
カテゴリ: 法律
満足したユーザー: 2182
経験:  東京司法書士会所属
67942392
ここに 法律 に関する質問を入力してください。
shihoushoshikunがオンラインで質問受付中

相談させてください。よろしくお願いします。 私は32歳(男性)、正社員です。 会社内で働くパートさんAさんが

解決済みの質問:

相談させてください。よろしくお願いします。

私は32歳(男性)、正社員です。
会社内で働くパートさんAさんが好きになり、8月にメルアドを交換して、10月に2度二人で会いました。

一度目(10月6日(土))は、食事をしてドライブしてAさんの自宅近くの駅まで送って帰りました。

二度目(10月27日(土))は、映画を観てAさんの家まで送り、帰りにキスをしました。
次の日、Aさんに送ったメールが旦那さんに見つか り、ことが発覚。

本日、旦那さんから呼ばれ話をしました。
要求は、離婚するので俺にお金を払えということでした。
会社のパートに手を出したということで、会社に請求させてくれと言われました。
私は会社に請求しても払うのは自分なので、会社に請求するのはやめて私にしてほしいと言いました。

そしたらまず、弁護士に請求額を相談してから改めて連絡すると言われました。

ご相談したいことは、出会っていた、一度キスをした、ということで離婚になると
私にどれくらい請求がくるのですか?
どういった名目なのでしょうか?慰謝料ということですか?

教えてください。
何卒よろしくお願い致します。
投稿: 4 年 前.
カテゴリ: 法律
専門家:  shihoushoshikun 返答済み 4 年 前.
司法書士です。よろしくお願いします。

「ご相談したいことは、出会っていた、一度キスをした、ということで離婚になると
私にどれくらい請求がくるのですか?
どういった名目なのでしょうか?慰謝料ということですか?」

という質問に回答させていただきます。

まず、Aさんが離婚するに至った場合でも質問者様がAさんの旦那さんにお金を支払う必要はないと考えられます。
一 般にこのケースで質問者様がお金の支払を請求されるのは、「慰謝料」という名目です。
しかし、質問者様の立場で慰謝料が請求させるのは、不貞行為があった場合、いわゆる肉体関係に至った場合のみです。
不貞行為による慰謝料は民法で言う「不法行為」によるものです。
民法上には明記されていませんが、夫婦には貞操義務があり、それを侵害した場合にAさんの旦那さんに対する「不法行為」が成立し、損害賠償として慰謝料を支払う必要が生じます。

しかし、質問者様の場合、Aさんとは単に会っていた、一度キスをした、ということで、何ら不貞行為を行っていないのでAさんの旦那さんに対する不法行為が成立する余地がありません。
よって、たとえAさん夫婦が離婚に至った場合でも、慰謝料の名目でお金を支払う必要はありませんし、それ以外の理由でお金を支払う必要もありません。
相手にも、不貞行為の証拠が提出できないのであれば、金銭の支払いの要求には応じない方がいいでしょう。
質問者: 返答済み 4 年 前.

返信誠にありがとうございました。


不貞行為はないのでそうさせて頂きます。


あと不安なのは、


・相手は弁護士を立てるといっているので慰謝料がとれないことは


 弁護士もわかることなので、それ以外に何か私が請求されることは


 考えられますでしょうか?


・払う必要がないので私は払いません。と言っても会社に連絡すると


 言われた場合、これはしかたないことなのでしょうか?


 脅迫罪とかにはならないのでしょうか?


 早急に私も弁護士さんを立てた方がよろしいですか?


 


私の不徳のいたす行為でこのようになったことは反省しています。


 


何卒よろしくお願いいたします。


 

専門家:  shihoushoshikun 返答済み 4 年 前.
・相手は弁護士を立てるといっているので慰謝料がとれない ことは
 弁護士もわかることなので、それ以外に何か私が請求されることは
 考えられますでしょうか?
→相手が弁護士を立ててきても、質問者様に請求できることはありません。金銭的なものは要求できませんが、もしAさん夫婦が離婚しない場合は、今後一切交渉を持たないように(連絡を取り合ったり、会ったりしないように)要求されることが考えられます。

・払う必要がないので私は払いません。と言っても会社に連絡すると
 言われた場合、これはしかたないことなのでしょうか?
 脅迫罪とかにはならないのでしょうか?
 早急に私も弁護士さんを立てた方がよろしいですか?
→会社に連絡するというのは、この件とは一切関係ありませんので、そういうことはやめてください、とはっきり主張したほうがいいです。
もし、会社に連絡されることで会社の人たちに事情を知られ、質問者様が精神的苦痛を被ったということを理由に慰謝料を請求することができる可能性があります。
また、「お金を支払わなければ会社に連絡する」というのは「恐喝罪(刑法249条)」に該当する、ということも主張し、やめてもらいましょう。

質問者様がお一人で対応することが、精神的に負担になるのでしたら、弁護士に依頼した方が楽になります。
弁護士に依頼すれば、あとは代理人となって対応してくれますので全てお任せすることができます。
ただし、もちろん料金はかかります。事務所によっては料金はことなりますが、ただの交渉だけなら着手金を取らない事務所もありますので、弁護士の日当(3万〜6万円)だけで済む場合もあります。
shihoushoshikun, 司法書士
カテゴリ: 法律
満足したユーザー: 2182
経験: 東京司法書士会所属
shihoushoshikunをはじめその他名の法律カテゴリの専門家が質問受付中

ユーザーの声:

 
 
 
  • 法律に詳しいかたにお世話になりたくても、緊急時にはなかなか連絡がとれません。丁寧でわかりやすく、こちらの心情を理解した上で、 客観的な意見をしっかりした理由も合わせて 説明して下さり、不安の解消に繋がりました。 神奈川県 小野
< 前へ | 次へ >
  • 法律に詳しいかたにお世話になりたくても、緊急時にはなかなか連絡がとれません。丁寧でわかりやすく、こちらの心情を理解した上で、 客観的な意見をしっかりした理由も合わせて 説明して下さり、不安の解消に繋がりました。 神奈川県 小野
  • 自分の意向に添う回答がいただけたので、、安心して自分で答弁書を作成し、知人に紹介された司法書士に相談したところ、十分訴状に対抗できるとの判断をされました。それを参考に、細部を詰める点も有り、答弁書を確実なものとする為、最終的に司法書士に依頼しましたが、安価に受けてもらえることとなりました。 東京都 梅村
  • 法律などの専門家や弁護士が身近に居なかったわけではありませんが、事案発生が連休中や土休日、深夜早朝にかかるなど、次の行動に移る前に冷静な判断が必要な場合があり、また個人的なことでありますが、深刻化、長期化し、また経済的に家族にも迷惑をかけることで、結果として自身の公務に影響が及ぼすことを大変危惧いたしました。結果、このたびの利用となりまして、貴社より、迅速な回答をいただくことができました。事案発生後一両日のうちに、先方と連絡をとり、適宜支払い手続きへと話をすすめております。またこの経験を同業の者とも共有し、今後ネットを通じた活動へ生かせるように務めます。 山形県 青木
  • まずは親身になって回答をして頂ける専門家であったこと。説明が簡潔でわかりやすく、質問者が気持ちの整理をしやすい配慮が伺えた。 岐阜県 石川
  • 短時間で的確なアドバイスを受けることができ、かつ、回答に対する質問に対しても直ちに真摯な回答が得られました。 大阪府高槻市 川嶋
  • 専門知識のある経験豊富な方に出会う機会のない人でも、このサイトで実現出来ることは素晴らしいことだと思いました。 専門家が辛抱強く回答をしてくださる姿勢にも感謝いたしました。 茨城県日立市 池田
 
 
 

専門家の紹介:

 
 
 
  • supertonton

    supertonton

    行政書士

    満足した利用者:

    3395
    中央大学卒平成14年行政書士登録離婚・相続等の法務手続の専門家
  • http://ww2.justanswer.com/uploads/SU/supertonton/2011-9-7_64453_nakano.64x64.jpg supertonton さんのアバター

    supertonton

    行政書士

    満足した利用者:

    3395
    中央大学卒平成14年行政書士登録離婚・相続等の法務手続の専門家
  • http://ww2.justanswer.com/uploads/HO/houmujp/2014-1-5_72819_00.64x64.jpg houmu さんのアバター

    houmu

    行政書士

    満足した利用者:

    444
    行政書士 知的財産修士 2級FP技能士
  • http://ww2.justanswer.com/uploads/RI/rikonnsouzoku/2012-4-28_141443_066960x1280.64x64.jpg rikonnsouzoku さんのアバター

    rikonnsouzoku

    行政書士

    満足した利用者:

    181
    弁護士事務所事務員行政書士事務所所長
  • http://ww2.justanswer.com/uploads/SR/srlee7208/2012-9-19_13750_IMG9317.64x64.JPG srlee さんのアバター

    srlee

    社会保険労務士

    満足した利用者:

    43
    早稲田大学卒業。1999年社労士事務所開業。
  • http://ww2.justanswer.com/uploads/EO/eokuyama/2011-11-8_163713_BioPic3.64x64.jpg eokuyama さんのアバター

    eokuyama

    弁護士

    満足した利用者:

    27
    University of New Hampshire Law School, University of Arizona, Keio University.Law Offices of Eiji Okuyama.
  • http://ww2.justanswer.com/uploads/HA/hakase425/2011-8-16_9381_P1010445.64x64.JPG hakase425 さんのアバター

    hakase425

    弁理士

    満足した利用者:

    0
    -
  • http://ww2.justanswer.com/uploads/SH/shihoushoshikun/2013-7-1_22326_TshirtMale.64x64.jpg shihoushoshikun さんのアバター

    shihoushoshikun

    司法書士

    満足した利用者:

    1629
    東京司法書士会所属
 
 
 

法律 についての関連する質問