JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
jo-banに今すぐ質問する
jo-ban
jo-ban, 弁護士
カテゴリ: 法律
満足したユーザー: 2613
経験:  慶應義塾大学卒業。茨城県において法律事務所経営。
67881597
ここに 法律 に関する質問を入力してください。
jo-banがオンラインで質問受付中

前回はお世話になりました。 その後、内容証明を相手の職場に出し120万の慰謝料請求をしましたが、相手からは弁護士名

解決済みの質問:

前回はお世話になりました。
その後、内容証明を相手の職場に出し120万の慰謝料請求をしましたが、相手からは弁護士名義で30万に減額してほしいとの返答がきました。
内容には納得しておらず、またその内容も少し違うのですが、今後どのような対応を取るべきでしょうか。
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 法律
専門家:  jo-ban 返答済み 5 年 前.
単純明快です。
そんな主張を受け入れず、120万円でごり押しするしかありません。

請求額は高めに設定するのが通常ですが、反論して減額を申し出る額は低めに言うのが通常です。相手からすればそれで済めば儲けものといって金額です。

内容の食い違いについても文書で反論した方がいいです。

相手に弁護士がついたのでしたら、訴訟も検討しなければならないでしょうね。
相手からすれば訴えられるのは嫌なはずですから、
再度120万で返して、それでダメなら訴訟ですと警告してもいいと思います。
とにかく30万は誠実な返答とはいえませんし、訴訟をすればもっととれる事例ですから、受け入れない方がいいでしょう。
質問者: 返答済み 5 年 前.

相手は支払えないとの事ですが、車を所有しております(お金をかけている様です)また不貞行為の回数が違うようですが、こちらでは証拠はなく妻が手帳に残しているだけです。(そのうちの1回だけが日付も曖昧です)
また不倫関係は終わっているとの主張ですが、発覚後に、妻を通して何度かメールを送りましたが全て無視され、内容証明を送った所、約束の期日を過ぎ返答が来た状態です。


こちらは行政書士に内容証明を依頼しましたが、弁護士に依頼するべきですか。


訴訟はこちらの負担が上回ってしまわないかと心配しております。


 


 

専門家:  jo-ban 返答済み 5 年 前.
支払えないというのを信用してはいけません。

回数が多少違ったとしても、120万程度であれば認められてもいい金額です。

不倫関係の終了についても、大きく額を左右しません。

仮に30万しか回収できなかったとしてら費用倒れになる可能性はありますが、
訴えを提起しない限りは大幅な増額はなさそうです。
訴えを提起して立証がある程度認められていれば、
裁判官から相手を説得しますので増額される見込みはあります。
50万回収できれば費用倒れはないと思います。

どちらかといえば弁護士の方がいいでしょうね。
行政書士ですと内容証明の発送までしかできず、その続きの業務はできません。
jo-banをはじめその他名の法律カテゴリの専門家が質問受付中

法律 についての関連する質問