JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
gyoenlegalに今すぐ質問する
gyoenlegal
gyoenlegal, 司法書士
カテゴリ: 法律
満足したユーザー: 485
経験:  中央大学法学部卒業渉外法律事務所・司法書士事務所を経て新宿にて司法書士事務所を開業
70015703
ここに 法律 に関する質問を入力してください。
gyoenlegalがオンラインで質問受付中

日本で海外のオンラインカジノで遊んでも良いですか?

解決済みの質問:

日本で海外のオンラインカジノで遊んでも良いですか?
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 法律
専門家:  gyoenlegal 返答済み 5 年 前.

当方は司法書士です。

「具体的に日本からオンラインカジノが合は法である国で経営されているネットカジノで賭けることは違法ですか?」のご質問に回答させていただきます。

回答から申し上げると違法です。

日本人が日本国内からインターネットを通じてオンラインカジノサービスに参加する際、そのサービスの利用にあたり掛け金が必要と なり、配当が提供される場合は、賭博として日本の刑法が適用されます。
刑法の適用範囲に関する判例及び通説は、犯罪行為の一部分でも日本国内で行われれば、その行為に対して日本の刑法が適用されると判断しています。
よって、日本にいながら合法な国のオンラインカジノサービスに参加した場合であっても、賭博罪が成立します。

【関連条文 刑法】
第185条(賭博)
賭博をした者は、五十万円以下の罰金又は科料に処する。ただし、一時の娯楽に供する物を賭けたにとどまるときは、この限りでない。

第186条(常習賭博及び賭博場開張等図利)
常習として賭博をした者は、三年以下の懲役に処する。
2 賭博場を開張し、又は博徒を結合して利益を図った者は、三月以上五年以下の懲役に処する。

質問者: 返答済み 5 年 前.

では、下記の記事は嘘ですか?


 


http://getnet.fc2web.com/first/houritu.html

専門家:  gyoenlegal 返答済み 5 年 前.

あげていただきましたサイトをざっと拝見しましたが積極的に合法とも言っていませんよね。
なぜこのような考えがあるかというと、インターネットでこの種のゲームに参加することは取り締まりがなされては実際なされていないため、違法ではあっても、現時点では検挙されることはないことに原因があるように思われます。
またオンラインカジノについての裁判所での判断が今のところないため、違法ともいえないのではということの論者の根拠になっているのかもしれません。

しかしオンラインカジノは違法の可能性があるというのが学説や実務家の中では多数派です。

じゃあなんで違法と思われているのに、捜査が消極的なのかは、この犯罪は被害者のいない犯罪に入ると考えられることに起因するものと思われます。
ですので将来的に、オンラインカジノの参加者が増え、ネット犯罪取締りの効率的な方法があれば、積極的に検挙されることになるでしょう。

質問者: 返答済み 5 年 前.

確かにそうですね。ただ「結論として現在では取り締まる法律はありません」とのことが書かれていますが、これは全く正確でありませんと思ったら良いですか? 


 


そして、法律ではオンラインカジノはパチンコとどう違うですか?

専門家:  gyoenlegal 返答済み 5 年 前.
ただ「結論として現在では取り締まる法律はありません」とのことが書かれていますが、これは全く正確でありませんと思ったら良いですか? 
→オンラインカジノ規制法といったような正面から規制する法律はありませんので、その意味では取り締まれないと書いていらっしゃるように追われますが、オンラインカジノは法律家の解釈では刑法の賭博罪の適用が可能と思われているものですので、敢えて危ない方を信じる事はないかと存じます。

法律ではオンラインカジノはパチンコとどう違うですか?
→たしかにパチンコは違法性があると言われています。
まず景品交換について
パチンコ店は風俗営業法2条7号「ぱちんこ屋」に該当しますが、風俗営業法23条2項「第二条第一項第七号のまあじやん屋又は同項第八号の営業を営む者は、前条の規定によるほか、その営業に関し、遊技の結果に応じて賞品を提供してはならない。」にパチンコ屋が含まれないことから、遊技の結果に応じた景品(金銭や有価証券を除く)を提供することは認められるという解釈によるものです。

続いて換金について、
多くのパチンコ店では特殊景品を景品として提供し、近くの景品交換所で換金していますが、これは風営法23条1項2号に違反しているのではないかというというと、名目上パチンコ店と景品交換所は独立した団体で、パチンコ店で得た景品を景品交換所で換金するのはパチンコ店が景品を買い取ったことにあたらないため、風営法23条1項2号に違反しないというのが警察やパチンコ業界で通用している見解のようです。
非常にグレーですがこれが今の日本のパチンコ店が存在できる論拠のようです。

gyoenlegalをはじめその他名の法律カテゴリの専門家が質問受付中

法律 についての関連する質問