JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
gyoenlegalに今すぐ質問する
gyoenlegal
gyoenlegal, 司法書士
カテゴリ: 法律
満足したユーザー: 485
経験:  中央大学法学部卒業渉外法律事務所・司法書士事務所を経て新宿にて司法書士事務所を開業
70015703
ここに 法律 に関する質問を入力してください。
gyoenlegalがオンラインで質問受付中

昭和24年父が土地を買い昭和36年建物を新築、同時期、左隣に借地に住んでいた人が今年複数の地権者から土地を買い所有権

質問者の質問

昭和24年父が土地を買い昭和36年建物を新築、同時期、左隣に借地に住んでいた人が今年複数の地権者から土地を買い所有権登記を行い、土地境界の書類を送付してきました。それによると、3平方メートル弱当方が越境していると言います。初めて聞く話なので戸惑っています。何か対処する手立ては無いのでしょうか。父は平成13年に亡くなり、建物は現在、人に貸しています。

                             松戸市在住 英
投稿: 4 年 前.
カテゴリ: 法律
専門家:  rikonnsouzoku 返答済み 4 年 前.

まずは、話あいで解決するのが、

時間・費用の面ではよいと思われます。

「調停」の利用をお勧めします。

このような相談先もあります。

http://www.moj.go.jp/KANBOU/ADR/jigyousya/ninsyou0036.html

弁護士に依頼して、裁判所の調停を希望することもできます。

http://www.chiba-ben.or.jp/

 

「対処できる手段」とのことなので、話をすすめるために調停をすすめましたが、

もっと詳しい回答が必要であれば、追加質問をされてくださいね。

質問者: 返答済み 4 年 前.

50年以上知らずに越境していたことの法律的な問題はどうなるのでしょうか。
所有権のことはどうなるのでしょうか。

質問者: 返答済み 4 年 前.
再投稿:回答の質.
質問者: 返答済み 4 年 前.
再投稿:回答の質.
質問者: 返答済み 4 年 前.
再投稿:回答の質.
専門家:  gyoenlegal 返答済み 4 年 前.
当方は司法書士です。
rikonnsouzoku先生がオプトアウトされておりましたので、引き継いで回答いたします。
わかり易い回答を心掛けておりますが、ご不明点がございましたらお気軽にご質問ください。

「(隣地の住人は)3平方メートル弱当方が越境していると言います。」とのことですが、建物が越境しているということでよろしいでしょう?
具体的に相手は何をしてほしいと言ってきていますか?
質問者: 返答済み 4 年 前.

土地が越境していると言っています。父が購入した時点のことかもしれません。越境した部分については、賃料を取るということだそうです。(書類を送付した土地家屋調査士によると)


 

専門家:  gyoenlegal 返答済み 4 年 前.
ご返信ありがとうございます。

土地はそれまでご自身の土地だと思って使われてきたわけですよね?

ご質問者様の意向としては、寝耳に水であり賃料を払う意思は全くないということでよろしいですね?

質問者: 返答済み 4 年 前.

そうです。

専門家:  gyoenlegal 返答済み 4 年 前.
回答させていただきます。

民法第162条の規定上、他人の土地を自分が所有するのだというつもりで、20年間、平穏かつ公然に占有してきた場合には、占有者がその所有権を取得します。
また 不動産を占有するにあたり、自分が所有者だと思い、またそう思うのが無理もない事情にあり、10年間所有者だと思いながら平穏かつ公然と占有を継続した場合にも所有権を取得します。
「昭和24年父が土地を買い昭和36年建物を新築」とのことですし、それまでご自身の土地だと思って使われてきたわけですから、越境部分に関しては時効が成立しているものと思われます。

結論を述べますと、本件の場合越境している部分は時効により取得しており、その部分の賃料を払う義務は一切ないと相手にお答えください。

【関連条文 民法】
(所有権の取得時効)
第162条
1 二十年間、所有の意思をもって、平穏に、かつ、公然と他人の物を占有した者は、その所有権を取得する。
2 十年間、所有の意思をもって、平穏に、かつ、公然と他人の物を占有した者は、その占有の開始の時に、善意であり、かつ、過失がなかったときは、その所有権を取得する。
gyoenlegal, 司法書士
カテゴリ: 法律
満足したユーザー: 485
経験: 中央大学法学部卒業渉外法律事務所・司法書士事務所を経て新宿にて司法書士事務所を開業
gyoenlegalをはじめその他名の法律カテゴリの専門家が質問受付中

法律 についての関連する質問