JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
rikonnsouzokuに今すぐ質問する
rikonnsouzoku
rikonnsouzoku, 行政書士
カテゴリ: 法律
満足したユーザー: 246
経験:  弁護士事務所事務員行政書士事務所所長
67515089
ここに 法律 に関する質問を入力してください。
rikonnsouzokuがオンラインで質問受付中

妻についてです。今年の3月から職場の男性と数回の不貞行為が発覚し、8月末に妻を通して話し合いをしたいとのメールを送り

解決済みの質問:

妻についてです。今年の3月から職場の男性と数回の不貞行為が発覚し、8月末に妻を通して話し合いをしたいとのメールを送りました。
しかし連絡がなかった為、内容証明を送るので住所を教えてほしい事、返答がなければ会社へ送る事をメールしましたがいずれも連絡はありませんでした。
その後、行政書士へ内容証明を依頼し会社へ送りましたが、回答期限を過ぎてから弁護士を通して減額希望の返答をしてきました。
こちらはどのような行動をとるべきですか。

●相手には同棲相手がおり、知られ てはいないと思われます。
●不貞行為は3月に3回(2回は妻が日付を手帳に残してあります)8月に1回です。
●3月~8月のうち4月には会ったようですが、不貞行為まではなく、5~7月は会っていません。
●こちらからの内容証明は、数回の不貞行為があった事、子供がいる為離婚はしていないがこれからは分からないという事、慰謝料は120万を請求しました(分割も可)
●相手からの返答は、事実は認めるが2回しか不貞行為はなかった、支払うのが困難なので30万にしてほしいとの内容でした。


宜しくお願いします。
投稿: 4 年 前.
カテゴリ: 法律
専門家:  rikonnsouzoku 返答済み 4 年 前.

相談いただきまして、ありがとうございます。家族関係専門の行政書士のrikonnnsouzokuでございます。よろしくお願いします。
ご相談者様におかれましては、大変なご状況にあるようで、心中お察し申し上げます。

判例上の、慰謝料の相場としては、
おおよそ、
・不倫が原因で離婚に至った場合 → 100万~300万。
・夫婦が離婚とならなかった場合  →  50万~200万。
と考えて頂いて良いかと思います。
もちろん裁判の場合には、
・不倫の期間
・社会的地位や収入
・経済的損失
その他の様々な事情を考慮して決められますので、一概には判断出来ません。
ご相談者様にも、上記の事項を考慮して、

ご自分で金額を設定していただくことになります。

ただ、「ない袖はふれない」ので、

結局、支払うだけの現実的可能性に左右されます。

ご相談者さまのケースは、

交渉自体は120万円からスタートして

(高い金額からスタートするのは、交渉のセオリーです。)

相手が、本当に、30万円しか払えないようであれば、

30万円で手を打つ、などの流れになるでしょう。

慰謝料の金額が決定すれば、

離婚協議書を作成し、公正証書化する、という流れになります。

このような文書作成も、行政書士に依頼されるとよいでしょう。

質問者: 返答済み 4 年 前.


ありがとうございます。


相手方は支払えないといっておりますが、車も所有している為(収入とは見合っていない車だと思います。)それで30万という金額は納得がいきません。


 


こちらが話合いなど申し出た時は無視し続け、内容証明を送った後は弁護士を通してくるというやりかたに憤りを感じています。


 


8月に探偵を依頼し、証拠はあります。


相手の弁護士宛に返答をしなければなりませんが、こちらも弁護士へ依頼しなければなりませんか?


 


また解決しない場合には裁判しかないのでしょうか。

専門家:  rikonnsouzoku 返答済み 4 年 前.

>相手方は支払えないといっておりますが、車も所有している為(収入とは見合っていない車だと思います。)それで30万という金額は納得がいきません。
なるほど。

これは、ごもっともと思います。

その旨、相手方に伝える必要があります。

>相手の弁護士宛に返答をしなければなりませんが、こちらも弁護士へ依頼しなければなりませんか?
弁護士への依頼は、費用もかかりますので、

必須というわけではありません。

相手方が弁護士を依頼するのは、悪いことではありません。

冷静なプロが窓口になってくれるので、

話がうまくすすむことも多いからです。

ただ、弁護士との交渉が、精神的に負担な場合は、

ご相談者様も弁護士に依頼するとよいと思います。

まずは、ご自分で交渉をすすめてはいかがでしょうか。

交渉が不成立の場合は、調停を踏まえて、訴訟・裁判になります。

しかし、証拠もありますし、過度に不安になる必要はありません。

主張したいことを、しっかり伝えてください。

口頭では大変な場合、手紙にかいて送付するというのもよいと思います。

一助にされてください。

rikonnsouzokuをはじめその他名の法律カテゴリの専門家が質問受付中

法律 についての関連する質問