JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
jo-banに今すぐ質問する
jo-ban
jo-ban, 弁護士
カテゴリ: 法律
満足したユーザー: 2613
経験:  慶應義塾大学卒業。茨城県において法律事務所経営。
67881597
ここに 法律 に関する質問を入力してください。
jo-banがオンラインで質問受付中

飲酒を伴う食事をした際、食事の途中から記憶をなくし、その時に半裸の画像を撮影されたらしく夫の会社のメールにフリーメー

解決済みの質問:

飲酒を伴う食事をした際、食事の途中から記憶をなくし、その時に半裸の画像を撮影されたらしく夫の会社のメールにフリーメールアドレスからその画像が送られてきました。
後にも先にも記憶をなくしたことはその時だけと断言できるため、撮影者は断定できるのですが、その撮影者に対し、慰謝料などを請求することはできるのでしょうか?
または事件として扱ってもらえるものでしょうか?

記憶をなくすほどの飲酒量でもなく、その撮影者は睡眠薬を常用しているようで、食事中に薬を混入されたのではないかと思っています。
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 法律
専門家:  jo-ban 返答済み 5 年 前.
弁護士です。

撮影者の特定が可能であれば、その相手がした睡眠薬を入れる行為は傷害罪です。
睡眠薬を入れたという確証がないところがネックですが、
犯罪には違いありませんから、警察のやる気次第では事件となるでしょう。

慰謝料請求は可能です。
半裸の画像を配偶者のメールに送るというプライバシー侵害がなされていますから、
送信者に対して慰謝料請求は可能です。
請求額は、送られた画像や枚数、送られたことによって夫との関係に与えた影響などによりますので、回答はできません。
質問者: 返答済み 5 年 前.
ありがとうございました。
慰謝料請求は弁護士さんにご相談すれば、良いものでしょうか?
専門家:  jo-ban 返答済み 5 年 前.
そうですね。
弁護士はまさにそのような事例の専門家ですし、他にあてはまる業種はありません。
jo-banをはじめその他名の法律カテゴリの専門家が質問受付中

法律 についての関連する質問