JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
houmuに今すぐ質問する
houmu
houmu, 行政書士
カテゴリ: 法律
満足したユーザー: 949
経験:  行政書士 知的財産修士 2級FP技能士
62663831
ここに 法律 に関する質問を入力してください。
houmuがオンラインで質問受付中

すでに代理人(賃貸人)としましてマンション702号室に関する一切の事項を委任する委任状を 平成17年5月から井上区分所有者宮崎に委任しています。理事長に委任状を提

質問者の質問

すでに代理人(賃貸人)としましてマンション702号室に関する一切の事項を委任する委任状を
平成17年5月から井上区分所有者宮崎に委任しています。理事長に委任状を提出済みです。
また、民法第252条但書では各共有者の権限として代理人に保存行為を定めています。
持分権に基づく損害賠償請求(最高裁昭和51年9月7日判決)
代理権は本人から代理人へ代理権を授与するという授権行為でに当たるでしょうか。
702号室に上階の瑕疵配管と台風によりまして目皿が、上階3棟を受けています
目皿つまりまして、702号室に漏水をしました
質問はマンションの漏水事故の損害の賠償の交渉等、を行うことは代理人では違法であるとの
理事長の申し出は正しいでしょうか。
投稿: 4 年 前.
カテゴリ: 法律
専門家:  houmu 返答済み 4 年 前.
業として、示談交渉を代理して行うことは、原則として弁護士である必要が
あります。しかし、友人関係であったり、一定の利害関係にあるものなどが、
代理して交渉することは違法ではありません。

但し、代理人による交渉は違法ではありませんが、相手方に、代理人との
交渉に応じる義務はなく、これを強制することもできません。従って、相手
方が相手方が代理人との交渉には応じないと主張している場合には、
代理人と交渉するメリットを提示して説得するか、もしくは他の方法
(本人が交渉する、代理人を変更する、裁判等の法的手続きを等)を検討
する必要がでてきます。


参考:弁護士法72条
弁護士でない者は、報酬を得る目的で(中略)一般の法律事件に関して鑑定、
代理、仲裁若しくは和解その他の法律事務を取り扱い、又はこれらの周旋を
することを業とすることができない。ただし、この法律又は他の法律に別段の
定めがある場合は、この限りではない。
質問者: 返答済み 4 年 前.

従って、相手方が一定の利害関係にあるものなどが、
代理して交渉することは違法ではありません。交渉の


許容範囲


a,b棟の登記人がマンションのうちa棟は賃貸です。b


棟は、日中間を代理人が賃借人です。登記人は働いていまして


b棟にて寝起きをしています。2点お聞きします。違法でないとのことですが 民法第252条但書では各共有者の権限として保存する行為を定めています。代理人の


財産の現状を維持する行為であれば(漏水による損傷はa棟です)本人や他の共有者の不利益とならないので、権限の定めのない代理人でも保存行為の権限があって然るべき持分権に基づく損害賠償請求を認めたと書いていますが、


理事長は損害賠償請求は違法であるといっています。、


違法でしょうか。 それ以外の件は理事長は答える必要はないですか。


1.代理人は委任状にて、議決権はありますか、議決権があれば所有者と同じではないですか。


2.理事長は損害賠償請求以外の件で、答える必要はないでしょうか。


3.議決権の問題です。賃借人は所有者の委任状があれば議決権があります。代理人は委任状があって賃借人として、b等の議決権はありますか。


賃借していますa棟の議決権をb棟の所有者が1票ありますか。都合2つの議決権がありますか。


 


4.次に賃借人でありますb等の代理人の依頼を全面にa,b棟を受けていますが、代理人の理事長えの財産の現状を維持する行為で交渉することは、理事長は拒否できますか。


基本は建築の知識が所有者がないためです。


5.理事長は上階の所有者のバルコニーの目皿の掃除を不備として、損害賠償をabの所有者にしようと引き下がらないことですが


台風の場合は、共有物件ですので管理規約に管理組合の賠償の責任を決めています。目皿の目つまりは台風以前から


詰まっていたと言い返しました。、上階は無理やり加害者にされて、


賠償をabの所有者に支払うように、認め印鑑を一転二転したのちに押させました。台風の一語も抜きました。


代理人は台風であることは、証拠を出して、理事長に認めさせましたが、


次に台風以前に目皿を詰まっていたと主張しています。


台風以前に詰まっていた証拠が全くないです。


代理人は両者に台風以前に詰まっていたことの証拠の提出を


求めようとしています。


理事長は以前から、出さないです。


上階の女性は、口頭で詰まっていたか不在のためにわからないといっています。


このことは代理人の申し出を両者は答える必要はないですか。


 

法律 についての関連する質問