JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
shihoushoshikunに今すぐ質問する
shihoushoshikun
shihoushoshikun, 司法書士
カテゴリ: 法律
満足したユーザー: 2285
経験:  東京司法書士会所属
67942392
ここに 法律 に関する質問を入力してください。
shihoushoshikunがオンラインで質問受付中

私は、国家公務員です。妻も、国家公務員です。 その妻が職場の上司と不倫をしました。性的関係であった事も認めました!

質問者の質問

私は、国家公務員です。妻も、国家公務員です。 その妻が職場の上司と不倫をしました。性的関係であった事も認めました! 子供もいるので一度目は、ゆるしましたが、また、三ヶ月後にまた同じ相手と不倫をしました。本人が謝ったため許しましたが、それ以来私は、妻を信じれなくなり束縛したり、手をだしたり、中傷的なメールを送るようになり、それが、妻にとっては、私に信じてもらえてないと思い 嫌になり離婚して欲しいと言われました。また、子供は、妻が一人で育てると言ってます。どうしたらいいかわかりません!
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 法律
専門家:  shihoushoshikun 返答済み 5 年 前.

司法書士です。よろしくお願いします。

 

質問者様としては、今後どうしていきたいと考えているのでしょう?

 

離婚に応じるつもりでしょうか?

質問者: 返答済み 5 年 前.
離婚は、したくないてわす。どうしても離婚しか無い場合は、子供の親権をとりたいです。また、妻を不倫したということで組織としての罰も受けてもらいたいです。
専門家:  shihoushoshikun 返答済み 5 年 前.

1、離婚について

 

離婚したくないというのであれば、離婚届にサインをすることを拒むことです。

 

お互いの合意がなければ離婚は成立しないからです。

 

相手が離婚調停を申し立ててきた場合も、調停は合意により「調停成立」となるので、離婚に合意しなければ離婚にはなりません。

 

最終手段で相手が「裁判による離婚」を提起してきた場合ですが、裁判による離婚をする場合には、民法で定められている「離婚原因」に該当しなければなりません。

離婚原因は民法770条に定められています。
1、不貞行為
2、悪意の遺棄
3、3年以上の生死不明
4、回復の見込みのない精神病
5、婚姻を継続しがたい重大な事由
というものです。

ですから、上記の場合に当てはまらなければ、たとえ裁判になっても離婚は認めてもらえません。

 

また、不貞行為をした。いわゆる「有責配偶者」からの離婚請求は裁判によって認められません(認められる場合もありますが、厳格な要件が必要です)。

 

したがって、質問者様のケースでは、質問者様が離婚に合意しなければ「今のところ」離婚には至りません。

「今のところ」と述べたのは、もしこのまま別居の状態が続いていくなら、上記の離婚原因の「5、婚姻を継続しがたい重大な事由」に該当し、裁判による離婚が認められてしまうからです。

 

 

2、お子さんの親権について

離婚した場合、どちらかが親権者ならなければなりません。
ただ、調停や裁判になった場合は、子どもがまだ幼いなら母親が親権者となる場合が多いです。
仮に子どもが10歳前後であるなら、調停や裁判でも子どもの意見を求めることがあるので、子どもの意見が優先されることはあります。

たとえ妻が不貞行為をしていても、それはマイナスの要因にはなりません。子どもの福祉を優先させるからです。

それはこれまでの離婚裁判を見ても仕方のないことと言えます。

もし、妻が子どもを虐待していたり、育児放棄のような傾向があるなら、父親を親権者にする例もありますが、いずれにしても、父親が親権者となるのは非常に難しいです。

 

3、妻の組織上の罰

不倫と職場における罰は関係ありません。不貞行為によって罰を受けさせたいのであれば、慰謝料の請求しかありません。不貞行為は民法における「不法行為」といわれていますが、不法行為によって賠償させることができるのは金銭のみです。不法行為をしたから職場を辞めさせる、ということはできません。

もし、質問者様が不倫を妻の職場にバラそうと考えておられるのであれば、やめたほうがいいです。逆にそのことによって精神的な苦痛を受けたとして慰謝料を請求される恐れがあります。

質問者: 返答済み 5 年 前.
仮に妻が職を失った場合でも、子供の親権は、無理ですか。 因みに自衛官です。自衛官は、不倫をすると懲戒免職になるのですが。妻は、私のメールは、保存してますが、自分が不利になるメールは消してます。
専門家:  shihoushoshikun 返答済み 5 年 前.
もちろん、経済的にお子さんを養う経済力も親権者となるのには必要です。
しかし、妻が職を失っても親族からの援助が得られる状況にあるなら、経済力という問題はクリアしているとみなされるでしょう。
妻が職を失い、経済的に頼れる人がいなければ、親権を取れる可能性あ ります。

自衛官が不倫をしたら懲戒免職になることは知りませんでした。
職務規定上、そのような決まりがあるのなら、職場では不倫は見過ごすことのできない行為とみなしているので、妻の上司に相談することができるでしょう。
その場合は質問者様が相談したことが分からないようにしたほうが、懸命かもしれません。

妻が自分に不利になるメールを消していても、質問者様ほうで保存してあれば問題はありません。
質問者: 返答済み 5 年 前.
自衛官は、階級社会なので圧力が凄いですね。 妻の職場の上司から妻にメールしたらストーカー行為で警察に言うとか圧力でどうにかしてやるよみたいな感じで言われてるんですよね。上司は、妻の話ししか聞く耳もたないですし。 上司が入ってくるのもやめて欲しいんですよ。 後、妻に、別居したいといわれましたが、自衛官は、防衛大臣が定める 指定場所に居住する義務があるんですよね。 妻の気持ちを変えさす方法とかないですかね❔
専門家:  shihoushoshikun 返答済み 5 年 前.
職場の階級社会という問題となると、もはや法律論では解決は 難しいですね。

自衛官というほどの組織であれば、内部規律を正すような部署はないのでしょうか。そういう部署があれば上司からの圧力という点を含めて、妻と問題となっている上司の不倫について相談できるのではないでしょうか。
不倫すれば懲戒免職という規定がありながら、それがもみ消されるような体制ならばそんな規定は意味がありません。ただそういう体制なのだから仕方ないとなれば、法律での解決は難しいです。

別居することが、職務規程違反になるために難しいなら、それを主張すれば妻も従わざるを得なくなるでしょうから、その点から話し合ってみてはどうでしょう。自分は指定場所から離れるつもりはない。と言えば妻も考えるのではないでしょうか。

別居や離婚をするなら、自衛官としての立場に留まることが難しくなるのではないか、ということを話せば妻の考えも少しは変わるのではないかと思います。

法律 についての関連する質問