JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
shihoushoshikunに今すぐ質問する
shihoushoshikun
shihoushoshikun, 司法書士
カテゴリ: 法律
満足したユーザー: 2226
経験:  東京司法書士会所属
67942392
ここに 法律 に関する質問を入力してください。
shihoushoshikunがオンラインで質問受付中

離婚についてお伺いしたいのですが・・・ 初めまして。現在結婚10年目で私(35歳)・妻(40歳)・子供2人(小

解決済みの質問:

離婚についてお伺いしたいのですが・・・

初めまして。現在結婚10年目で私(35歳)・妻(40歳)・子供2人(小学2年生・年長)と自分の両親・祖父母と同居しております。
4世帯の家なんて今どきないので凄く良い家庭だと周囲からは褒めて頂いております。

自分でもそう思っていたのですが、そんな中で妻が、同居生活(家族の言動・行動等)全てにおいてもう我慢が出来ないと言って来ました。

私が、妻の話を聞いていると、そんなことで・・・みんなだって我慢してるんだけどな~なんて軽い気持ちで愚痴を聞いてたのも悪かったのですが、

妻は、もう限界。ず~と我慢して、頑張ろうと思ってみたけど、10年過ごして全然変わらない(改善がない)。この先も我慢して生きないといけないと思うとやっていけない。無理。別れたいと 行ってきました。私自身(対応や言動)にも不満が沢山あったみたいでもう気持ちが無いとも言われました。


子供の為にもなんとか改善してやり直しが出来ないかと話してみましたが、そういう気持ちになれないとも言っております。

子供達はそんな事も知らずにいつも元気にしてくれています。

家族はそんな事は誰ひとり望んでいなかったのですが

ただ、妻が我慢できず、今の苦しみから抜け出したい。そのためには離婚したい。

子供も自分が連れていくと言ってますが、私にとっても、家族にとっても大切なのでそこは譲ることが出来ません。

どうしたら子供とは一緒に暮らせますか?

子供にはなんて言ったらいいのでしょうか?悲しむ顔しか浮かびません。

それに離婚になった場合、何をして、何について協議しなくてはいけないのでしょうか?

乱文で申し訳ございませんがご回答をお願い致します。
投稿: 4 年 前.
カテゴリ: 法律
専門家:  shihoushoshikun 返答済み 4 年 前.
司法書士です。よろしくお願いします。


>離婚になった場合、何をして、何について協議しなくてはいけ ないのでしょうか?

まず、離婚についてお話しをさせていただきます。
離婚はお互いの合意がなければ、することはできません。極端な話をすれば、質問者様が離婚届にサインしなければ、離婚は成立しないことになります。

しかし、離婚の協議ができない場合、さらに別の手段によって離婚を求めることができます。
家庭裁判所に離婚調停を申し立てる手段です。
調停では、調停委員が夫婦双方から意見を聴取して紛争点を調整して、お互いが納得したうえで離婚の合意をすることになります。
ただ、調停も話し合いが決裂したら不成立となります。

そこで、強制的に夫婦を離婚させる制度が、離婚裁判になります。
ただし、裁判による離婚には、民法で定められている「離婚原因」に該当しなければなりません。

離婚原因は民法770条に定められています。
1、不貞行為
2、悪意の遺棄
3、3年以上の生死不明
4、回復の見込みのない精神病
5、婚姻を継続しがたい重大な事由
というものです。

ですから、上記の場合に当てはまらなければ、たとえ裁判になっても離婚は認めてもらえません。

質問者様のケースでは、家族との同居が嫌だということなので、上記の5に当てはまりそうですが、単に同居に耐えられないといった理由では離婚を認めてもらうのは難しいと言えるでしょう。



では、仮に質問者様が離婚に応じるとした場合、何について協議するべきか?
それは一般的に、子どもの親権、養育費、子どもとの面会交流、財産分与についてでしょう。
これらも、お互いの話し合いにより決められるものですが、協議ができない場合は家庭裁判所の調停により決めることもできます。


最後にお子さんの親権についてですが、離婚した場合、どちらかが親権者ならなければなりません。
ただ、調停や裁判になった場合は子どもがまだ、幼いなら母親が親権者となる場合が多いです。
ただ、子どもが10歳前後であるなら、調停や裁判でも子どもの意見を求めることがあるので、子どもの意見が優先されることはあります。

いずれにしても、父親が親権者となるのは非常に難しいことを認識しておいたほうがいいです。

shihoushoshikunをはじめその他名の法律カテゴリの専門家が質問受付中

法律 についての関連する質問