JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
gyoenlegalに今すぐ質問する
gyoenlegal
gyoenlegal, 司法書士
カテゴリ: 法律
満足したユーザー: 485
経験:  中央大学法学部卒業渉外法律事務所・司法書士事務所を経て新宿にて司法書士事務所を開業
70015703
ここに 法律 に関する質問を入力してください。
gyoenlegalがオンラインで質問受付中

初めまして。 今年から社会人のホッケーチームの代表(会計)を行っているのですが、昨年度までの代表が 、県の連盟から

解決済みの質問:

初めまして。 今年から社会人のホッケーチームの代表(会計)を行っているのですが、昨年度までの代表が
、県の連盟から請求された大会参加費等の請求をチーム員から徴収したにも関わらず、振り込んでおらず
、私が知らずに代表を引き受けた時には約50万近くまで達しておりました。
今年初めに、当人と県連の会計 担当とが話し合い、分割で支払う口約束をしたのですが、ほとんど振り込み
されず先月当人と私と県連の責任者3人立会いの下、支払いを約束する覚書を交わし、今月頭までに支払う
様、署名と捺印を行ったのですが、やはり振り込みがなされず、このままでは私に私が支払いの請求を
受けてしまいます。
取り交わした覚書を元に、『少額訴訟』を行おうかと思っておりますが、結局同じことになるのではないかと心配です。
どうするのが最も効果的でしょうか?
投稿: 4 年 前.
カテゴリ: 法律
専門家:  gyoenlegal 返答済み 4 年 前.
当方は司法書士です。
お力になれれば幸いです
わかり易い回答を心掛けておりますが、ご不明点がございましたらお気軽にご質問ください。

「どうするのが最も効果的でしょうか?」との質問に回答させていただきます。

「既に行った対応および状況の詳細: 1 県連関係者と支払いの口約束(ほぼ不履行) 2 支払いをすることを明記した覚書(これも不履行)」とのことですので、今後話し合いを続けて解決するとは思えません。
やむを得えないですが、裁判所の手続きを踏んで、それでも払わないのであれば給与や預金などを差し押さえる強制執行をせざるを得ません。
徴収したお金を、振り込んでいないのでなく、自分のために使った場合横領罪にもあたる行為ですので、いくらチームメイトとはいえこれ以上払わないのであれば断固 たる手段を講じるのが一番です。


裁判所を使った手続きは色々ありますが、今回では民事訴訟(少額訴訟含む)か支払督促が今回の問題解決で使えそうな手続きです。
有効性を求めるのであれば、なかでも民事訴訟が一番です。
そして専門家を立てずにやっていくのであれば、ご質問事項にもございましたが、原則1回の口頭弁論ですべてを判断してしまう少額訴訟手続きでやっていくことで一番よいでしょう。
一般の方によく使われている制度ですし、訴状の書き方やひな形は管轄の簡易裁判所に行けば教えてくださいます。

ただし、相手方から少額訴訟で審理されるのが嫌だという異議を出された場合は通常の訴訟に移行しますが、審理の期間が延びるだけでさほど悪影響はありません。

支払督促をなぜ選ばなかったかというと、相手から支払督促に異議を出された場合通常の訴訟に移行する手続きであり、今回の相手方は異議を出してくる可能性が非常に高い様に思えるからです。
支払督促は非常に簡単な手続きですので、相手から異議を出される可能性が低いときには有効な手続きですが、反面異議が間違いなく出そうなときは、最初から訴訟をしておいた方がいいです。

支払督促については下記のサイトが分かりやすくまとまっておりますので参考までにあげておきます。
【支払督促-裁判所HP】
http://www.courts.go.jp/saiban/syurui_minzi/minzi_04_02_13/index.html

支払督促もひな形や書き方は管轄の簡易裁判所の窓口(相手方住所地の簡易裁判所)で教えてもらえますので、代理人を立てずにご本人様でも簡単に利用頂けます。


なお、相手方にお金がなさそうだとし、訴訟や支払督促をしても無駄じゃないかと一般の方にはよく思われますが、これらの手続きは起こして頂いた方が絶対に良いです。
なぜなら裁判に勝訴した時に債務名義と言う強制執行ができる権限が与えられますが、それを持っておかないといざ相手にお金ができた時にすぐに差し押さえることができないからです。
gyoenlegalをはじめその他名の法律カテゴリの専門家が質問受付中

法律 についての関連する質問