JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
gyoenlegalに今すぐ質問する
gyoenlegal
gyoenlegal, 司法書士
カテゴリ: 法律
満足したユーザー: 485
経験:  中央大学法学部卒業渉外法律事務所・司法書士事務所を経て新宿にて司法書士事務所を開業
70015703
ここに 法律 に関する質問を入力してください。
gyoenlegalがオンラインで質問受付中

初めまして。 下水道に係わる事でご相談があります。 購入予定のひな壇の形状の土地があります。 そこには下水

質問者の質問

初めまして。
下水道に係わる事でご相談があります。

購入予定のひな壇の形状の土地があります。
そこには下水道が通っていません。
自分で引くにはポンプアップなどの装置の設置と下水道本管までの接 続として
工事費250万前後かかる事がわかりました。
また、水洗の推進区域なので浄化槽の設置も不可です。

購入予定地の隣の家の敷地(ひな壇なので下方の家)に5軒が共同で使っている汚水管があると知り、そこに私たち家族の管を繋ぐと、下方にある下水道の本管にスムーズに設置できることがわかり、お願いに行き、何度か話し合いも持ちました。

もちろん、壊れた場合は全額折半で修理費の負担もしますとお伝えし、あとは取り決めを細かく設定した書類にはんこを押して終わりとなり、地鎮祭も済ませていました。

ところが、着工何日か前になって「即金で100万円払わなければ通させない」と言われ、
こちらはお金の話が出てきたのは初めてだったので「一括では無理なので分割でお支払いいたします。」と伝えました。自分での設置費用の事を考えれば妥協できる金額だったのと、
これから暮らしていくのに気持ちよく住みたいのもあって、支払いを決めましたが、急に言われたもので100万円一括は厳しいのです。

それを解決しなければマイホームも建てられないので、とにかく分割でお願いしますと伝えましたが一括が条件と言って譲ってくれませんでした。
工事は一旦中止にしてあります。

一生懸命自分で調べたところ、下水道法では自分での設置が著しく困難な土地では隣家の管を使用して構わないと決まっているようでした。一銭も払わずに使わせて頂こうという気持ちはありませんが、この、100万円一括でしか受け入れないという隣家に対してなにか解決の方法はありませんでしょうか。

文章ではわかりづらいかも知れませんが、アドバイスお願い致します。
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 法律
専門家:  gyoenlegal 返答済み 5 年 前.
当方は司法書士です。
わかり易い回答を心掛け ておりますが、ご不明点がございましたらお気軽にご質問ください。
大変な状況だと思いますので、少しでもお力になれれば幸いです。

「100万円一括でしか受け入れないという隣家に対してなにか解決の方法はありませんでしょうか。」の質問について回答させていただきます。
状況をお伺いしておりますと、相手方は一括以外の話し合いの余地はなさそうですので、分割や減額を求めるのであれば裁判所の手続きを使わざると得ません。ただし下水道法に基づいて接続訴訟を起こすのは今後の近隣関係もありますので、最後の最後の手段と言えます。そのため今回はこれ以上話し合いが進まないのであれば、民事調停を起こしてみるのが手だと思います。

民事調停とは通常の訴訟手続きと異なり、裁判官と調停委員(2名以上)が、双方の言い分を聴いた上で、互いの話合いを手助けし、公正な判断のもとに調整を行います。また意向に 反した内 容を強制的に取り決めすることはなく、納得のできる解決をはかります。
また、調停で合意した内容は、判決と同じ効力を持ちますので、約束を破った場合は強制執行をすることが可能になります。また訴訟のように公開の法廷では行われませんので、隣地の方以外の近隣の方にトラブルになっていることはわかりません。

詳しくは下記に裁判所のHPを載せておきますのでご参照いただければと思います。
【民事調停とは】
http://www.courts.go.jp/saiban/syurui_minzi/minzi_04_02_10/index.html
質問者: 返答済み 5 年 前.

早速のご回答ありがとうございます。

やはり、民事調停しか方法はないでしょうか。。

 

この100万円という金額の根拠も、一括でなければならないという法律も全くないので腑に落ちませんでした。

ですが、家族が楽しみにしている新築の家をあきらめてしまうのはとても辛いのでご相談した次第です。

 

もうひとつ、質問させてください。

この、隣家の根拠のない100万円という金額の請求と、一括でなければならないという請求は余水排泄権確認妨害に当たりますでしょうか。(何かしらの罪ではないのでしょうか?)

 

工事が進まず、工期が長くなるにつれ建設費用も嵩むので困っております。

専門家:  gyoenlegal 返答済み 5 年 前.

話し合いが出来ればそれに越したことはありません。
ですが現状の相手を見るとそれを飲むか裁判所の手助けを求めるほかありません。

この、隣家 の根拠のない100万円という金額の請求と、一括でなければならないという請求は余水排泄権確認妨害に当たりますでしょうか。(何かしらの罪ではないのでしょうか?)
→100万円とそれを一括で支払って欲しいという請求自体は刑法上の罪に当たりません。

民法上の相隣関係の規定では、下水に関しては、民法220条で高地の土地所有者は他人の低地を通じて下水道等に至るまで余水を通過させることができると規定しており、ご質問者様には余水排池権がありますので、一向に応じない相手方に対してこの余水排池権に基づいて、排水設備への接続・利用の同意を求める訴訟を提起して、相手方の妨害を解決して頂くことになります。

相手が刑法上の犯罪行為になるのは接続された排水設備が気に入らないから壊した場合等になります。

gyoenlegalをはじめその他名の法律カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 5 年 前.

ありがとうございました!

専門家:  gyoenlegal 返答済み 5 年 前.
ご参考になったようでよかったです。
大変だと思いますが頑張ってください
質問者: 返答済み 5 年 前.


ありがとうございます。


母子家庭でずーっとやってきてようやく手に入るかもしれない土地だったのです。子供たちも自分の部屋が持てると壁紙の一枚まで喜んで選んでいたので地鎮祭も済んだ今、とても落ち込んでいました。


 


揉めてまでその土地にこだわるのは他に建てられないからなのです。。


今日はありがとうございました。


また何かありましたら相談させていただきます。

専門家:  gyoenlegal 返答済み 5 年 前.
念願のマイホームなのですから、隣地の人に分かってもらって円満に解決されることをお祈りいたします。
また何かありましたらお気軽にご相談くださいね。
(なお、こちらの本文への返信は大丈夫です。)

法律 についての関連する質問