JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
jo-banに今すぐ質問する
jo-ban
jo-ban, 弁護士
カテゴリ: 法律
満足したユーザー: 2613
経験:  慶應義塾大学卒業。茨城県において法律事務所経営。
67881597
ここに 法律 に関する質問を入力してください。
jo-banがオンラインで質問受付中

7月に飲酒運転で検挙、アルコール0.35で、罰金30万、9月に出頭にて支払い済み、 また10月11日に行政処分にて

解決済みの質問:

7月に飲酒 運転で検挙、アルコール0.35で、罰金30万、9月に出頭にて支払い済み、
また10月11日に行政処分にて出頭、免許2年間失効の判定を受けました。
私の違反暦では、過去3年間違反0、もちろん飲酒運転も初めてでした。
行政処分面談にて嘆願書(父親が100歳で、いつでの急遽病院などへ行かなくてはならない
無縁減刑の要望、父親の戸籍謄本も添付)も提出しましたが、結果はきびっしものでした。
もちろん飲酒運転には深く反省してます。
60日以内であれば判定不服などで提訴可能となってますが、軽減など可能性はありますでしょうか?
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 法律
専門家:  jo-ban 返答済み 5 年 前.
弁護士です。

あいにく、軽減の可能性はほとんどないとお考えください。
交通違反は、個別的な事情を考慮することなく画一的にスピーディーな処理をしています。
また、個別的な事情を考慮し出すと、これまでの処分との均衡もはかれません。

したがって、アルコール量から形式的に処分を決めているのが現状であり、
軽減の可能性はほとんどないとお考えください。
jo-banをはじめその他名の法律カテゴリの専門家が質問受付中

法律 についての関連する質問