JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
supertontonに今すぐ質問する
supertonton
supertonton, 行政書士
カテゴリ: 法律
満足したユーザー: 4629
経験:  中央大学卒平成14年行政書士登録離婚・相続等の法務手続の専門家
61894004
ここに 法律 に関する質問を入力してください。
supertontonがオンラインで質問受付中

・マンションの組合管理費からの支出に関する適否について教えて下さい。 ①先(8月末)の定例総会で、赤い羽根募

解決済みの質問:

・マンションの組合管理費からの支出に関する適否について教えて下さい。

 ①先(8月末)の定例総会で、赤い羽根募金や歳末助け合い、高津区の社会福祉協議会等への募金について、理事役員(5~6名)が個別に各戸(77戸、内賃貸7戸)を訪問するのは、不在等もあり、役員の精神的、時間的な負担となっているので、管理費から一括支出したいとの議題 の提案がありました。
 ②支出額については、ここ数年のデーターの協力傾向から、全戸の7割程度で、1戸当たり300~500円とし、具体的にはその年度の理事会で決めてもらうという方法に賛同してもらいたいというものでした。

 この提案に対して、私は、
 ①組合管理費は、マンション管理に関する費用であり、募金費用は管理目的外費用であり、管理費には含まれず、全戸に対して強制的な側面もあり、提案自体が解せないこと。
 ②在宅率は、今も以前も大差無く、理事役員が大変だというなら、募金箱の設置や管理員に預けるなどの方法もあり、工夫改善の余地があるのではないか。
 ③本来、募金費用は、個人が善意で且つ任意性の下に応ずるものであり、管理費を納入しない賃貸者や協力拒否者が混在する中で、それ等との兼合いをどう整合化させるのかも疑問に思う。私は従来通り、個別に寄付しますので私の納める管理費から支出しないようにとの発言をしました。
 然しながら、多数決の採択の結果、反対者は私だけで押し切られてしまいました(他に棄権者1名)。
 
 余りことを荒げたくはないため、9月7日管理会社に対して、管理規約や賃貸契約にもない違法性な決議なので、この件に関しての支出を行う前に、この提案をした前理事会に再考してもらうよう交渉を委ねましたが、10月13日に違法であると承知しながらも総会で決議され、また新理事会においても、次期の総会で見直しをしてはとの意見で、已むなしとの意向でした。ただ、今週一杯、時間が欲しいとのことで、現在、回答待ちの状況です。
 
 住む権利や思想の自由を侵害された思いで、本来の管理費目的外の支出に対して、理事会及び管理会社に対して、該当支出の差し止めや損害補填の請求等を提訴したいとも考えています。

 適切なアドバイスを頂ければ幸いです。
投稿: 4 年 前.
カテゴリ: 法律
専門家:  supertonton 返答済み 4 年 前.

初めまして、民事法務手続専門の行政書士のsupertontonでございます。

それは、大変お腹立ちのことと思います。

ご心痛お察し申し上げます。

 お話から、未だに、高裁で判決が出ていることでもめている管理組合があると知りました。

2007年(平成19年)8月に甲賀自治会費訴訟事件(希望ヶ丘自治会事件)で

募金を自治会費で集めることは、違憲と判断されています。

ご相談者様のおっしゃる通り、違法どころでは無く、もっと酷い違憲であり、憲法の思想である

信条の自由の侵害と、公序良俗違反だと言うのです。

 当然、自治会と言うのは、マンションの管理組合も含まれます。

もともと、募金や寄付と言うのは、任意性のもので、強制徴収と言うのがおかしいのです。

 ただ、それでも、全員賛成と言う場合は、構わないと言うことにはなっています。

今回は、ご相談者様が、一人でも反対すれば成立しません。

 ただ、一人しか反対しなかったと言うのも、残念な話で、組合員の個人としての

意見が通らない組合なのかなと言うご心配もございます。

 今後、いろいろなことで、組合との対立はあり得るかもしれませんから

そこはご苦労されると思います。

 本来であれば、マンション管理士等の、専門家に総会などに立ち会っていただくことが

大事かもしれません。

法律的なことも、知っておいてアドバイスを受けた方が良いのかもしれません。

その辺りも、今後、ご提案してみてはどうでしょうか?

 ただ、社会福祉協議会側の方も、市町村によっては

強引な募金や会費の要求をするところもあり、募金等しないと

管理組合に不利になると言う脅迫的なことをする場合もあるようです。

 大元は、社会福祉協議会かもしれませんから

そちらにも、抗議をしておくことも必要かもしれません。

 ただ、今後、動くにしても、お一人では、なかなか難しいでしょうから

マンションの住人の協力者を募ることです。

その上で、弁護士の先生にご依頼して代理交渉していただくことです。

手始めとしては、その手の管理組合は、たいていが業者と癒着したり

不明金があったりするものです。きちんとした監査請求をしたりして

追及をしていくことがポイントとなると思います。

頑張って下さい。

質問者: 返答済み 4 年 前.

 ご回答、参考となりました。


担当管理会社の担当者を通して、新旧理事会の理事長に、管理費からの寄付行為を行わないように要請していましたが、10月21日に担当者から、総会で決議されたことなので応じられないとの連絡がありました。
 年末助け合いも同様とすれば、私としては承服しがたく、理事役員に対する支出差し止めや管理費の損失賠償補填の請求を考えざるをえません。


 その場合、地裁川崎支部でよいのか、手続き方法や裁判費用はどの位で、決済までの日数はなど、概略で結構ですので、お教え願えないでしょうか。


 よろしくお願いします。(また、この質問に費用負担があるのでしょうか。その場合は、どこへ行けばいいのかだけを教えて下さい。)


 


 

専門家:  supertonton 返答済み 4 年 前.

ご相談いただきまして誠にありがとうございます。

総会で決議したと言っても、寄付金や募金は、管理費の使い道としては

全く、予見されていないものです。

道義的な問題として、そう言うことをされるのは自由ですが

本人達は良いことをしたと思っているのでしょうが

見当違いも甚だしいですね。

地裁の管轄は、市町村で決まっているので、裁判所にご確認下さい。

裁判費用自体は、たいした額ではありませんが、請求金額10万円ごとに1000円とかの

費用は必要になります。

 問題は、弁護士費用になります。これが高額ですね。

このサイトの費用に関しては、当方は相談の専門家でわかりませんので

サイトの管理者にご確認下さい。

頑張って下さい。

supertontonをはじめその他名の法律カテゴリの専門家が質問受付中

法律 についての関連する質問