JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
gyoenlegalに今すぐ質問する
gyoenlegal
gyoenlegal, 司法書士
カテゴリ: 法律
満足したユーザー: 485
経験:  中央大学法学部卒業渉外法律事務所・司法書士事務所を経て新宿にて司法書士事務所を開業
70015703
ここに 法律 に関する質問を入力してください。
gyoenlegalがオンラインで質問受付中

知人に数回にわたり210万をお貸ししましたが20万のみ返済してもらったんですがその後、借用書に書いてもらった住所を引

解決済みの質問:

知人に数回にわたり210万をお貸ししましたが20万のみ返済してもらったんですがその 後、借用書に書いてもらった住所を引越ししたらしく、携帯電話も自分で停めたらしく連絡がつきません。
先日、教えてもらった勤め先に行ったんですが本人がいたので電話するように伝えましたが全然連絡が返ってきません。
借用書にも毎月25日に返済すると書いてあったのに返してもらえない場合、お金を貸した知人を訴える事はできますでしょうか?
携帯のメール、当時住んでたであろう住所の住基カードのコピー、携帯の留守電、実家の住所等はこちらでわかっています。
よろしくお願いします。
投稿: 4 年 前.
カテゴリ: 法律
専門家:  gyoenlegal 返答済み 4 年 前.
当方は司法書士です 。
わかりやすい回答を心掛けておりますが、ご不明点がございましたらお気軽にご返信ください。

「 借用書にも毎月25日に返済すると書いてあったのに返してもらえない場合、お金を貸した知人を訴える事はできますでしょうか?」の質問に回答させていただきます。
→もちろん訴えることは可能です。訴訟を起こす時に訴状など裁判所からの書類を送る関係で住所が必要となりますが、勤務先がわかるようであればそちらを書類の送達場所にすることができますし、知人の今住んでいる市区町村くらいまでわかるなら、役所に借用書を提示すれば知人の住民票の写しだけは取得できますよ。
こういう方は逃げ切ろうとしか考えておりませんので、お早目に動くことをお勧めします。
質問者: 返答済み 4 年 前.

このたびはお世話になります。ちなみに訴える前に勤め先に手紙を送るのは問題ないでしょうか?


それと住民票の写しですが引越しした場所は本人に聞いたんですが大体の所しか知らないのですがもし知人がその住所が嘘ならそこの市役所に行っても住民票は取り寄せできますか?

専門家:  gyoenlegal 返答済み 4 年 前.
こちらこそお世話になります。
回答させていただきますね。

「ちなみに訴える前に 勤め先に手紙を送るのは問題ないでしょうか?」
→送っても構いませんが、「親展」と書いて彼以外の方が見えない配慮することと記録が残る形で送ることをおすすめします。

「知人がその住所が嘘ならそこの市役所に行っても住民票は取り寄せできますか?」
→全く無関係の市役所では住民票の記録がネットでつながっているわけではありませんので取れません。
こういう場合知人が以前住んでいた住所地から追っていくという手があります。
転居届を出していれば、以前住んでいた市の住民票の除票に次の転居先が載っています。
まず住民票の除票を取り、転居先の市役所に行って住民票を取る作業をしていけば現住所がわかりますよ。
質問者: 返答済み 4 年 前.


ご回答ありがとうございます。


住民票の件ですが役所の方に今回の内容を説明して借用書を提示するだけで大丈夫でしょうか?


後、今回の件が本人が支払う気がなければ身内の方に支払ってもらう事は可能でしょうか?知人は26歳で現在は飲食店バイトです。


知人にお金を貸す際、私も手持ちのお金がなかったのでクレジットカードのキャッシングでお金を借りました。その際の利息等も請求できますでしょうか?


よろしくお願いします。

専門家:  gyoenlegal 返答済み 4 年 前.

追加で質問頂きました事項に回答いたします。

住民票の件ですが役所の方に今回の内容を説明して借用書を提示するだけで大丈夫でしょうか?
→あとはご質問者様の身分証明書が必要となります。

後、今回の件が本人が支払う気がなければ身内の方に支払ってもらう事は可能で しょうか?知人は26歳で現在は飲食店バイトです。
→連帯保証人でない限り身内の人が払う法的義務はありません。こちらから知人に代わって身内の人に払えと言った場合、場合によっては脅迫・恐喝と言われかねません。身内の人が自発的に払うと言ってこない限り、こちらからは言わないでください。

知人にお金を貸す際、私も手持ちのお金がなかったのでクレジットカードのキャッシングでお金を借りました。その際の利息等も請求できますでしょうか?
→知人との契約(借用書)に利息の約定(キャッシング利率と同額)があるのであれば請求できますが、ないのであれば民法上遅延損害金というペナルティは元金に対して年5%までしか付けることができません。

【関連条文 民法】
(金銭債務の特則)
第419条
金銭の給付を目的とする債務の不履行については、その損害賠償の額は、法定利率によって定める。ただし、約定利率が法定利率を超えるときは、約定利率による。
(以下省略)
(法定利率)
第404条
利息を生ずべき債権について別段の意思表示がないときは、その利率は、年五分とする。

質問者: 返答済み 4 年 前.


何度もすいません。もし本人がこちらからの再三の連絡を無視して連絡が来ない場合はどうすればよいでしょうか?


裁判になった場合ですが明らかに知人に非があるかとは思いますがこちらが裁判で負けてしまうことはあるのでしょうか?費用的なものは折半になるのでしょうか?


後、借用書の内容ですがネットで拾った見本をそのまま使用したんですが、返済日を過ぎた場合は遅延金として月額返済分の30%増しでと書いていたのですが、もちろん私は貸金業でもないですし、利息に関しても違法の利息だとわかっています。その場合は私が突っ込まれる事はないのでしょうか?当時貸した時は利息はもちろん遅れた時取るつもりはありませんでした。

専門家:  gyoenlegal 返答済み 4 年 前.

いえいえ。
回答させていただきますね。


>何度もすいません。もし本人がこちらからの再三の連絡を無視して連絡が来ない場合はどうすればよいでしょうか?
→裁判を起こしてください。そういう方は待ってても返ってきませんから勝訴判決を取って強制執行するのが一番です。

裁判になった場合ですが明らかに知人に非があるかとは思いますがこちらが裁判で負けてしまうことはあるのでしょうか?費用的な ものは折半になるのでしょうか?
→訴訟対応がまずければ負けることもあるでしょうが、借用書があって相手からお金が入ってきていない事実は明白ですし、相手にお金を渡した(振り込んだ)記録があれば、あなたの主張が通ると思いますよ。

訴訟費用(印紙代・切手代など)は敗訴者が負担します。


後、借用書の内容ですがネットで拾った見本をそのまま使用したんですが、返済日を過ぎた場合は遅延金として月額返済分の30%増しでと書いていたのですが、もちろん私は貸金業でもないですし、利息に関しても違法の利息だとわかっています。その場合は私が突っ込まれる事はないのでしょうか?当時貸した時は利息はもちろん遅れた時取るつもりはありませんでした。
→裁判官から突っ込まれることはあるでしょう。ただひな形はネットを見て作っており、別に取るつもりもなく現実にも取ってないんですから、それを言えばそうですかくらいで終わります。気になるようでしたら訴状には借用書の記載利率ではなく民法上の5%を記載すればよろしいですよ。

専門家:  gyoenlegal 返答済み 4 年 前.
一点補足しておきますと、相手にお金を渡した(振り込んだ)記録がなければないでいいです。借用書に貸し渡したという記載があれば問題ありません。
質問者: 返答済み 4 年 前.


質問が前後したかもしれませんが借用書を取ってない100万は大丈夫でしょうか?

専門家:  gyoenlegal 返答済み 4 年 前.
210万円のうち100万円が借用書取れていないということですか?
質問者: 返答済み 4 年 前.


そうなんです。一連のやり取りは携帯のメールには送受信記録は残っています。

専門家:  gyoenlegal 返答済み 4 年 前.
そうなんですね。
そうでしたら、メールにトータル210万円借りていることを認める記録があれば、借用書ほど強くはないですがそのメールは証拠に使えますよ。
質問者: 返答済み 4 年 前.


わかりました。ありがとうございます。とりあえずこちらも面倒事はいやなので、知人の勤め先に手紙を送ってみて反応を見てみようと思います。その結果いかんで裁判にするかどうかきめます。


勉強になりました。

専門家:  gyoenlegal 返答済み 4 年 前.
参考になったようでよかったです。

もう1つ通常の訴訟以外の手続きを参考として説明しておきますね。

初期費用や手間を抑えたい場合は、支払督促という簡易裁判所の手続きを使って請求されてもよろしいかと思います(相手方の住所地を管轄している簡易裁判所の書記官に申し立てをして頂きますので住所がわからないと使えません。)。
支払督促に対して相手が2回異議を述べなければ、通常の訴訟で勝ったのと同じ効果 になり強制執行を行うことが可能です。
また、通常の訴訟のように取り急ぎ証拠がなくても使うことができる手続きで、納める収入印紙や切手代も通常の半分ほどで済みます。
なお、相手方から異議が出た場合は通常の訴訟に移行しますが(その時は足りない印紙と切手を納めていただくことになります)、相手方が異議を出さなければ裁判所に何度も行く必要がなく証拠の提示もいらないので非常に簡便な手続きです。

支払督促については下記のサイトが分かりやすくまとまっておりますのでご一読ください。
【支払督促-裁判所HP】
http://www.courts.go.jp/saiban/syurui_minzi/minzi_04_02_13/index.html

支払督促もひな形や書き方は管轄の簡易裁判所の窓口(相手方住所地の簡易裁判所)で教えてもらえますので、代理人を立てずにご本人様でも簡単に利用頂けます。

こちらの手続きも検討してもよろしいかと思います。
ここまでの説明で満足いただけましたらご評価いただけますと幸いです。
質問者: 返答済み 4 年 前.


ありがとうございました。明日早速行動にでてみます。


このたびは丁寧に対応していただきありがとうございます。


また機会があればよろしくお願いします。

専門家:  gyoenlegal 返答済み 4 年 前.

またご相談事がございましたらお気軽にご相談くださいね。

gyoenlegalをはじめその他名の法律カテゴリの専門家が質問受付中

法律 についての関連する質問